スポンサーリンク

毎日単調でつまらない。人生が変わるきっかけをつかむ方法
スポンサーリンク

人生が変わるきっかけをつかむためには①人との出会いを大切にする

自分の人生を変えたいと思った時、一番大切なのは、「人生を変えたい!」という強い意志を持つことだと言えるでしょう。

しかし、自分一人でできることには、どうしても限界がありますし、人生が変わるきっかけとなるような大きな出来事には、自分以外の人が深く関わることのほうが圧倒的に多いと言えます。

現在の生活の中で、どの人との出会いがあなたの人生を変えるきっかけになるか、わかりません。一日の生活の中で、仕事やプライベートの場面を通して出会う人との関わりをいつもより意識して大切にしていくことで、人生が変わるきっかけをつかむことができるかもしれません。

それは、あなたと気が合い、一緒に楽しい時間を過ごしてくれる友人や、大好きな恋人や大切な家族であるかもしれませんし、職場で厳しくもあたたかく指導してくれる仕事の先輩や上司であるかもしれません。

また、顔なじみのご近所さんや旅先で出会うような見ず知らずの人の可能性だってあるのです。あなたと関わるすべての人との出会いを大切にすることで、人生が変わるきっかけをつかむことができるかもしれません。

自分では気がついてないけれども、あなた自身のすばらしい点や、逆に変えた方がよい悪い癖など、客観的に他の人が見てわかることや気づくことがあります。

あなたのことを本当に大切に考えてくれる人ならば、きっとあなたが良い方向に進むよう手助けをしてくれたり、アドバイスをくれたりするでしょう。

あなたと関わるすべての人との出会いを大切にすることで、人生が変わるきっかけをつかむことができるかもしれません。

 

もし、毎日の生活の中で、人と関わる機会が少ないというのであれば、あえて、自分から積極的に人の集まる場所に出向くのもよいでしょう。

一人の時間は、冷静に自分を見つめなおすことができたり、落ち着いて自分のやりたいことに集中できたりといったメリットもたくさんありますが、自分以外の人との関わることで,大きな刺激や影響を受けたり、新しい発見があるのは間違いありません。

仕事以外の場で、ボランティアに参加してみたり、自分の興味のある趣味のサークルや地域の活動に参加してみたりするのも人との出会いにつながります。

々な人と行動を共にしたり、会話をかわしたりすることで、いろんな考え方を知ることができます。楽しみながら充実した時間を過ごすことができますし、人生が変わるきっかけをつかむことができるかもしれません。新しい自分を発見できる機会にも恵まれるでしょう。

また、異性との出会いは、やはり人生を変える大きなきっかけになることが多いと言えます。

好きな相手がいるということはとても幸せなことです。しかし、恋愛は、楽しいことばかりではありません。相手との関係が上手くいかなかったり、ケンカをしたり、嫉妬をしたりと様々な感情を持つもの。そういったことが面倒くさくて、ついつい一人でいる期間が長くなっている人もいるのではないでしょうか。

そういう人は、恋愛相手を見つけることで、人生が変わるきっかけになるかもしれません。恋愛をしなくとも、充実した毎日が送れる人もいますが、やはり自分にとって大切な人と同じ時間を過ごすことはすばらしいものです。

恋愛経験を経て大きく変わったり成長したりするのも事実です。

毎日仕事に追われていて、久しく恋愛相手がいないという人は、何も行動せずに過ごしていては時間だけが過ぎてしまいます。

今は様々なサービスを使って出会いをつかむことができる時代でもあります。あきらめず自分なりにチャレンジしてみましょう。大切なパートナーが見つかって、そこから人生が変わるきっかけがつかめるかもしれません。

人生が変わるきっかけをつかむためには②本を読んだり、映画を見たりする

読書が趣味だという人以外は、普段、本を定期的に読んでいるという人は少ないかもしれません。

年々、日本人の読書量は減っているそうです。本を読まなくても、ネットなどで知りたい情報を簡単に知ることができる今、あえて時間をかけて本を読む必要がないと考える人が多いのも仕方がないのかもしれません。

しかし、本を読むことは想像力を高める能力を育て、登場する主人公の行動に勇気をもらえたりする良い点があります。人生を変えるほどの影響力のある本や、感動できる本というものは、まだまだたくさんあり、本との出会いで人生が変わるきっかけをつかんだ!という人は数多くいます。

人生で一度は読むべきだと言われている本や、時間を忘れるほど面白くて、読み進めてしまうような本を読まないのは損をしているとも言えるでしょう。

人生が変わるきっかけをつかむために読む本というと、書店で多く目にする自己啓発本のような本があります。もちろん、それらの本があなたの生活の中で役に立つことがあるかもしれません。

ただ、自己啓発本のような本よりも、小説や伝記、エッセイなどのほうが、読んだ後、心に響き、いつまでも記憶にも残りやすく、大きくあなたの人生に影響を与える可能性があるかもしれません。

また、どんな本を読めばよいのかわからない、という人は、有名な作家さんが勧めている本や、月間ランキングなどで今話題になっている本などから気楽に手に取って読んでみると、より面白くて読みやすい本に出会えるかもしれません。

読書初心者の人は自分の知っている有名人や有名作家さんの書いた本の方が、親しみを持つことができます。そういった本から読み始めると、読書を習慣づけることができるでしょう。

一冊の本との出会いがあなたの心を豊かにし、あなたの人生を変えるかもしれない可能性を持っているとも言えます。

また、本と同じく映画作品も人生が変わるきっかけを与えてくれる存在でもあります。

日々、何か物足りない・・・とか、毎日同じ生活でつまらない!と考えている人こそ、心から感動できる映画の作品に出会うことで、人生を一歩踏み出すことができるかもしれません。

多くの人の人生観を変えた映画や、前向きになれるきっかけを与えてくれる映画はたくさんあります。主人公の人生に共感し、登場人物の言葉に勇気をもらうことができます。

素晴らしい映画を見ることで、日々のストレスを忘れ、充実した時間を過ごすことができ、あなたの人生を豊かにしてくれると言えるでしょう。

人生が変わるきっかけを探している人は評価の高い作品を調べて自分が気になる映画を見てみましょう。

 

また、今は気になる映画や見たい映画を自宅でいつでも自由に見ることができる時代です。だからこそ、あえて休日に一人で映画館に足を運んで気になる映画をゆっくり鑑賞するのもおすすめです。

スクリーンで見る映画はやはり、迫力が違います。自宅で見る映画よりも、より記憶に残り、大きな感動を味わうことができます。映画に感情移入し、ハラハラしたり、泣いたり笑ったりして、忙しい日常を忘れ、非日常を味わうことで、日々のストレス解消にもなるでしょう。

友人や恋人と一緒に映画館で映画を楽しむのもよいですが、たまには一人でふらっと映画館を訪れて映画を見ると、心が豊かになり充実した時間を過ごすことができます。

人生が変わるきっかけをつかむためには③新しい仕事にチャレンジしてみる

人生を変えるきっかけをつかみたいと考えたとき、誰もが考えるのが転職ではないでしょうか。同業種でも会社を変えたり、思い切ってまったく別の職種についたりすれば、劇的に生活が変わる可能性があります。

現在の仕事に100パーセント満足しているという人というのは少数派で、大半の人は、人間関係、給与、仕事のやりがいなど、それぞれに何かしら不満な点を抱えている人が多いのが現状です。

そういった不満を抱えながら、変わらない毎日を過ごしていると、「人生これでよいのだろうか」とか、「仕事を変えて人生を変えるきっかけを作りたい」と考えるのも、ごく自然なことだと言えます。

事実、日本では、転職者数は毎年増加傾向となっています。これまで一度や二度転職を考えたことがある人は多いでしょう。また、実際に転職した経験がある人のほうが多いのが現状です。

総務省統計局|転職者数及び転職者比率の推移

「自分の能力をもっと別のステージで試したい!」とか、「実力をもっと発揮できる場所で働いて収入を上げたい!」といった自分のキャリアアップのための前向きな考えで転職するのはとてもよいことだと言えます。

また、逆に現在の職場で努力してはみたものの、やはり自分には合わない仕事だとはっきり分かった時や、どうしても苦手な人がいて人間関係で、心を病むほどであったりした場合も転職は決して悪いことではないと言えるでしょう。

最近はうつ病などで職場を離れている人も多くいます。自分に合った職場を探すことは決して悪いことではありません。

ただし、「何となく毎日同じでつまらないから」とか、「とくにやりたいことがあるわけでもないけど、環境を変えてみたい」といった、安易な考え方で現在の仕事を辞めるのだけは避けるようにしましょう。そういった気持ちで職場を変えても同じ状況になる可能性があるからです。

仕事を変えることは、人生が大きく変わるきっかけになるのは間違いありません。

しかし、必ずしも仕事を変え転職をしたからといって、現状より良くなるとは限らないもの。熟慮して行動することが大切です。

現在の職場でも部署を異動したり、別の事業所や支店に移ったりなどすれば、環境や人間関係がガラリと変わり仕事に対する考え方が変化することも多いです。自分一人で結論を出さず、周囲の人や職場の上司や人事担当部署などによく相談すると良いでしょう。経験豊富な先輩に相談すれば、適切なアドバイスをくれるかもしれません。

それでも自分のやりたいことがはっきりしているのであれば、勇気を出して踏み出しましょう。人生は一度きりですから、悔いのないようにチャレンジしたいものです。

人生が変わるきっかけをつかむためには④一人旅に出てみる

人生が変わるきっかけをつかみたいと思った時、おすすめなのが、一人旅にでてみることです。

いきなり、仕事を変えたり、引っ越しをして住むところを移動したりするのは簡単ではありませんが、旅をして、ひと時を別の場所で過ごせば、リフレッシュできるのはもちろん、自分の人生についてじっくりと向き合う時間ができるのでおすすめです。

友人や家族と楽しく過ごす旅も良いですが、自分の行きたい場所へ行って、自由を満喫するのもたまにはよいのでは。

一人で行きたい場所を調べて行くというのは、旅慣れている人にとっては普通のことかもしれませんが、日頃一人で旅をすることがない人にとっては、なかなか勇気のいることかもしれません。

一人で旅をすることで様々な経験をすることができるでしょう。

自分の行きたい時に、行きたい場所に行くことができるのはとても幸せなことです。気になっていた場所へ行き、食べたいものを好きなだけ食べることができます。自分時間を思うままに過ごすことができます。

ただし、自由に出かけることができるのは大きなメリットですが、旅のプランはすべて自分で決めなければなりません。経験したことがない人にとってはなかなか大変な作業でしょう。また、一人で行動するさみしさも感じるかもしれません。

それでも日常を忘れ、別世界に出かけるだけで、ずいぶん新鮮な気持ちになります。毎日単調でつまらない、人生が変わるきっかけなんてないのだろうか・・などと思い悩んでいた人も、プチトリップで様々な経験をすれば、気持ちが前向きになるでしょう。

一人で過ごす自由な旅時間の中では、日々をじっくりと振り返ることができます。

普段の仕事のこと、大切な人とのこと、今後の夢についてなど、いつもの自分より冷静に考えることができるのではないでしょうか。旅が終わるころにはいろいろな悩みもスッキリ解消しているかもしれません。

また、海外、国内問わず、自分の住む地域以外の土地に出かけることで、その場所に住む人と関わったり、その場所の文化にふれたりすることができます。そういった経験を通して、自分が本当にやりたいことが見つかるかもしれません。

旅で経験することは、あなたの人生にも大きな影響を与えるでしょう。人生が変わるきっかけをつかみたいと考えている人に一人旅はおすすめです。

人生が変わるきっかけをつかむためには⑤結婚や出産を経験する

スポンサーリンク