下手な嘘で断るのは相手を傷つける!不快にさせない断り方とは?

傷つけるのが嫌だから嘘をつく…そんな断り方はあり?

断る良い言い訳が見つからないから…と、嘘をついたことってありませんか?

気分がのらない…この人とは距離をおきたい…他のやりたいことを優先したい…など、断り方といっても相手に伝えにくい本音があるケースもありますし、「どう伝えれば相手を傷つけることにならないのか…」と悩んだ挙句、とっさに取り繕う嘘をついてしまうこともあるでしょう。

かといって明らかに相手を傷つけるような場合、正直に言えばいいということでもないですしね。

しかし、断るといっても色んなパターンがありますよね?

  • 誘いを受けた時(予定があって無理?その人との誘いは無理…?)
  • 頼みごとをされた時(相手の願いに応えられない)

その状況はビジネスシーン・プライベート双方で起こりうることです。

でもここで、「断り方次第で相手を傷つけるかもしれないし、本当の理由なんて言う義務もないから」と、嘘で逃げ切ったとしても…あなたはモヤモヤしないでいられるでしょうか?

嘘の言い訳は余計に人を傷つける!ダメな断り方の最悪パターン!

断る時の理由が正当なものであれば、決してみんな悩まないはずです。

たとえば、ご飯に行こうと誘われた日にすでに予定がある場合などは、嘘をついてまで断る人はいません。「その日は予定があって、ごめんね~!」と断れますよね。

でも、そうじゃなく、自分の”感情的な理由”で断る場合、相手を傷つけることなく断れるのって、一種の【人間力】でもあるのではないでしょうか?

嘘をついた時って、本人もあまり気持ちよくはないですよね。自分を守るためだったとしても、「バレたらどうしよう」「こんな嘘をついて良かったのだろうか…」と多少なりともモヤモヤが残ります。

嘘をつくことに慣れて、ピノキオのように鼻が伸びてしまう前に…、”こういう断り方の嘘は相手を傷つけるだけ”というケースを考えてみましょう。

ここでご紹介するようなこと、あなたもやってしまっていませんか?

嘘の言い訳で人を傷つける断り方①嘘がバレている

容易にバレる嘘や、隙だらけの嘘での断り方は、相手を傷つけるだけではなく、自分の信用度も落としてしまう最悪な言い訳です…。

嘘をつく理由は心理学などでも大きく2つに分けられるとされているのですが、

  1. 自分に不利にならないように(面子を保ちたい・嫌われたくないなど)
  2. 相手を不要に傷つけることのないよう(相手を不快にさせたくない)

という理由が根本にあります。

でも…その嘘がバレるということは、そのどちらの目的も叶えられない結果になってしまい、最悪の言い訳になってしまうのです。

自分も人から”嘘をつく人”として嫌な印象を抱かれるでしょうし、相手も”本当のこと言える関係だと思ってたのに…”とショックを受けることでしょう。

バレないから大丈夫、用意周到にやってるからと高を括っていると、後から大目玉を食らうことになってしまうかもしれません。

嘘の言い訳で人を傷つける断り方②思い遣りゼロ!

嘘の理由・言いにくい理由で断る場合であっても、相手への配慮がない態度がにじみ出ていれば台無しです!

人が嘘をついたり、本音をオブラートに包んで誤魔化したりしている時って、本音を隠すことにいっぱいいっぱいになって、相手への思いやりが抜けてしまうことがあります。

世の中には、何食わぬ顔で平然と嘘をついているように見える人もいるでしょうが、内心はバレないようにするために必死なのではないでしょうか?

人間はそんな器用にできていないので、ボロが出ることもありますから。今回の断り方でいうと、自分の嘘の言い訳に必死なあまり、たったひと言の「ごめんね!」を言いそびれること。

自分は正当な理由の断り方をしているのだから、謝る筋合いはないとでも言いたげです。”断る=謝る”ということではありませんが、そのひと言があるかないかで、相手が快く「わかったよー」と言えるか不快に感じるかの分かれ道になってしまいますからね…。

嘘の言い訳で人を傷つける断り方③断って終了!

タイトルとURLをコピーしました