スポンサーリンク

40代で無職って絶望的?!ピンチをチャンスに変えるために
スポンサーリンク

40代で無職って崖っぷち?!絶望していませんか?

『仕事…辞めたいな…でも40代で無職ってどうよ?』…そう感じたことはありませんか?あるいは、今まさに、40代にして無職でどうしよう…と絶望的に感じている方もいるかもしれません。

確かに、年齢と共に転職も難しくなってくる面もあります。年齢に関係なくある程度のスキルや経験値があれば、スキルアップ・キャリアアップの転職のチャンスも選択肢も増え、無職期間に対する恐怖は幾分軽減される可能性もあるのですが。

ただ、大半の人が次の仕事がない状態で仕事をなくす・無職になるということに、恐怖や絶望を感じるでしょうし、30代の無職と40代の無職では、焦りや不安に雲泥の差があるのではないでしょうか。

自分に対するプレッシャーもありますが、周りから『40代で無職なんてどう見られるだろう…』というプレッシャーもあるかもしれません。生きるにはお金は必要ですから、無職ということに漠然と絶望感や恐怖を感じるのも無理はないことですよね。

無職の40代が絶望的に感じる理由とは?

先ほど少し触れたように生きるにはお金は必要ですから、無職という上に40代という年齢を考えると、不安と焦りで空回りしてしまい、絶望的に感じることがあるのは否めません。

ただここで、少し自問自答してみて欲しいのです。『なんでこんなに絶望的に感じたり、怖くなったりするんだろう』と。理由を考えてみると、新しい発想・価値観に出会えることがあります。今後の自分に活かせるヒントに気付くチャンスでもあるんですよ♪

みんなと同じじゃないことへの不安…人と比べて絶望的に…

『みんな当たり前に働いているのに、自分だけ無職…どうしよう…恥ずかしい…私って人並み以下なのかな自分…』と、絶望感や罪悪感を感じている節はありませんか?(※働きたいのに働けない心身状況を除く。)

無職である自分に負い目を感じていたり、みんなと同じように生きられていない(働けていない)自分に劣等感を感じたり。日本では戦後『右にならえ』の教育が定着してきたため、このように感じる人は実際に多いんですよね。

”みんなが当たり前のようにしている働くということを、していない自分”という見方をしてしまうと、絶望感はさらに強くなることでしょう。人と比べるのは良くないって言いますが、実は人と比べる習性って人間の本能・遺伝子的に組み込まれているものなんです。つまりこういった状況で、周りと比べてしまうのはネガティブだからではなく、むしろ人間だったら当然のことともいえます。

ただ、そこで絶望的に感じて落ち込むだけで終わるかどうか…がチャンスに変えることに繋がるのでしょうね!

40代にして新しい仕事が見つかるのか不安…

『無職からの職探し、頑張ろう!』と、前向きになったとしても、応募要項に〇歳までなどといった年齢制限を設けている企業は、実際のところ多いんですよね。これは、40代だからダメという意味ではなく、企業としてもこの先長く、貢献してくれる人に来て欲しいという思いもあるので責められません…。

40代という時点で、選択肢が一気に減るということもは残念ながらあります。相当な実績やスキルでもなければ…。

しかし、生きる中で必ずお金は必要です。生活費・税金…ただ”生きるという行為”をするだけで、必ず出費は出てきます。減りゆく貯金、無職というプレッシャー、仕事を探す上での年齢制限など、現実を考えるほどに絶望的な感情に支配されて、ネガティブにしか受け止められなくなるのも当然。

仕事って、やりがいの有無や好きか嫌いかの前に、生活がかかっています。ですから、この先が不安になる気持ちは出てきてもおかしくない話なのですよね。

まして、政府の労働者雇用・失業者の調査においても、就業率は右下がりの状況が続いています。そんな中での就業先探しですから、現状はとても厳しいと感じることも多いでしょう。

ちなみに職歴に無職期間がある場合、その期間が長くなるほどに面接で不利になるなんて聞いたことはありませんか?実際に、長すぎる無職期間は不利になることはあります。この現実にも絶望感を感じ、焦ってしまう要因なのかもしれませんね。

総務省統計局|労働力調査(基本集計) 2022年(令和4年)3月分結果

無職ブランクからくる社会復帰への勇気と恐怖心…

無職、まして40代ともなると社会復帰しようにも、ブランクへの恐怖心が芽生えることがあります。これは長引くほどに悪化してしまう傾向もあり、行動に移そうにも勇気が必要になることも…。

無職の期間に乱れてしまった生活リズムや、社会から離れていたことからくる人との関わり方への不安、仕事自体についていけるかというプレッシャー…。無職期間ってどうもネガティブ思考に陥りがちで、この一歩がとても怖く思えてしまいます。

なにかしらの致し方ない理由で仕事から離れていた人であれば、『やる気があれば大丈夫!』と乗り切れる人もいるかもしれませんが、そんな人ばかりではありません。

無論、正当な理由で無職になった人の場合であっても、社会復帰にプレッシャーを感じることはあるんですから、ネガティブな理由で無職になった人の場合は、一層、社会復帰に対する不安が絶望感につながる可能性があってもおかしくないんですよね。

人・社会との接触が減ることで感じる絶望感…

仕事のメリットは収入だけではなく、人とのコミュニケーションが生まれることもあります。あるいは、自分のしたことへの対価を得る場所でもある反面、自己実現を感じられる場所ともいえませんか?

職場の人からただひと言、『ありがとう!助かるよ』と言ってもらえるだけでも、実は給与以上の”人としての喜び”も得られているんです。給与ってある意味、存在したこと・やったことへの評価でもありますからね。

もしあなたが、人付き合いが苦手で無職になったという場合だったとしても、これは言えること。適度な人との接触・コミュニケーションって、人間には必要なんですよね。

意識していない方が多いかもしれませんが、仕事をすることでお金以外に得ているものはあります。そのひとつが人間関係。無職になると人付き合いも激減することもあるため、孤立してしまった結果、絶望感に苛まれることも…。

40代で独身の方の場合は恋愛も絶望的…?!

『40代独身・無職です♡』と、元気に笑顔で婚活や恋愛をできるでしょうか…。大半の人がNOと答えるかもしれませんね。やはり、恋愛に関しても、仕事をしているか否かって気になるポイントです。

40代で主婦なわけでもなく無職・無収入となると、どうしても『この人、なにかあるのかも…』と思われることもありえます。(もちろん、話したらわかってくれる人もいますが”…)家事見習い”や”花嫁修業中”という言葉では、逃げ切れる年代ではなくなっていますしね…。

40代で無職になる時、絶望を感じないための心構え

今まさに40代にして無職になろうとしている方・仕事を辞めたい方、今すでに40代で無職の方、どちらであろうが、絶望を感じないようにするためには、謝った認識を正す必要があります。なぜなら、無職になるということを絶望と捉えるか、チャンスと捉えるかは心構え次第で変わってくるからです。

後ろ向きな無職は負のループに陥る可能性がある反面、前向きな無職は人生を切り開く強さに変えられます!絶望感に潰されないための心構えについて考えてみましょう。

無職=劣っているという考えは捨てましょう!

もし、あなたの中に『無職=劣っている』という考えがあるのであれば、まずその感情を捨てる必要があります。

これは大きな間違いです!仕事をしていない人=ダメなんてことはありません!

たとえば、専業主婦の場合、職業欄に”主婦”と記載するのがOKとされる場合と、専業主婦=無職と認識されることがあります。無職とみなされる理由は、職業とは収入を生み出すもの・生計を立てる仕事という定義が辞書にも記載されているから。

これ、主婦からしたら、とっても不快な気分になるお話なんですが…。この話を踏まえて考えてみましょう。

もしあなたが『無職=劣っている』と考えているとしたら、収入を得ていない人に対して無意識に差別的な考えを抱いている可能性があります。財を成すから、収入があるから、そういったことで人の優劣はつけられるはずがないのですから。この考えを持っているなら、あまり良いことではありません。こんな発想のせいで絶望的に感じて、自分を苦しめるのは止めましょう♪

40代だからこそ『経験する価値のある』無職期間

とりあえず働かないと…仕事は嫌でもするのが当たり前…そんな惰性的な思いのみで、社畜のように仕事をしている人より、一度仕事を離れる選択ができたあなたは、ある意味素晴らしい経験ができています。

『仕事が好きかと聞かれたら実は好きではない』、『意味もなくとりあえずお金は必要だから働いてる』という人って、世の中にごまんといるのです。そんな生き方をして、ダラダラとりあえず定年まで仕事にしがみつく…そう考えると、むしろ怖くないですか?

一度の人生、色んな経験をして、色んな感情があるのは当たり前。それにもかかわらず、無職になることが怖くて嫌でも仕事を辞められない…と心を病む方も中にはいます。

40代って特に人生のターニングポイントでもあり、『このまま惰性で今の仕事を続けてて良いのだろうか…』と感じる年代でもあるんですよ。つまり今のまま終わるか、新しい自分探しができるかは、40代で自分に向き合う時間が持てるか否かにもかかっています。

今まで、当たり前のように深く考えず仕事をしてきた人・漠然ととりあえず仕事をしてきた人の場合、40代で無職になるということに絶望的に感じるかもしれませんが、”人生を見直す大事な休息時間”として軌道修正のために考える時間と思えたなら、必要な時間だとも受け取れますよね?

惰性で定年を迎えて後から『あの時ああしていれば…』と後悔する方が、本当の絶望を感じてしまうことになってしまうかも…。

無職になってみて初めて見えてくるものもある!

少し微妙に感じるお話かもしれませんが、真剣に考えてほしいことをお伝えします。

もし、万一あなたが40代で無職の自分に絶望を感じたとしても、人生が終わるわけではありませんよね?もちろん、貯金が底をつく可能性もあるでしょうし、そんな不安、誰しもできれば経験したくないことでしょう。『そのまま落ちぶれてしまいそう』『生活できない…』と、心配になる方の方が多いのは当然なのですが…

とことん落ちるところまで落ちてみると、今度はその先に見えてくるものもあるんですよ!むしろ追い込まれてこそ、本当の自分のやりたいこと・できること・才能に気付けることってたくさんあります。

一番怖いのは、そういった自分の才能ややりたいことを見落として生きることではありませんか?ですから、ここで絶望と感じて折れてしまう必要はなく、ここから学ぶこと・気付くこともあると思えたなら、悲観的に考える必要はないんですよね♪

40代で無職になった…絶望感からどう抜け出す?

いろいろとポジティブなことは言われても、無収入というプレッシャーがつきまとい、絶望的に感じる場合、抜け出すためにはどうしたらいいのでしょう?焦ってとりあえずの仕事を見つけることだけが、解決策ではありません。

人生に無駄な経験はないため、手当たり次第やってみるというのもひとつですが、それでかえって絶望が増すのは年齢的にも危険です。上手にネガティブな絶望感をポジティブな希望に変えていく術を身につけましょう!

40代で無職だからこそ!プラス要素にフォーカス!

無職の期間って、他の人には体験できない貴重な時間でもあります。決してネガティブなことなんかではありません!よく考えてみると、仕事をしていた頃って、そこまで自分について考えたり、自分の人生について考えたりする余裕なんてなかったのではないでしょうか?

日々の業務ととりあえずのお給料で、なんとなく不自由なく生きてこられる状況って、自分に対するセンサーも鈍感にさせてしまうんです。『なんとなく、別に不自由ないし幸せだしいっか。』そんな感じでしょうか。

この”なんとなく。まぁいっか”という感覚って、人生を本気で生きるパワーを奪う、惰性的な考えの代償でもあることにお気づきでしょうか?

無職になったからこそ、本気で『自分ってなにをしたいんだろう?』『自分に向く仕事っていったいなんだろう?』と自問自答することも増えます。その時、自分を知る作業が必要になります。この時間が取れるか否かって、人生において非常に重要なことなんですよ♪

ただ、ここで注意してほしいのが、『これしかできないし…上には上がいる。こんなスキル大したことないしな…』と悲観的に見るのではなく、できること・好きなことをポジティブに評価していくことです。

できること・こういう生き方をしていたいということを肯定的に考えるだけでも、絶望は自然と消えていきます。『私、これ好き、これもできる、ああやりたい、これやりたい!』、その感情は自分を知るいい経験になることでしょう。

目の前の安心を得るために…行政の補助もあり!

行政の窓口なんて、あまり行き慣れない・使い慣れないという方も多いかもしれませんが、しっかりと失業保険や給付が受けられるものがないかを相談しに行ってみましょう。

やはり目の前の生活を守るための資金のことが一番気がかりなポイントですよね。その目先の絶望を消すきっかけになる、あなたを救う手当もあるかもしれません。ハローワークや役所で、出費を軽減できる提案がもらえることもあるものですよ。

政府広報オンライン|失業して生活にお困りの方など、一時的に生活資金などが必要な方を支援するための「生活福祉資金貸付制度」があります。

自己肯定感を上げて今の自分を好きになることを意識!

無職の自分を否定しないで、むしろこの機会に自己肯定感を上げる取り組みをしてみましょう。

というのも、最初に少し触れていますが、金銭的なこと以外での絶望の根源はずばり、人と比べてしまうことや、過去の自分と今の自分を比べてしまうことなどに原因があるからです。まず、その絶望感を感じさせるものを、この際、考える時にしてみてみませんか?この作業は、この先の人生に大きな変化をもたらしてくれるはずです!

本来人の目なんて気にする必要はありません。人と比べて劣っていると感じる必要もないのに、なぜ自分は絶望を感じているのか…。40代無職=絶望しかないと決めつけている・人と比べて焦っているのではないでしょうか?

絶望するということは悪い事ばかりではなく、自分の気質の根源に向き合う機会でもあるんです。焦ってやる気を失うのではなく、今の自分を受け入れ、理解する時間だと捉えてみてください♪きっと見えてくるものがあるはずです。

無職の40代!絶望的なピンチをチャンスに変えるために

40代からの人生の立て直し!絶望感をチャンスに変えるためにすべきことをご紹介します。人によって得手不得手があるため、難しいと思うこともあるかもしれませんが、無理をする必要はありません。

ただ、『働いていない罪悪感・孤独感・劣等感を感じる今が、人生のどん底時期だ!これからは上がるだけ!』と思えば、気楽に取り組めることでしょう!これからを切り開いていくためのノウハウですので、イメージしながら読み進めてみてくださいね!

これまでの人脈からチャンスがあるかもしれない!?

スポンサーリンク