スポンサーリンク

毒親から離れたい…あなたがすべき行動と発想の転換の方法とは?
スポンサーリンク

毒親から離れたいと思いながら、実家暮らしをしていたり、金銭的にも親に頼っている状態だったりするのであれば、一人暮らしをしてみましょう。もちろん、色んな理由があってすぐには難しいということもあるかもしれませんが、離れたいと思うのであれば、一番すべきことは自立です。

毒親だとわかりながら一緒に暮らしていても、新しい環境は作れません。まず、毒親から離れる大きな一歩を踏み出しましょう。

精神的な自立というのは、親の顔色をうかがわずに、自分の意思で生きていくことです。親を喜ばせたいと、これまで親中心に考えてきた人は、なによりも『自分はどうしたいのか』を考えるようにしてください。

慣れるまでは『本当はこうしたい、でも親がなんて言うか…』と考えてしまうかもしれませんが、自分の意思を自分が尊重するようにしていきましょう。自分の人生、自分の思うように生きて良いんですから♪

毒親から離れたいなら②不要な連絡や会う機会を減らす

毒親から離れたいなら、連絡や会う機会を減らすのも必要です。

今はメッセージの既読や開封済みがついてしまうツールもありますが、メッセージについてはこちらからの連絡は減らす・既読などがつくツールについては、自分に余裕がある時にしか目を通さないようにしてみましょう。

また、メッセージを読んだからといって、すぐに返答する義務はありませんから、自分のペースで返信をするようにしても良いんですよ♪

毒親から電話がかかってきた時も、受け止める余裕がないのであれば、出ないという選択肢だってあります。こちらの心に余裕がある時に割り切って対応するのだって良いんです。

最初のうちは、罪悪感はあるかもしれませんが、嫌な気持ちになるのに、無理にする必要はありません。会う機会だって、連絡などのコンタクトだって、”しないといけない決まり”なんてないのですから。

毒親から離れたいなら③カウンセリングなども活用しよう

みなさんは、心理カウンセリングや心療内科、精神科と聞いたら、どういう印象を抱くでしょうか?
欧米では風邪をひいたから病院行こうくらいの勢いで、ちょっと心が疲れているから心療内科に行ってこようっていうのが当たり前になっています。

しかし、日本人はいい意味でも悪い意味でも真面目。そんな気質もあってか、無理してでも頑張るのが美徳とされている面もあり、心療内科やカウンセリングを敬遠しがちなんですよね…。

ただ、毒親との経験で心が疲弊していて、楽しく思うように生きられないのであれば、心理カウンセリングを受けるというのも、非常に有意義な選択のひとつ!日本人の価値観からすると、かなり勇気がいるかもしれません。しかし、心のメンテナンスって、身体の健康診断と同じくらい大切なことなんですよ♪

苦しい気持ちを引きずってこのまま生きるのか、カウンセリングを受けてこの先の生き方を変えるのか…あなたならどちらを選びますか?

毒親から離れたいなら④自己肯定感をUPさせよう!

あなたは自分のことが好きですか?こう聞かれてYESと気楽に答えられなかった場合、自分を好きになる・自分をよしと思えるようになりましょう!というのも、これまでの毒親との関係で一番懸念されるのが、自己肯定感の欠落なんです。

どんなタイプの毒親であろうとも、これは共通していえることなのですが、毒親と言われる人たちって、子供のありのままの姿を受け入れてあげていません…。

自分の思うようにしたい、子供よりも自分優先、そんな人が多いのです。そのため、子供は自我を押し殺して育っていくため、大人になってもありのままの本当の自分を好きでいる気持ちが持てなくなってしまいます。

自己肯定感をUPさせるために、ぜひ継続してみて欲しいのが、1日1回は自分を褒めることです。些細なことで構いません。自分を褒める習慣をつけていくことで、自分って良いじゃん♡と思う心を養っていってくださいね!

毒親から離れたいなら⑤別人格の生き物と思う

先ほど軽くふれたのですが、親とはいえど、別人格の生き物。いつだってすべてを理解し合えて、支え合えて、思い合えて…というようにはいかないのは当然だと思って言動をするようにしてみましょう。

これは、毒親じゃなくても起こりうることなんですよ。どれだけ仲が良い人であろうが、100パーセント同じ意見・同じ価値観ということなんてありえません。十人十色とも言いますが、違いがあって当たり前なんですよね。

毒親から離れたいと思うのであればなおさら、”家族とはいえど、価値観の違う他人”という一線を意識しておいた方が良いでしょう。『理解できない!なんでそんなこというの!』って、不快に思うことはあるとは思いますが、自分とは違う人であり、その人にはその人の性格があるんです。

減点方式で家族なのになんで?!と見るのではなく、加点方式で良いところがあればそこを認めるスタンスになっておくと、気が楽になりますよ♪

毒親から離れたい自分に自信を持って!

毒親から離れたいと思っても、一歩目はとても勇気がいると思います。でも大好きな自分になって、毒親を逆恨みすることなく、害がないほどよい心の距離感を保っていられたら、きっとあなたも生きやすくなれるはずです。

これまで散々毒親に、自信を奪われ、自由を奪われ、自分らしさを奪われてきたかもしれませんが、大丈夫!きっとできますよ♪まず、自分を好きになって、自信をもって生きられるようになることにフォーカスしてみましょう♪

スポンサーリンク