恋愛すると嫉妬で苦しい感情に…嫉妬しない方法を伝授♡

スポンサーリンク

恋愛すると嫉妬で苦しい感情に…嫉妬しない方法はある?

恋愛すると、酸いも甘いもたくさんの感情を経験しませんか?

楽しい気持ち、嬉しい気持ち、幸せな気持ちなど、ポジティブな感情もたくさんありますが、うまくいかなくて苦しい気持ち、つらい気持ちなど、ネガティブな感情もたくさん出てきます。

好きな人がいるというだけでもウキウキしちゃったり、今日は何を着ていこう、どんな会話をしよう…なんて考えたりして、女磨きにも精も出ますし、アドレナリンもドーパミンも大放出♡って感じでしょうか。

でも…楽しいことばかりじゃなくて、さまざまな理由から苦しい恋愛になってしまうこともありますよね。

恋愛って相手ありきのことですから、思う通りにいかないことも多くて…。

特に抱いて不快な感情は…嫉妬じゃないでしょうか?恋愛で幸せそうな女性に嫉妬する…彼と仲の良い女性(友人)に嫉妬する…キレイな人に嫉妬する…こういうのって、自分自身もモヤモヤして苦しいんですよね。

嫉妬しない方法を知っていないと、相手を好きになるほどに苦しい感情がセットに訪れて、うまくいくものもいかなくなってしまうかも…。

嫉妬なんてしなかったらこんなに嫌な気持ちにならなくてすむのに…とはわかっていても、嫉妬しない方法なんてどうやって?と、恋愛の苦しい感情に心を締め付けられているそこのあなた!安心してください。

ちゃんと恋愛しても苦しい感情にならずに済む、嫉妬しない方法はありますよ♡

恋愛で苦しい感情になるのはなぜ?嫉妬しない方法を学ぶ前に…

嫉妬して苦しい感情になってしまうんだったら、「嫉妬しない方法を学べばいい!」と躍起になる前に、まず最初になぜ嫉妬するのか?嫉妬とはどういったことが原因で湧きだす感情なのか、冷静に考えてみましょう。

やみくもに、「嫉妬したら苦しいだけだから、しないようにしよう」「嫉妬しない方法をわかっていたら回避できる」と頑張っても、かえって逆効果。

さらに苦しい感情に苛まれるだけ…。人によって嫉妬の根本原因は異なりますからね。

恋愛すると苦しい感情になるなら嫉妬の正体を理解しよう!

そもそも、嫉妬という感情は決してポジティブな感情ではありません。妬む、嫉む、恨む・憎む…などという、人と比べてひがんでしまう感情を指します。

恋愛においては、やきもちといった方が分かりやすいでしょうか。意中のお相手の愛情や言動が、自分以外にあるように見えた時に不安に感じる感情のことですよね。

こうやって言葉の意味や正体を書き出すと、嫉妬が湧くこと自体に、なにか違和感や不自然さを感じませんか?

その正体は大きく2つ。ひとつは勝手に”他人と自分を比べている”こと、そしてもうひとつは”人に自分の思うようにしてほしい””と望んでいることです。

そもそも自分は自分、他人は他人ですし、たとえ恋愛関係にある相手であろうと、相手には相手の意思があります。

人と比べる必要はないのに、人と比べて嫉妬して苦しい…相手の行動が自分にとって好ましくない・望むようになっていないから、嫉妬して苦しい…。

自分で自分を追い込んで苦しいって言っていて、なんか変ですよね。冷静にこの状況を考えると、【自分の思うようにコントロールしたい、支配したい】という感情が根本にあるのではないでしょうか?

もしかすると、相手の思いに応えることが愛、相手のために尽くすことが愛だと思い込んでいるのかもしれません。

でも、それって本当に愛なんでしょうか?…こういった側面を考えると、嫉妬の感情が出てきた時は、自分の心に向き合ういい機会なのかもしれませんね。

嫉妬しない方法を会得したいなら自分に向き合う必要がある?!

タイトルとURLをコピーしました