彼の両親に結婚を反対された…説得する方法は?幸せな結婚はできる?

なぜ彼の両親に結婚を反対されたのか?

ある有名企業のアンケートによると「二人が結婚するにあたり、何らかの障害がありましたか?」という質問に、30%以上の男女が「あった」と回答しています。

つまり、結婚を決意したうち3分の1のカップルが、結婚に際して障害を経験したということになります。

さらに結婚に何らかの障害があったというカップルのうち、両親に結婚を反対されたことがあるとの答えが 20%以上にも上っており、こちらもけして低くはない数字であると言えるでしょう。

反対された理由としては、収入や職業、家庭の事情など理由はさまざまなようですが、まずはなぜ結婚を反対されてしまったのか、その理由を知ることが非常に大切です。

親にとっていくつになっても子供は子供ですから、結婚という人生の一大事に色々と意見したくなるのは、むしろ当然であると言えるかもしれません。

また結婚して夫婦になったら、息子の結婚相手は自分の義理の娘になり、今まで他人だった人が家族になるわけですから、やはりできれば自分達が納得できる相手と結婚してほしいとも思うでしょう。

ですからそんな両親の思いをくみ取り、なぜ結婚を反対されたのかその原因を探り、結婚に際しての彼の両親の不安材料を取り除き説得することが、とても大切であると言えます。

今後、彼の結婚に賛成してくれることはある?

今後、彼の結婚に賛成してくれることはあるのでしょうか?

結婚を反対されている理由を探る

もし彼の両親に結婚を反対されたら、むしろ反対されればされるほど、結婚したいという気持ちが強くなるかもしれません。

しかしこんな時こそ勢いに任せて行動するのではなく、将来自分達が幸せになるためには、どうしたら彼の両親が結婚に賛成してくれるのかを冷静に考えることが大切です。

もし彼の両親が結婚に賛成してくれることがあるとすれば、まず結婚を反対されている原因を知り、誤解や不安を取り除くことが先決です。その不安要素となっている原因をなくすことで、賛成してもらえる可能性が高くなります。

特に心当たりがないという場合でも、思い当たることは全て話し合って改善し、彼の両親を説得し結婚を認めてもらえるように務めましょう。

結婚を反対された原因が解決できたことを伝える

結婚を反対されている理由がはっきりしたら、まずはその部分を改善問題を解決できるように二人で協力しましょう。

そして問題が解決できたら、改善でき結婚するに際しての不安要素がなくなったことを、反対していた彼の両親に伝えるようにしてください。

どのように二人で努力して改善したかを真摯に伝えることで、もしかしたら反対していた両親も結婚に賛成してくれるかもしれません。

また一度改善したからには結婚後また同じことを繰り返さないように、二人で努力することも大切です。

結婚に反対している彼の両親を説得する方法とは?

それでは、結婚に反対している彼の両親を説得する方法をご紹介していきます。

彼の両親を説得する方法①まずは反対する理由を聞こう

彼の両親に結婚を認めてもらえなかった場合には、説得するにあたり、まずは結婚を反対する理由について、両親の意見をしっかり聞いておくようにしましょう。

結婚を反対している理由さえ分かれば、二人でそれを改善することができますよね。

例えば彼女の母親がシングルマザーで、ひとり親であることに不安を感じたことが結婚を反対する理由となっている場合は、彼女が母親とこれまでどれだけ頑張って生きてきたかを話したり、また彼女の母親に直接会ってもらい、人柄などを知ってもらうとよいでしょう。

今すぐに改善できない部分もあるかもしれませんが、結婚するために二人で協力し努力している姿を両親に見せれば、きっと結婚に賛成してもらえる日がくるでしょう。

彼の両親を説得する方法②将来についてしっかり計画を立てていることを伝える

タイトルとURLをコピーしました