女の嫉妬は恐ろしい…怖いけど見てみたいリアル修羅場エピソード

女の嫉妬は恐ろしい…怖いもの見たさの修羅場エピソード!

嫉妬という字は、【女】という文字が使用され、不快に思う方もいるかも知れませんね。

女+疾(やまい)=嫉(そねむ)、女+石=妬(ねたむ)…分解するととんでもない言葉!”女が病み、女が石のように固く融通が効かない”と書いて嫉妬という…なんとも微妙な作り。

しかし、実際に嫉妬絡みの恐ろしい修羅場エピソードって、女から始まるものが多いのも事実…。嫉妬した女が起こした猟奇的な事件もありますしね…。

嫉妬を抱く心は仏教でいう「煩悩」の中でも、人間の毒になると言われている感情です。

そんな嫉妬に囚われた女たちの、猟奇的とまでは言わないまでも、少し恐ろしい…でも怖いもの見たさで見てしまう…そんな修羅場エピソードをいくつかご紹介します。

嫉妬の感情は人を底なし沼に引きずり込む恐ろしい感情でもある…そんなことに気づきつつも、興味本位でこれからのエピソードを読み進めようとしているあなた!

明日は我が身かも知れませんよ…?!

女の嫉妬…恐ろしい修羅場エピソード①彼の携帯を勝手に…

もともと嫉妬も束縛も強い女・A子さん。そんなA子のお相手の彼は、友達を大事にする誰もが認める素直な良い奴!

浮気なんて絶対しない性格で、恐ろしい修羅場とは無縁そうな男性だったのですが…

これはA子の嫉妬が巻き起こした、彼と彼の女友達の身に起きた恐ろしい修羅場エピソード。

ことの発端は、たまたま彼が女友達と2人でいたところを、嫉妬の塊のような女であるA子が目撃したことから始まります。

落ち込み情緒不安定になった女・A子がとった恐ろしい行動とは?

2人でいるといっても、友達を大事にする彼。浮気なんかではありません!

ただ友達といただけだったのですが、嫉妬したA子はあらぬ妄想に取りつかれ、相当落ち込んでいました。

彼も何度も何度もなにもないし、ただの友達と言っても理解してくれず、A子はどんどん精神的に狂い始めたのです。

ありとあらゆる彼の行動を見張り制限。それでも彼は落ち込んだA子の信頼を取り戻すためならと、誠意を示していました。

しかし、そこまで尽くされても不安なA子、時に彼の携帯をこっそり見ることも…。そして…

彼のいない間に勝手に彼の携帯をチェックし、彼が連絡を取った女(メール・電話すべて)を洗い出し、その相手の女たちに彼の携帯から勝手に電話をかけ始めたのです。

そして…その電話に出た彼の女友達も、恐ろしい修羅場に巻き込まれる羽目に…。

電話を受けた彼の友人は、当然彼からの電話だと思って出ますが、聞こえてくるのは恐ろしいトーンで話すA子の声。

電話を受けた方も、状況を理解できないのは当然ですよね。

A子の恐ろしいほどの暴言・暴挙…そして修羅場に…

「私、彼女のA子ですけど、あなた一体彼のなんなんですか?」と…。

いくら相手が女といえど、メールを見ても一切やましいことはないとわかる相手にも関わらず、どういう関係かと一方的に詰め寄り始めました。

もちろん電話を受けた女の方も、事態が理解できないまま、「え?ただの友達ですよ」としか答えようがありません。

相手の女の返答に肩透かしをくらったA子ですが、自分が嫉妬からとんでもないことをしているということにすら気づいておらず…

「私の彼氏なんで、関わらないでもらえませんか?」と話し出す始末。

電話口の女友達側も、A子の嫉妬が強いのは知っていたので、「A子さん、彼は本当に友達を大事にする良い奴ですよ。心配しなくても、あたなを1番大事にしているから」となだめる言葉を返しました…。

すると突然電話口の向こうでガチャガチャと聞こえ、ブチッと電話が切れ…。どうやら彼が戻ってきて、A子のしていることに気付いた様子で、彼が電話を取り上げて切ったらしい。

数時間後…彼から女友達への謝罪の電話が…

タイトルとURLをコピーしました