スポンサーリンク

スポンサーリンク

コロナ渦による職場の人間関係の変化

コロナ渦で職場の環境が変わったという人は多いでしょう。職種により状況に違いはありますが、ほとんどの職場でマスクを着けて仕事をするのが当たり前となり、上司や同僚と会話をする機会は減りました。

上手く対応する人もいれば、整理、リセットする人も

仕事の時間だけでなく、仕事後の飲み会や歓送迎会などが開催されることも少なくなり、職場の人とコミュニケーションをとる機会は圧倒的に少なくなりました。

また、コロナ渦をきっかけにして、テレワークや在宅勤務が当たり前となっていき、職場の人と直接会う機会が減ったという人も多くいます。

そういった状況になれば、必然的に「会社」や「職場の人」に対する自分の考え方が変わってくるのも当然でしょう。職場の人間関係に良くも悪くも変化が起こります。

これまでの働き方と大きく異なることで、それを負担に感じたり、ストレスを抱えるようになったりするのは、その人の仕事の状況や個人の性格により差があると言えるでしょう。

コロナ以前から、そこまで周囲とコミュニケーションをとらずとも仕事ができていた、という人は、職場の変化した人間関係などに悩まされることなく、これまで通りマイペースに仕事をこなすことができ、コロナ渦の状況をそれほどストレスに感じていないかもしれません。

また、在宅勤務が増えたことで、苦手な人と直接会うことがなくなったので、むしろ仕事だけに集中することができるようになり、職場の人間関係の悩みがコロナ以前より少なくなったという人もいます。

コロナ渦でコミュニケーションが取れなくなりストレスを抱える人も

スポンサーリンク