部下を好きになってしまった…職場の部下への告白を成功させるコツ

そもそも職場内での告白は難しい…

まず覚えておかなければならないのが、職場内での告白は非常に難しいということです。

そもそも同じ職場なので告白をすることによって、仕事だけの関係ではなくなります。それは告白が成功しても失敗しても同じことが言えます。

特に社会人になるとそんな気まずい雰囲気になるくらいならば、告白しないで今のままの関係でいようとする人がほとんどです。わざわざ職場内にプライベートや恋愛を持ち込まず、仕事は仕事と割り切る人がほとんどです。

つまり、そう考えている人が多くいるということは、自分が部下を好きになったとしても部下も同じことを考えている可能性が高いということ。あくまでも上司と部下の関係を続けたいと思われているかもしれません。

そんな部下に対して告白をしようものなら、いい迷惑としか思われません。更には上司からの告白ということもあり、断り辛いと思わせてしまう可能性まで出てきてしまいます。

また、もう一つの問題点としては、たとえ部下と両想いだったとしても、仕事上では上司であり部下から告白をするのはなかなか勇気がいります。

部下は部下なりに『失礼かな?迷惑かな?』などと考えます。つまり、部下から告白される可能性は限りなく0に近いわけであり、ほぼ必ず上司から告白をする必要が出てきます。

そんな状況の中で、何とか告白を成功に導いて行かなければならないのです。

部下に告白しても大丈夫?気まずくならない?

職場で部下に告白をした場合、部下もあなたのことを好きでいれば迷惑ではありません。気まずい雰囲気になることもないでしょう。

しかし、当然ながら振られる可能性もあるわけで、振られた場合には気まずい関係になります。部下が気になるのは、『断った後の仕事への影響』です。

もちろん成功したい気持ちがあるのは分かりますが、部下の気持ちもしっかりと考える必要があります。

職場において部下は当然弱い立場にあります。上司からの告白だけでなく、勧めや誘いを断り辛いと感じている部下は多くいます。

もしもあなたが部下に告白をするのであれば、まずはそういった部下の懸念を払しょくしてあげることが大切です。たとえ振られたとしても仕事上の関係は今まで通りだよ、という雰囲気が相手に伝われば、相手も自分の気持ちに素直になってくれるはずです。

仕事でも恋愛でも同じであなたがしっかりとサポートしてあげれば、あなたの好意に部下も気が付き、告白しても気まずい雰囲気になることはありませんよ。

職場の部下への告白を成功させるコツ

職場の部下への告白を成功させるコツ①協力者を作る

職場の部下への告白を成功させる最大のコツは、協力者を作ることです。

職場内恋愛は、みんなに内緒でこそこそとするのは難しいということには、あなたも気が付いているはずです。それならば、こそこそ隠れてするような恋愛ではなく、協力者を介した恋愛をしてみましょう。

職場内恋愛では敵を作る可能性も高いので、協力者を選ぶのは慎重に行う必要があります。ポイントとしては、あなたとも部下とも仲がいい人が理想的です。

協力者がいてくれるだけで、あなたの社内恋愛はグッと成功率があがりますよ。まずは、好きな部下の友人などと仲良くなってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました