最近彼氏が冷たい…これって倦怠期?乗り越える方法はある?

そもそも倦怠期ってどんな状態?

まず、そもそも倦怠期ってどんな状態でしょうか?

倦怠期とは①大きな理由もないのにイライラする状態

そもそも倦怠期とは、大きな理由もないのにイライラする状態のことを言います。

女性で例えるのであれば、生理の日は些細なことでイライラしたり放っておいて欲しいと思うことがあると思います。倦怠期とはそれに似たようなもので、いつもなら怒らないようなことにまで怒ってしまうことが多々あります。

常にイライラしている状態というわけではなく、パートナーといる時にその現象は起こります。『彼氏が最近イライラしているな』と感じた時には倦怠期に突入したのだと判断しましょう。

倦怠期とは②小さな喧嘩が多発する時期

前述したように倦怠期とは、大きな理由もないのにイライラする状態のことです。そのため、小さな喧嘩が多発する時期でもあります。

いつもなら怒らないような冗談で急に彼氏が怒りだしたりして、ビックリするかもしれません。

倦怠期の大きな原因としては、『飽き』や『慣れ』が挙げられます。

付き合い立て当初はドキドキしたり新鮮さを感じていた彼氏でしたが、今の彼女に対して慣れてしまったり飽きてしまったり、安心してしまう結果、些細なことでイライラしてしまい、小さな喧嘩が多発するようになってしまうのです。

倦怠期とは③別れる危険性がある時期

倦怠期の時期は、別れる危険性がある時期でもあります。

彼氏が最近冷たいから倦怠期かもしれないと考えて行動する女性は少ないです。また、男性も最近倦怠期かもしれないと感じて行動する人は少ないです。

つまり、どんなカップルでも気が付かない内に倦怠期に突入してしまい、その結果として小さな喧嘩が多発したり、お互いに相手のことでイライラしてしまうのです。

そうなると、そのまま破局という可能性もありえます。カップルが分かれる原因の大半がこの倦怠期なので、倦怠期に突入したカップルは注意しましょう。

倦怠期とは④付き合って3ヶ月、半年、8ヶ月、1年目に訪れると言われている

そんな別れる危険性のある倦怠期は、主に、付き合って3ヶ月目や半年、8ヶ月目や1年目といった節目に訪れると言われています。

男性にとってこのくらい付き合ってくると、彼女に対して慣れてしまう部分があります。中には飽きてしまったりする人もいます。そんな時期には浮気に走る人もいます。

よく女性は恋愛に新鮮さを求めると言いますが、それは実は男性も同じで彼女に対して新鮮さを求めています。

しかし、付き合っていく上でどうしても新鮮さが失われてしまいます。そうなってくると、小さなことでイライラしてしまったり、ついつい冷たい態度を取ってしまうのです。

見方を変えれば、彼氏が最近冷たい態度を取る場合には、それは彼氏からのサインだと考え、新鮮さのある付き合い方に変えてみましょう。

最近彼氏が冷たいのはなぜ?倦怠期だから?

最近彼氏が冷たいのは①新鮮さが無いから

倦怠期に突入すると、どうしても彼氏の態度が冷たくなります。それでは、その彼氏の態度が冷たいのはなぜなのかを見ていきましょう。

まずは、新鮮さがないことが原因だと言えます。彼氏が冷たい大きな原因は新鮮さを感じられなくなったからです。

それこそがまさに倦怠期であり、新鮮さを取り戻すことが、冷たい彼氏の態度を改めさせる方法となります。

最近彼氏が冷たいのは②自分も同じ様な態度を取っているから

また、自分も冷たい態度を取っている場合には、彼氏も同様の態度を取ることがあります。

男性からすると、彼女が生理の時に彼女の態度が冷たくなるため、ある意味で言えば彼女が冷たい態度を取ることに慣れている部分があります。

そうなると、そっとしておこうとするのが男性心理です。時間が経てば元通りになるだろうと楽観的な考えを持っています。

しかし、彼女からするとそんな彼氏の態度が冷たく感じてしまうのです。

男性は冷たくしているつもりはなくても、そっとしておこうとするため、いつもよりコミュニケーションが少なることもあります。

また、彼女がイライラしているのにわざわざ話しかけたくないと考えている男性も中にはいます。この様な理由から彼氏は冷たい態度をとってしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました