40代が本気で恋愛を成功させるためにはどんな進め方をするべき?

40代で恋愛を成功させるための進め方①冷静になって相手をしっかり見極める

40代にもなると、既婚の人、バツイチの人、独身の人、など、パートナーの有無は人それぞれでしょう。また生涯、一度も結婚することなく一生を終える人も増えており、日本の未婚率は年々上昇傾向にあります。

統計情報リサーチ|男女・年齢別の未婚率

また、恋愛観や結婚観も人によってまったく異なるといってよいでしょう。日本では、一度結婚したらもう恋愛なんて興味ないし、異性に興味をもってはいけないもので、お互いが死ぬまで現在のパートナーと向き合うのが常識的で誠実な生き方だという考え方が一般的です。

しかし、既婚者でも大人の恋愛を楽しんでいる人もいたり、現在のパートナーとの関係を見直したいと考えたり、夫婦関係に悩んでいたりする人もいるのが現実だと言えます。

また、ずっと仕事が忙しくて、パートナー探しができなかったという独身の人や、良い相手となかなか巡り合えず、何となく40代まできてしまったという人もいるでしょう。

ただ、共通して誰にでも言えるのは、「40代でも好きな人はできるし、恋愛する人はたくさんいる」ということです。40代でも本気で恋愛することはおかしいことでもなんでもなく、自由に大人の恋愛を楽しんでいる人は世の中にいっぱいいるのです。

しかし、40代の恋愛は、20代、30代とはまったく違うものだと考えるべきであり、行動にも慎重になる必要があると言えるでしょう。

特に結婚している相手と意図せずとも恋に落ち、不倫関係といったものに発展すると危険やトラブルになることがあるということは念頭にいれておくべきです。40代で恋愛をするならば、注意事項があることを知っておきましょう。

人を好きになると、どうしても、その人に好かれたいだとか、その人との関係を成就させたい、などいう思いばかりが強くなり、周りが見えなくなりがちです。特に若い頃であれば、そういった恋愛を経験したことがある人もいるのではないでしょうか。

相手がどういった性格なのか、またどういう生活環境で育ったのかもよくわからないまま、その人のことが好きになり、何も見えなくなり、どんどん突き進んでしまう・・・恋愛にはよくあることで、必ずしも否定するべきことではありませんが、これが許されるのは若い頃だけだとも言えます。

40代でこのような恋愛の進め方をしている人は、ある意味危険だとも言えるでしょう。

40代の恋愛は、若い頃よりも、冷静になり、まずは相手がどういう人物なのかしっかりと見極めることが大切です。そして、若い頃の恋愛よりも慎重に進めた方がよいでしょう。そうしないと、ただ遊ばれるだけの関係になってしまったり、後で、自分が深く傷ついたり、後悔することになりかねません。

こちら側は真剣に恋愛しているつもりだったのに、相手は単なる遊び感覚で付き合っていただけとか、既婚者とわからず付き合ってしまって、トラブルに巻き込まれてしまうということはよくあります。

お互いに雰囲気的に盛り上がってしまい、大恋愛に発展してしまったとしても、冷静になり、相手が自分に対しどういうつもりで接しているのか、自分のことを本当に大切に思ってくれているのか、少し時間をかけて見極める必要があります。

40代で真剣に恋愛を成功させたいと考えるならば、若い頃の時のようにただ好きだという感情に押し流されず、まずは相手がどういった人なのか理解した上で、付き合っていくような進め方をするのがベストだと言えます。

タイトルとURLをコピーしました