【気付けば40代】アラフォーからの恋愛の進め方ってどうすべき?

気付けば40代…恋愛の進め方がわからない…

20代、30代とまったく気にもしていなかった恋愛の進め方・思うように行動できていた恋愛…のはずが、40代になり、これまで通用していた恋愛テクニックが通用しなくなってきたと感じていませんか?

あるいは、自分自身でもこの進め方はさすがに無理があるだろう…と感じていたり、こんな進め方では相手に痛いと思われてしまわないだろうか…と不安が出てきたり。

今の時代、結婚が遅い方なんてごまんといますし、年齢を懸念して臆する必要はないのですが…。

「自分が40代で独身のままだとは思っていなかった…」という方もいるでしょうし、「結婚する気なかったのに、40代にして今後の人生を考えると先のある恋愛がしたくなった」という方もいます。無論、これまでの恋愛経験で痛手を負ってしまい、恋愛が怖いという方もいるでしょうし。

恋愛や結婚には、人それぞれの縁やタイミングもあります。また、それぞれの考え・価値観があるのですから、恋愛の進め方に絶対的な正解や不正解はありません。

でも、そうはわかっていてもどうしても年齢がネックになって卑屈になったり、年齢ゆえの経験が逆効果になって、考えすぎてしまったりすることもあるんですよね。

耳年増になっていたり、これまでの経験で学んできたことがあったりするからこそ、頭でっかちな恋愛の進め方をしてしまいがち…。だって怖いですもんね、恋愛で傷つくのって。恋愛をお休みしていた期間が長ければなおさら、怖くて進め方がわからなくなりますよね。

内閣府|平成30年版 少子化社会対策白書 第1部少子化対策の現状(第1章 3)

まずは自分がどういった恋愛を求めているのか考えてみて!

恋愛の進め方のハウツーを学ぶ前に、まず考えてほしいことがあります。それは自分はこれからどうしたいのか・どういった恋愛を求めているのかを明確にすることです。

例えば、恋愛はしたいけど結婚は考えていない・事実婚が良いという人もいます。恋愛も結婚もしたいとは思うけど、仕事が大好きだから仕事に理解がある男性がいい、結婚を機に離職したくないという女性も増えている現状です。

実際に結婚・出産を機に離職した女性は多く、”結婚=仕事を継続できない”と考える女性も少なくありません。でも、本当は仕事をしていたい…そういった女性の場合は、彼に仕事への理解を求めることでしょう。

逆に、結婚したら仕事をやめて専業主婦になりたい女性がいるのも、日本では至って普通のこと。しかし、減収化・物価上昇が続く現状から、男性が女性に家事もお願いしつつパートなど、働きに出て欲しがるケースもあります。

厚生労働省「1年前の仕事を離職した女性」の「結婚・出生の状況(有無)」からみた「退職理由」

こういった基本的な価値観や金銭感覚って恋愛にはとっても大切なのに、それが合わない人との恋愛であれば、どれだけ上手な恋愛の進め方をしても、いずれ衝突してしまう可能性は否めません。

40代ともなれば、さまざまな生き方を自分で選択できる経験値や価値観があるはずです。まず、どんな相手とどんな恋愛をしたいのか、自分はどんな存在を恋愛に求めているのか考えてみましょう。しっかり把握しておかないと遠回りばかりして、気付いたら50代になってしまうかも…。

40代でもできる上手な恋愛の進め方はあるの?

タイトルとURLをコピーしました