スポンサーリンク

スポンサーリンク

傷つけるのが嫌だから嘘をつく…そんな断り方はあり?

断る良い言い訳が見つからないから…と、嘘をついたことってありませんか?

気分がのらない…この人とは距離をおきたい…他のやりたいことを優先したい…など、断り方といっても相手に伝えにくい本音があるケースもありますし、「どう伝えれば相手を傷つけることにならないのか…」と悩んだ挙句、とっさに取り繕う嘘をついてしまうこともあるでしょう。

かといって明らかに相手を傷つけるような場合、正直に言えばいいということでもないですしね。

しかし、断るといっても色んなパターンがありますよね?

  • 誘いを受けた時(予定があって無理?その人との誘いは無理…?)
  • 頼みごとをされた時(相手の願いに応えられない)

その状況はビジネスシーン・プライベート双方で起こりうることです。

でもここで、「断り方次第で相手を傷つけるかもしれないし、本当の理由なんて言う義務もないから」と、嘘で逃げ切ったとしても…あなたはモヤモヤしないでいられるでしょうか?

嘘の言い訳は余計に人を傷つける!ダメな断り方の最悪パターン!

断る時の理由が正当なものであれば、決してみんな悩まないはずです。

たとえば、ご飯に行こうと誘われた日にすでに予定がある場合などは、嘘をついてまで断る人はいません。「その日は予定があって、ごめんね~!」と断れますよね。

でも、そうじゃなく、自分の”感情的な理由”で断る場合、相手を傷つけることなく断れるのって、一種の【人間力】でもあるのではないでしょうか?

嘘をついた時って、本人もあまり気持ちよくはないですよね。自分を守るためだったとしても、「バレたらどうしよう」「こんな嘘をついて良かったのだろうか…」と多少なりともモヤモヤが残ります。

嘘をつくことに慣れて、ピノキオのように鼻が伸びてしまう前に…、”こういう断り方の嘘は相手を傷つけるだけ”というケースを考えてみましょう。

ここでご紹介するようなこと、あなたもやってしっまっていませんか?

スポンサーリンク