40代で無職は絶望的?!ピンチをチャンスに変える方法とは

40代で無職って崖っぷち?!絶望していませんか?

『仕事…辞めたいな…でも40代で無職ってどうよ?』…そう感じたことはありませんか?あるいは、今まさに、40代にして無職でどうしよう…と絶望的に感じている方もいるかもしれません。

確かに、年齢と共に転職も難しくなってくる面もあります。年齢に関係なくある程度のスキルや経験値があれば、スキルアップ・キャリアアップの転職のチャンスも選択肢も増え、無職期間に対する恐怖は幾分軽減される可能性もあるのですが。

ただ、大半の人が次の仕事がない状態で仕事をなくす・無職になるということに、恐怖や絶望を感じるでしょうし、30代の無職と40代の無職では、焦りや不安に雲泥の差があるのではないでしょうか。

自分に対するプレッシャーもありますが、周りから『40代で無職なんてどう見られるだろう…』というプレッシャーもあるかもしれません。生きるにはお金は必要ですから、無職ということに漠然と絶望感や恐怖を感じるのも無理はないことですよね。

無職の40代が絶望的に感じる理由とは?

先ほど少し触れたように生きるにはお金は必要ですから、無職という上に40代という年齢を考えると、不安と焦りで空回りしてしまい、絶望的に感じることがあるのは否めません。

ただここで、少し自問自答してみて欲しいのです。『なんでこんなに絶望的に感じたり、怖くなったりするんだろう』と。理由を考えてみると、新しい発想・価値観に出会えることがあります。今後の自分に活かせるヒントに気付くチャンスでもあるんですよ♪

みんなと同じじゃないことへの不安…人と比べて絶望的に…

『みんな当たり前に働いているのに、自分だけ無職…どうしよう…恥ずかしい…私って人並み以下なのかな自分…』と、絶望感や罪悪感を感じている節はありませんか?(※働きたいのに働けない心身状況を除く。)

無職である自分に負い目を感じていたり、みんなと同じように生きられていない(働けていない)自分に劣等感を感じたり。日本では戦後『右にならえ』の教育が定着してきたため、このように感じる人は実際に多いんですよね。

”みんなが当たり前のようにしている働くということを、していない自分”という見方をしてしまうと、絶望感はさらに強くなることでしょう。人と比べるのは良くないって言いますが、実は人と比べる習性って人間の本能・遺伝子的に組み込まれているものなんです。つまりこういった状況で、周りと比べてしまうのはネガティブだからではなく、むしろ人間だったら当然のことともいえます。

ただ、そこで絶望的に感じて落ち込むだけで終わるかどうか…がチャンスに変えることに繋がるのでしょうね!

40代にして新しい仕事が見つかるのか不安…

『無職からの職探し、頑張ろう!』と、前向きになったとしても、応募要項に〇歳までなどといった年齢制限を設けている企業は、実際のところ多いんですよね。これは、40代だからダメという意味ではなく、企業としてもこの先長く、貢献してくれる人に来て欲しいという思いもあるので責められません…。

40代という時点で、選択肢が一気に減るということもは残念ながらあります。相当な実績やスキルでもなければ…。

しかし、生きる中で必ずお金は必要です。生活費・税金…ただ”生きるという行為”をするだけで、必ず出費は出てきます。減りゆく貯金、無職というプレッシャー、仕事を探す上での年齢制限など、現実を考えるほどに絶望的な感情に支配されて、ネガティブにしか受け止められなくなるのも当然。

仕事って、やりがいの有無や好きか嫌いかの前に、生活がかかっています。ですから、この先が不安になる気持ちは出てきてもおかしくない話なのですよね。

まして、政府の労働者雇用・失業者の調査においても、就業率は右下がりの状況が続いています。そんな中での就業先探しですから、現状はとても厳しいと感じることも多いでしょう。

ちなみに職歴に無職期間がある場合、その期間が長くなるほどに面接で不利になるなんて聞いたことはありませんか?実際に、長すぎる無職期間は不利になることはあります。この現実にも絶望感を感じ、焦ってしまう要因なのかもしれませんね。

総務省統計局|労働力調査(基本集計) 2022年(令和4年)3月分結果

無職ブランクからくる社会復帰への勇気と恐怖心…

タイトルとURLをコピーしました