コロナ渦で人間関係を整理しリセットする人が多発!あなたはどうする?

コロナ渦による職場の人間関係の変化

コロナ渦で職場の環境が変わったという人は多いでしょう。職種により状況に違いはありますが、ほとんどの職場でマスクを着けて仕事をするのが当たり前となり、上司や同僚と会話をする機会は減りました。

上手く対応する人もいれば、整理、リセットする人も

仕事の時間だけでなく、仕事後の飲み会や歓送迎会などが開催されることも少なくなり、職場の人とコミュニケーションをとる機会は圧倒的に少なくなりました。

また、コロナ渦をきっかけにして、テレワークや在宅勤務が当たり前となっていき、職場の人と直接会う機会が減ったという人も多くいます。

そういった状況になれば、必然的に「会社」や「職場の人」に対する自分の考え方が変わってくるのも当然でしょう。職場の人間関係に良くも悪くも変化が起こります。

これまでの働き方と大きく異なることで、それを負担に感じたり、ストレスを抱えるようになったりするのは、その人の仕事の状況や個人の性格により差があると言えるでしょう。

コロナ以前から、そこまで周囲とコミュニケーションをとらずとも仕事ができていた、という人は、職場の変化した人間関係などに悩まされることなく、これまで通りマイペースに仕事をこなすことができ、コロナ渦の状況をそれほどストレスに感じていないかもしれません。

また、在宅勤務が増えたことで、苦手な人と直接会うことがなくなったので、むしろ仕事だけに集中することができるようになり、職場の人間関係の悩みがコロナ以前より少なくなったという人もいます。

コロナ渦でコミュニケーションが取れなくなりストレスを抱える人も

一方、これまで職場で上司や部下と会議や打ち合わせで会話を重ねて、コミュニケーションを十分とって仕事を進めてきた人や、お客様と直接会話をすることで信頼関係を築き、仕事を円滑にやってきた人などは、コロナ渦で会話によるコミュニケーションが取れなくなり、大きなストレスを抱えている人もいるでしょう。

これまで職場の人や取引先と良い人間関係が築けていたのに、在宅勤務やテレワークになってからというもの、みんなとコミュニケーションをとる機会も減ってしまって、何だか自分は孤独でひとり取り残されているようだ・・・と悩んでいる人もいます。

しかし、周囲とのコミュニケーションが希薄になってしまっているのは決してあなたのせいではないのですから、あまりその点で落ち込む必要はないのです。

直接相手と会話ができないこの状況は誰のせいでもないのですから、今、この状況でいかに仕事を円滑に進め、職場の人間関係を良くしていくかを考えていきましょう。

直接会えないからこそコミュニケーションを

悩んでいるのはみんな同じ。直接会って話すことができなくても、画面越しにあなたが相手に悩みなどを相談して、話すきっかけを作ってみるのもよいかもしれません。

誰かに頼りにされるというのは、どんな人でもうれしいもの。深刻な雰囲気ではなく、軽い感じで相談することが大切です。それをきっかけに相手とコミュニケーションがとりやすくなることも。

また、直接会えないからこそ、積極的に自分のことを知ってもらいたい、とする姿勢も大切です。業務に関する連絡事項を単純に伝えるだけではなく、自分の近況を話し、相手の話にも真摯に耳を傾けることがとても大切です。

どんな状況でも仕事を前に進めたいという気持ちが、とても大切になってきます。大変な状況はあなただけではありません。そのような前向きな気持ちが評価される時代なのかもしれません。

現状をリセットしたり、人間関係を整理するのもアリ

タイトルとURLをコピーしました