略奪愛にはどんな因果応報がある?関係性とやるべきこと3選

略奪愛はあり得るの?

彼女がいる人を好きになった、既婚者を愛してしまった。ドラマのような話ですが、現実にも十分あり得ます。

最初から彼女がいた、既婚者であることを知っていたけれど彼に対する思いを止められなかったというパターンもありますが、中には彼女や奥さんがいることを知らずに後から知ることもあり得ます。

知っていた・知らなかったどちらの場合でも、人のものを奪ったという事実がある以上、結果として略奪となってしまいます。

つまり、誰の身にも略奪愛はあり得るということです。

略奪愛と因果応報

「悪いことをすると、いつか自分に返ってくる」とよく言われますが、これこそが因果応報です。

略奪愛の場合、言ってみれば人の彼氏や旦那を横取りするということです。人のものを取った因果応報として何か自分に返ってくる、そのまま幸せにはなれないという考え方が略奪愛のイメージにあります。

では、略奪愛のイメージにちらつく因果応報には、どういったものがあるのでしょうか?

略奪愛と因果応報①すぐに別れてしまう

略奪した場合に良く言われるのが結局すぐに別れてしまうというもの。普通の恋愛よりも苦労してやっとの思いで手にした幸せも、長くは続かないという因果応報によるものと言えます。

理由の一つに、人の彼氏・旦那さんつまり「人のもの」を略奪することに対してスリルを感じて、恋愛感情が盛り上がっていたことが挙げられます。

もちろん、略奪した本人はそんな気持ちでなかったとしても、自分のものになった途端に彼に魅力を感じなくなったり、面白みを感じなくなるというのは良くある話です。

略奪愛と因果応報②他の女性に略奪される

人の彼氏・旦那さんを略奪して自分のパートナーにすることができたら、満足感や達成感を味わいます。でも、そんな幸せな時間もつかの間、今度は自分が略奪する身から略奪される側になることも十分考えられます。

自分が略奪される身になって初めて、人のものを略奪したことによる因果応報を改めて実感することになります。

略奪愛と因果応報③悪いことが起きる

因果応報は、恋愛にまつわることだけではありません。例えば、略奪した途端に彼が交通事故にあってしまったり、自分が病気になったり…。仕事がうまくいかないなどこれまでにはなかったトラブルに合うこともあります。

それまでは全く経験したことのないことが、略奪した途端に自分の身に降りかかると、「これは略奪した因果応報なのかな…」と感じても不思議ではありません。

トラブルに巻き込まれることが最初から分かっていたのだとしたら、略奪なんてしなかったのに…。そう思っても後の祭り。因果応報を体感することで略奪したことに対する罪の大きさを実感したという話も多いです。

略奪愛と因果応報④彼のことを疑ってしまう

略奪したということは、彼がこれまで付き合っていた彼女や奥さんを捨てて自分を選んでくれたということ。それ自体は選ばれた側として嬉しく感じるかもしれません。

でも、よく考えると、彼は彼女や奥さんを裏切った側の人間です。略奪した彼と幸せに過ごしていたとしても、どこかで「私以外の女と浮気しているんじゃないか」、「私のこともいつか裏切るんじゃないか」と疑ってしまいます。

それは、彼に裏切った過去があることを、身をもって知っているからです。

彼のパートナーから彼を略奪することはあなたが決めたとしても、過去を知っているだけに「私だけは大丈夫」とは思えず、略奪した後は不安な気持ちが離れることはありません。

略奪愛から因果応報になるのはなぜ?

タイトルとURLをコピーしました