夏休みに訪れたい!首都圏から気軽に行ける避暑地6選

夏休みに訪れたい首都圏から気軽に行ける避暑地①奥日光(栃木県)

日光東照宮のある人気観光地・日光からさらに西へ進むと奥日光と呼ばれるエリアがあります。このエリアは標高が高く、昔から避暑地としてよく知られているエリアです。

中でも中禅寺湖付近は「リゾート地の元祖」と呼ばれ、各国の大使館別荘などが多く建てられてきた歴史があります。英国大使館別荘やイタリア大使館別荘、ベルギー王国大使館別荘などが現在も残っており、中に入って見学することができます。

かつて、多くの外交官や要人たちが美しい中禅寺湖湖畔で涼をとり、癒しの時間を過ごしました。そんな歴史ある中禅寺湖周辺をゆっくり散策するのもおすすめです。

また、中禅寺湖畔には、リゾートホテルや温泉旅館などが多くあるので、夏休みを過ごすのにもピッタリです。

奥日光の入り口にある中禅寺湖は、標高1269メートルに位置し、日本有数の高さを誇る場所にある湖です。そのため、8月の平均気温が約20℃と、なんと北海道並みの気温だと言われています。首都圏でありながら、この涼しさは大変貴重だと言えるでしょう。

男体山(なんたいさん)の大噴火によりできた中禅寺湖は、周囲が25キロメートル、深さは最大163メートルもあります。とても広い湖で、クルージングを楽しむことができます。

中禅寺湖には遊覧船があり、のんびりと湖上で観光を楽しむことができます。2階建ての遊覧船は、いくつかコースがあり、中には1時間ほどかけてゆっくりと湖をまわるコースもあります。

夏は特に、風を感じながら船で過ごすのは心地よく、快適に過ごすことができます。

日本百名山の男体山と中禅寺湖の景色はまさに絶景。見ごたえがあり、日本にいることを忘れてしまうような、そんな非現実感を味わうことができます。

中禅寺湖クルージングは夏休みのステキな思い出になるでしょう。

中禅寺湖周辺には、他にも素晴らしい観光地がたくさんあります。その一つが有名な「華厳の滝(けごんのたき)」です。

子供のころ、修学旅行で訪れたことがある人も多いかと思いますが、大人になってから訪れるとまた違った印象を持つのではないでしょうか。

ダイナミックな滝の流れは圧倒される風景。水しぶきがあがる滝を見ているだけで、夏は特に涼しさを感じます。夏休みにぜひ華厳の滝を訪れてみては。

夏休みに訪れたい首都圏から気軽に行ける避暑地②三島(静岡県)

静岡県の三島というと、避暑地というイメージを持つ人は少ないかもしれませんが、三島には涼しさを感じることができる、おすすめのひんやりスポットがいっぱいあります。

まず、三島で訪れたいひんやりスポットが「柿田川湧水(かきたがわゆうすい)公園」です。こちらの公園の中ではあちらこちらで富士山の湧き水が湧いている様子を観察することができます。

実際にその水に触れることもできる場所もあります。ひんやりとした富士の水はとても冷たく気持ちがよいものです。

公園の中にあるブルーホールと呼ばれる青く丸い湧き水スポットを上から見ると、きれいな水がどんどん湧き出ているのがわかります。ずっと眺めていたくなるような、とても癒されるスポットです。

公園は緑も多く、暑い日でも涼しく散歩が楽しめます。美しい水に囲まれた気持ちのよい公園は、夏休みに訪れるのにピッタリのおすすめスポットです。

また水の都と呼ばれる三島の街の中を流れる「源兵衛川(げんべえがわ)」も癒しのおすすめスポットがいっぱいです。

三島駅からわずか徒歩5分ほどの場所に流れる源兵衛川は、夏には蛍が舞うと言われるほどきれいな川で、その美しい水の流れは見ているだけで涼しくなります。

川沿いには飛び石があり、遊歩道も整備されているので、のんびりお散歩が楽しめます。周辺には神社や、お寺、オシャレなカフェやレストランなどもあり、涼しい気温の中、散策が楽しめます。

そしてこの源兵衛川の起点ともいえる場所が「楽寿園」です。「楽寿園」は三島駅からほど近い、市立の大きな公園です。元は明治維新に活躍したことで知られる小松宮彰仁親王の別邸としてつくられたのが始まりです。

楽寿園には富士山の噴火時に流れたと言われる溶岩の上に生えたとされる樹木があり、湧き水スポットなどもあります。

溶岩の間から湧水が出て水位が変化すると言われる小浜池と周囲の自然林でできた庭園は国の天然記念物及び名勝に指定されています。園内では、趣ある風景を存分に楽しむことができます。

ご紹介した三島の水のスポットをまわればきっと暑さを忘れることができるでしょう。気軽に夏休みに訪れてみてはいかが。

タイトルとURLをコピーしました