【免疫力を高めるために】自律神経とリンパの関係性とは?免疫力をつけ体調を整えるためには

皆さんは「自律神経」と「リンパ」をご存知ですか?言葉は知っているけれど、具体的にどんな役割を持っているかは分からないという方が多いのではないでしょうか。自律神経は内臓の働きを調整するための神経、リンパは体内を流れる体液の1つで、老廃物を運んだり免疫力を高める役割があります。この2つには実は大きな関わりがあるのです。今回はこの2つの役割・関わりについて詳しく解説します。

公開日:    最終更新日:

体における自律神経の役割とは?


https://www.instagram.com/p/BWWc4OXgnYy/?tagged=交感神経と副交感神経

自律神経は胃、腸の働き、血管、体温の調節などの働きをコントロールし、人間の生命維持に大きな役割を果たしています。運動神経をつかさどっている体性神経は自分の意志で動かすことができるのですが、自律神経は自分の意志で動かすことはできません。反射的、自動的に動くのです。そのため、意識しなくとも呼吸をし、胃は食べたものを消化し、汗をかいて体温を調節しているのです。自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り、この2つがバランスを取りながら働くことにより体は調子よく動くのです。交感神経と副交感神経の働きをそれぞれ詳しくみていきましょう。

目覚めているときに働く『交感神経』


https://model.foto.ne.jp/free/product_dl.php/cPath/24_251_247/products_id/300107

交感神経は昼間活動しているときに主に働きます。具体的に交感神経は、脳の血管を収縮させ、瞳孔を開き、心拍数を増やし、膀胱は弛緩し、汗腺は汗を出すようにはたらきかけます。そう、体を活動に備えさせるのです。朝目覚めて準備するとき、仕事・勉強しているとき、家事をしている時、スポーツをしているときには、交感神経がはたらいていているのです。また、ストレスを感じているとき、緊張しているときにも交感神経が活発になります。試験の時、先生や上司に怒られているとき、プレゼンの前など、人は緊張しますよね。このような時には交感神経も高まっているといっていいでしょう。

眠っているときに働く『副交感神経』


https://model.foto.ne.jp/free/product_dl.php/cPath/24_251_246/products_id/300030

副交感神経は、体がリラックスしているとき、眠っているときにはたらきます。脳の血管を拡張させ、瞳孔を閉じ、心拍数を減らし、胃腸の動きを活発にし、膀胱は収縮します。仕事を終えて家に帰ってリラックスするとき、食事をしているとき、お風呂に入っているとき、眠っている間などは副交感神経がはたらいています。副交感神経は体をリラックスさせ、その時に体は体の修復を行うのです。風邪をひいたときや疲れた時などゆっくり寝て、次の日にはすっきり元気なったということはありませんか?これは副交感神経のはたらきによるのです。
それで睡眠時間が短いと副交感神経の働く時間が短いので、疲れが取れない、体調がすぐれない、朝起きても疲れが残っているといった、体の不調が起きてしまいます。

体におけるリンパの役割とは?


https://www.instagram.com/p/BiSl87bl6j4/?tagged=リンパマッサージ

「リンパの流れをよくする」って、よく耳にしますよね。このリンパの正体はなんでしょう?リンパ管は血液と同じように、全身に張り巡らされています。その中はリンパ液が流れていますが、これには血しょうの一部、たんぱく質やブドウ糖、塩類、そして白血球の成分である顆粒球、単球、リンパ球などが含まれています。全身の様々なところには、リンパ管が集結しているところがあるのですが、これがリンパ節と呼ばれます。血液は心臓から送り出されると約40秒で全身を巡って、心臓へと戻っていきます。リンパ液は足先から鎖骨にある精脈角まで届くのに、なんと約8~12時間かかるのです。なぜなら血液とは違いリンパ液は、その人の筋肉の動きで流れていきます。そのため、かなりゆっくりとしたペースでリンパ液は流れているのです。当然筋肉を使わない人、例えばデスクワークの人やあまり動かない仕事の人は筋肉を動かす機会が少なく、筋肉の運動量が足らないのでリンパの流れが滞り、足のむくみ、冷え、疲労を蓄積しやすくなってしまいます。

リンパの役割とは?

血液と同じように全身を巡っているリンパ管ですが、その働きは大きく違うのです。リンパのはたらきは大きく分けて2つあります。
●細胞に不要となった老廃物や水分を回収して運ぶ
●ウィルスや病原菌に対する抗体を作り出す免疫機能
自力で流れていくことのできないリンパ液をスムーズに流れるようにするため、リンパに添ってマッサージをすることができます。これでリンパが滞りを防ぐことができますし、免疫力のアップにもつながるのです。

リンパが滞るとどうなるのか

リンパの流れが滞るということは、老廃物や水分が排出されにくくなるということなので、体がむくみます。体内に水分をため込んでしまうのです。また体から毒素が排出されませんので、肌荒れ、肩こりや頭痛、疲労といった症状が出てきてしまいます。免疫力も落ちますから、風邪をひきやすくなったり感染症にかかりやすくなります。そう、リンパ液の流れが滞ることは健康にも美容にもとっても良くないのです。

自律神経とリンパの関わりについて


https://www.instagram.com/p/BiS7vN3l8Vu/?tagged=ウォーキング

リンパにある免疫力とは?

リンパ液の白血球にはリンパ球と顆粒球(かりゅうきゅう)という2種類の物質が含まれています。どちらも体を守る働きをしているのですが、リンパ球はウィルスやがん細胞を攻撃し、顆粒球は細菌を攻撃します。この2つがバランスよく働いて体の免疫力を上げることができるのですが、白血球中にリンパ球35%、顆粒球60%、これが病気にかかりにくい数値であるといわれています。

免疫力と自律神経のかかわりとは?

このリンパ球と顆粒球のバランスと深くかかわっているのが、自律神経。交感神経が優位になった時には顆粒球が増えて体を感染症から守り、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えて細胞の入れ替え作業をすることがわかっています。自律神経の切り替えがきちんとできているときは顆粒球とリンパ球のバランスが保たれているのですが、自律神経が乱れてくると、顆粒球とリンパ球のバランスも乱れてきます。多いのが、働きすぎや人間関係など様々なことが原因で引き起こされるストレス。ストレスにさらされると、交感神経が優位になってしまい体が常に緊張している状態となってしまいます。こうなると顆粒球が増えてリンパ球が減ってしまいバランスが崩れるため、体の免疫力が低下してしまうのです。このようにリンパにある免疫力と自律神経は密接にかかわっているのです。

自律神経を整えて免疫力を上げる方法


https://www.instagram.com/p/BiN62P8HB2o/?tagged=ポジティブシンキング

関連記事