【対処法に困るありがた迷惑な人】上手な付き合い方でストレス軽減

周りにひとりはいる…対処法に困るありがた迷惑な人…

「別にそこまでしてもらわなくて良いんですけど…」「いや…それ求めてないんですけど…」と言いたいけど言えない、ありがた迷惑な言動をする人って周りに1人や2人いないでしょうか?

相手は良かれと思ってやっているし、そもそも悪気がないため、断って相手を傷付けるのも違うような気がしますし、ストレートにありがた迷惑ですなんて言えませんし、どう断れば良いのか困るんですよね…。

そんな時あなたは、どんな対処法をとっているでしょう。「困るんで…」とはっきり言いますか?それとも我慢して相手に合わせますか?

言うにしても相手を否定する発言をしなければいけない不安があったり、お言葉に甘えるにしても、自分の本意ではない不快感があったり、気持ちよくないのは違いありませんよね…。

相手を傷付けず、自分も犠牲にしない上手な対処法はないものでしょうか。

対処法ゼロ?ありがた迷惑な人は周りが困るのを察知できない?

ありがた迷惑な行為をしてしまう人にはいくつか共通点があり、それゆえに、相手が困るということを察知できないことが多々あります。だからこそ対処法がないように感じてしまう方も多いのです。

対処法をマスターするには相手の心理を理解した方が早いので、まずはありがた迷惑をする人の共通の心理面について考えてみます。

どのような心理で、困る人がいるという発想を失って、ありがた迷惑な行為になってしまうのでしょうか?

対処法に困るありがた迷惑な人の共通点①世話好きだという自負

「私、世話好きなんだよね〜」というやりたがり傾向があるありがた迷惑な人…。本人はそれで満足するのでしょうが、相手がそれを求めていない場合は、困る行為なだけですよね。

良かれと思って善意で世話焼きをしているつもりでしょうが、自分でやりたい・考えたい人もいます。人それぞれのタイミングややり方があるのですから、世話好きを押し付けられるのは、やられた方としてはたまりません…。

対処法に困るありがた迷惑な人の共通点②相手のための善意

ありがた迷惑な行為をする人は、それが相手のためになるという善意のつもりでやっていることが大半で、”自分の価値観を相手に押し付けている”という認識がありません。

「困るからいいよ」と断ろうものなら「遠慮しないで♪」なんて言って、こちらの困る意思を遠慮として受け止めてしまいます。

自分がそれが正しい・良い事だと思って信じて疑っていないため、あくまで良心・善意だと思っているということです。

対処法に困るありがた迷惑な人の共通点③承認欲求の押し付け

ありがた迷惑をする裏側には、褒めて欲しい・感謝されたい・わかって欲しいという気持ちがあります。相手のためを思っての言動ではなく、自分を認めて欲しいだけで…。つまり自分のためにやっているんですね。

それを意図的でというよりも、無意識的にやっているからなおさら厄介なのですが、本人はそれに気付いておらず…そのお節介行為やありがた迷惑な行為は、もはやただの自己満足状態。

その証拠に、断ると「せっかくやってあげたのに!」と、あたかも自分を否定されたかのように不機嫌になったり、逆ギレして怒ったりする人も多くいます。そんなこと言われるならやらなくて結構って話ですが…。

言葉は悪くなってしまいますが、もはや相手の承認欲求の捌け口状態。こちらは相手の感情を満たす義務も筋合いもないのですが、やはり断り方・拒絶の意の示し方には困るのですよね…。

タイトルとURLをコピーしました