スポンサーリンク

気付けば40代…アラフォーからの恋愛の進め方ってどうすべき?
スポンサーリンク

「私なんてもう40代のおばさんだからさぁ~あはは!」と、自虐的に年齢をネタにしてしまっていないでしょうか?確かに一部の美魔女と呼ばれるような、見た目が非常に若く見える人がこれを言っても周りも、「いや、ほんとそんな年齢に見えないよ~」と本音でフォローもできるのですが…。

特に年下の男性からしたら、ごく普通の女性が年齢をネタにしてこんなことを言っていると、どう対応していいのかわからなくなってしまいます。

つまり、こういった年齢を自虐ネタにされると、周りは距離を感じてしまいますし、自らおばさんレッテルを貼って年下の男性を近づけない一線を引いてしまっていることになってしまうのです。

もちろん、その人のキャラもあるので、絶対的に100パーセントダメということではありませんが、年齢をネタにして壁を作ってしまうのは、墓穴を掘るようなもの。人として見てもらうことよりも、年齢を気にしているおばさんという印象を与えてしまう可能性もありますよ!

結婚を焦っているのがバレバレな恋愛の進め方

生涯結婚する気はないという人もいるので、結婚する気がない人にはこのお話しはスルーしていただいても良いのですが、40代での恋愛となると、無条件に結婚を意識した恋愛の進め方をしていくことになりますよね?この先も添い遂げたいと思える相手かを見極めながら、恋愛をしていくことになるのではないでしょうか。

しかし、この微妙な年代・40代だからこそ、恋愛の展開を焦る傾向もあります。早く結婚したい・安心したい気持ちが強くなっている年代なのかもしれませんが…。

もともと結婚を前提に交際を始めた相手だとしても、あまりに結婚したいオーラがみなぎってしまうと、彼としては「結婚したいだけで、俺じゃなくても良いんじゃない?」と感じてしまったり、「相性をしっかり確認してからにしたいんだけど…」とプレッシャーに感じてしまったりすることもあります。
恋愛って、お互いのタイミングがありますから、結婚を意識し過ぎて行き急ぐと、相手を追い込むことになってしまうかも…。

年齢を負い目に感じて相手の顔をうかがってばかり…

「もう40代だから後がないの!」「この人に捨てられたらおしまい!」と、年齢ゆえに、うまくいかないことを恐れる女性もいます。そうして、嫌われないようにして相手の顔色をうかがってしまうようになっては、せっかくの恋愛なのに、自分で自分の首を絞めることに…。

年齢を負い目に感じる必要は一切ありません。むしろ、年齢ゆえのお互いを尊重した、すばらしい恋愛ができる年代なんですから!

特に、彼が年下の場合には、「若くて可愛い子なんてもっとたくさんいるから…」と、彼がよそに行ってしまわないか不安になってしまいがち。でも、だからといって、嫌われないように一生懸命、彼に尽くして嫌われないようにしていても、逆効果になってしまい”都合の良いお姉さん”のように見られてしまいかねません。

自分を下げてまで恋愛を上手に進めようとしても、かえって時間の無駄になってしまう危険がありますよ!

40代でも進め方次第で幸せな恋愛はできる♡

40代の恋愛の進め方のポイントは、

  • 将来の明確なビジョンを持つ
  • 価値観や性格を重視して、相手との会話を大事にする
  • 年齢ゆえに怯むのではなく、年齢ゆえの経験値や自立心を見方にする

などをご紹介しました。きっと、これがしっかりできていれば、焦ったあまり空回りして失敗するなんてことはなくなります。

40代こそ、酸いも甘いも嚙み分けて、自分を大事にし、相手を尊重できる、そんな相手を見つけるのにはふさわしい年です♡居心地の良い相手と素敵な恋愛をしていきましょう!

スポンサーリンク