スポンサーリンク

スポンサーリンク

夏休みに訪れたい首都圏から気軽に行ける避暑地①奥日光(栃木県)

日光東照宮のある人気観光地・日光からさらに西へ進むと奥日光と呼ばれるエリアがあります。このエリアは標高が高く、昔から避暑地としてよく知られているエリアです。

中でも中禅寺湖付近は「リゾート地の元祖」と呼ばれ、各国の大使館別荘などが多く建てられてきた歴史があります。英国大使館別荘やイタリア大使館別荘、ベルギー王国大使館別荘などが現在も残っており、中に入って見学することができます。

かつて、多くの外交官や要人たちが美しい中禅寺湖湖畔で涼をとり、癒しの時間を過ごしました。そんな歴史ある中禅寺湖周辺をゆっくり散策するのもおすすめです。

また、中禅寺湖畔には、リゾートホテルや温泉旅館などが多くあるので、夏休みを過ごすのにもピッタリです。

奥日光の入り口にある中禅寺湖は、標高1269メートルに位置し、日本有数の高さを誇る場所にある湖です。そのため、8月の平均気温が約20℃と、なんと北海道並みの気温だと言われています。首都圏でありながら、この涼しさは大変貴重だと言えるでしょう。

男体山(なんたいさん)の大噴火によりできた中禅寺湖は、周囲が25キロメートル、深さは最大163メートルもあります。とても広い湖で、クルージングを楽しむことができます。

中禅寺湖には遊覧船があり、のんびりと湖上で観光を楽しむことができます。2階建ての遊覧船は、いくつかコースがあり、中には1時間ほどかけてゆっくりと湖をまわるコースもあります。

夏は特に、風を感じながら船で過ごすのは心地よく、快適に過ごすことができます。

日本百名山の男体山と中禅寺湖の景色はまさに絶景。見ごたえがあり、日本にいることを忘れてしまうような、そんな非現実感を味わうことができます。

中禅寺湖クルージングは夏休みのステキな思い出になるでしょう。

中禅寺湖周辺には、他にも素晴らしい観光地がたくさんあります。その一つが有名な「華厳の滝(けごんのたき)」です。

子供のころ、修学旅行で訪れたことがある人も多いかと思いますが、大人になってから訪れるとまた違った印象を持つのではないでしょうか。

ダイナミックな滝の流れは圧倒される風景。水しぶきがあがる滝を見ているだけで、夏は特に涼しさを感じます。夏休みにぜひ華厳の滝を訪れてみては。

スポンサーリンク