家庭内別居が子供に与える影響が凄まじかった…その実態とは

スポンサーリンク

家庭内別居がはじまったのはなぜ?

家庭内別居は、口ケンカや意見のすれ違いなどささいなことがきっかけで相手を無視するようになり、それがそのまま長引くことでそのような状態に陥ることがあります。

例えば妻が家庭生活のことで夫に何か相談したいと思っても「仕事が忙しいから」と拒絶されてしまう場合があります。

すると妻は「自分が困っている時に夫は助けてくれない」と考え、夫と話すことを避けるようになります。

こういうことが積み重なると不満が溜まってしまい、やがて夫婦の会話がなくなり家庭内別居のような状態となってしまいます。

相手に対して無関心になる

夫婦は長く一緒に暮らしていると、お互いに家にいることが当たり前となってしまい、相手に対して無関心になってしまうことがあります。

そうすると、妻と夫は夫婦でありながらお互いの話や行動に興味が持てなくなり、会話が減ってしまいます。

さらに毎日続いていくを単調であると感じ、夫婦関係がマンネリ化してしまうケースもあります。その結果、同じ屋根の下に住みながらなるべくお互いに干渉しないように生活をするという家庭内別居につながっていきます。

家庭内別居が子供に与える影響とは

家庭内別居が子供に与える影響①常に人の顔色をうかがうようになる

子供は両親の心の動きや行動にとても敏感に反応します。家庭内別居のような状態になると、家の中の空気は常にピンと張り詰めたようた雰囲気になるため、子供もつい緊張しがちになってしまいます。

そうなると子供はこれ以上家庭の雰囲気が悪くならないように、両親の顔色をうかがい、常に気を遣うようになります。

このように子供が両親の顔色をうかがうようになってしまうと、本来は子供にとって安心できる場所であるはずの家庭が、いつも気を張りつめていなければならない辛い場所となってしまいます。

またこのようにいつも両親の顔色ばかりを気にしている子供は、学校など家庭以外の場所でも、常に他人の顔色を気にする性格になってしまうことがよくあります。

さらに、自分自身の考えや目標などをやりたいことなどを主張することが苦手になるケースもあるため、注意が必要です。

これは家で両親に気を使うあまりに、心を開いて自分のことや本当の気持ちを話せなくなってしまっていることが原因となっている可能性があるため、まずは一度子供の話をきちんと聞いてあげることが大切です。

家庭内別居が子供に与える影響②コミュニケーション能力が欠如する場合も

子供は自分の両親をお手本として、言葉や会話、また他人とのコミュニケーションの方法などを身に付けていきます。

しかし両親が家庭内別居をしている家庭で育った場合、夫婦の会話自体が極端に少ないため、どんな言葉で自分の気持ちを伝えればいいのか分からなかったり、相手の思っていることを察知する能力をなかなか習得することができません。

またケンカしている姿ばかりを見て育った子供は、ささいなことで怒りやすかったり、乱暴な言葉使いをする傾向があります。こうなると学校や他の人が集まる場所などで、思いがけず相手を傷つけてしまい、孤立してしまうことにもつながります。

またいつも難しい顔ばかりしている両親を見て育つと、楽しさや喜びをなかなか表に出せない子供になってしまうこともあります。

このように家庭内別居中は、子供のコミュニケーション能力を低下させ、他人とうまく会話ができなかったり、意思の疎通が取りにくくなってしまう可能性があるため注意が必要です。

家庭内別居が子供に与える影響③自己嫌悪に陥るようになる

両親が家庭内別居の状態である場合、会話もあまりないため家の中は何となく暗い雰囲気になっていることが多いと思われます。

そんな時子供は少しでも家庭が明るい雰囲気になるように、できるだけ笑顔でいたり、勉強を頑張って両親を喜ばせようとします。

しかしそれでも、家庭内別居が改善されず両親の様子に変化が見られないと「私の努力が足りないから両親の仲が悪い」と思い込んでしまう可能性があります。

さらに両親が子供のことを巡ってケンカしているのを見てしまった場合は、より自分を責めて自己嫌悪に陥るようになってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました