スポンサーリンク

スポンサーリンク

周りにひとりはいる…対処法に困るありがた迷惑な人…

「別にそこまでしてもらわなくて良いんですけど…」「いや…それ求めてないんですけど…」と言いたいけど言えない、ありがた迷惑な言動をする人って周りに1人や2人いないでしょうか?

相手は良かれと思ってやっているし、そもそも悪気がないため、断って相手を傷付けるのも違うような気がしますし、ストレートにありがた迷惑ですなんて言えませんし、どう断れば良いのか困るんですよね…。

そんな時あなたは、どんな対処法をとっているでしょう。「困るんで…」とはっきり言いますか?それとも我慢して相手に合わせますか?

言うにしても相手を否定する発言をしなければいけない不安があったり、お言葉に甘えるにしても、自分の本意ではない不快感があったり、気持ちよくないのは違いありませんよね…。

相手を傷付けず、自分も犠牲にしない上手な対処法はないものでしょうか。

対処法ゼロ?ありがた迷惑な人は周りが困るのを察知できない?

ありがた迷惑な行為をしてしまう人にはいくつか共通点があり、それゆえに、相手が困るということを察知できないことが多々あります。だからこそ対処法がないように感じてしまう方も多いのです。

対処法をマスターするには相手の心理を理解した方が早いので、まずはありがた迷惑をする人の共通の心理面について考えてみます。

どのような心理で、困る人がいるという発想を失って、ありがた迷惑な行為になってしまうのでしょうか?

対処法に困るありがた迷惑な人の共通点①世話好きだという自負

スポンサーリンク