【旦那に離婚を切り出された】離婚はしたくない!どうすればいい?

スポンサーリンク

月日が経つと夫婦関係は変化していくもの

特に大きな変化はないけれど、平穏で幸せな毎日を送っていたと思ったら、ある日突然旦那から「離婚したい」と言われてしまったら、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。

実は以前は夫婦が離婚に至る場合、圧倒的に妻から離婚が切り出されることが多かったようです。しかし最近は、旦那から離婚を切り出されるというパターンが増えてきています。

また現代は結婚した夫婦の3組に1組は離婚する時代であり、長年連れ添った夫婦が離婚する、いわゆる熟年離婚の割合も年々増加傾向にあります。

つまり、離婚は対岸の火事ではなく、結婚生活を送る者にとっては誰にとっても身近なものとなっていると言えるでしょう。

とはいえ自分自身が当事者になってしまったら当然動揺し、ショックで何も言い返せないかもしれませんし、思いがけないことを口走ってしまうかもしれませんよね。

ただこれはあなたの人生にとって一大事であることは間違いないため、もし旦那に離婚を切り出された場合、離婚したくないのであれば原因を突き止め、対処していかなければなりません。

旦那に離婚を切り出された。原因はなに?

それでは、旦那に離婚を切り出された原因は何だったのでしょうか?

旦那に離婚を切り出された原因①性格や価値観の不一致

旦那に離婚を切り出された場合、理由として最も多く挙げられるのが性格や価値観の不一致です。夫婦は元々他人ですから、物事に対する感じ方や考え方が異なっていて当然であると言えます。

しかしそれが積み重なっていくと夫婦間の価値観にズレが生じ、やがてそれが離婚したいとまで思い詰める理由となってしまいます。

例えば、旦那が趣味として大切にしていたコレクションを妻が勝手に捨てるという行動もまさに価値観の不一致であり、そんなことが繰り返されることにより、離婚したいという気持ちが強くなるのかもしれませんね。

旦那に離婚を切り出された原因②義両親との不仲や介護問題

昔から嫁と姑の不仲などの夫婦間の問題は、離婚する理由として多かったですが、超高齢社会となったことにより、近年は親の介護問題が離婚の引き金になることも増えてきています。

例えば妻が旦那の親の介護に疲れて離婚を切り出す場合もありますが、最近は妻の親の介護に旦那が協力を求められることも多いため、そのことで夫婦関係がうまくいかなくなり、旦那から離婚を切り出す場合もあるようです。

旦那に離婚を切り出された原因③妻からの暴言や暴力

旦那からの妻への精神的、または肉体的暴力、つまりDVは社会的な問題となっていますが、最近は妻から夫へのDVも増加傾向にあります。

旦那は妻から言葉の暴力を受けても、自分が暴力を振るえば逆にDVを受けたと訴えられてしまうため、精神的に追いつめられ、離婚を決意する場合が多いようです。

旦那に離婚を切り出された原因④性生活の不一致

最近はセックスレスの夫婦はけして珍しくはありませんが、長い間妻から性生活を拒否され続けた結果、離婚を切り出すこともあるようです。

旦那は妻とセックスできないことで自分の欲求が満たせなくなりますし、またそれが妻への不満やストレスにもつながるため、思い詰めて離婚を考える旦那も多いようです。

離婚を切り出された場合、回避する方法はある?

タイトルとURLをコピーしました