スポンサーリンク

スポンサーリンク

共感力は人間関係のストレス軽減に必要!デメリットはない?!

共感力がある人って、周りから印象よく思われがちだったり、人と仲良くなりやすかったり、なにかと人間関係で有効とされています。

その証拠に、共感力を磨くことを推奨するネット記事や書籍なども増えてきました。

確かに自分の発言に「それは違うよね」「その話わかんないや」と否定的な言葉を返されるよりも、「わかるー!」「それでそれで?!」と共感してもらえたり、興味を示してくれたりするような反応が返ってくる方が会話も楽しく感じませんか?

逆にいえば、共感力のない対応をしていたら、人と上手にやっていけなかったり、トラブルを起こしがちだったり、ストレスの多い人間関係で苦労することもあるでしょう。敵を作りかねませんしね…。

ですから、ある程度の共感力って、コミュニケーションスキルとしても必要と言われているのです。

しかし…メリットばかりが取り上げられていて、共感力という言葉が必要以上に独り歩きしているのも事実。本当にデメリットはないのでしょうか?

必要とされる共感力と相反するストレス…それってデメリットでは?

共感力がある人は、事実、”人受け”は良いものです。人を楽しく話させることができるので、嫌われるようなことは激減します。それだけでも人間関係のストレスは軽くなりそうですよね!

ただ、共感力関係の本を読んだり学んだりしても、誰しもが簡単に共感力が身につけられるわけではありません。共感力が必要だと必死になるあまり、ストレスを抱えているようであれば…それはデメリットといえます。

必要以上の共感力はストレス・デメリットでしかない!

スポンサーリンク