彼氏を取られた…実はとても簡単!彼氏を取り返す方法

スポンサーリンク

彼氏を取られた状況①自分の女友達に彼氏を取られた

自分の女友達に彼氏を取られた、という話もよく耳にしますよね。

例えば彼氏やそれぞれの友人同士も交えて食事や飲み会をした際に、次は皆で出かける約束をして、LINEの交換するなどというのもよくあるシチュエーションです。

結局その後、自分の彼氏と女友達がこっそり二人だけでLINEのやり取りを始めて仲良くなってしまい、最終的に彼氏を取られたというケースもあるようです。

また女性の中には、そんなに相手のことが好きではなくても、友達や知り合いの彼氏を奪うこと自体に生きがいを感じるタイプの方もいるため、くれぐれも注意が必要です。

ですから自分の女友達と彼氏を会わせる際には、できればLINEのアドレス交換はさせない方が良いと言えるでしょう。

友達を信じたいという気持ちもわかりますが、人間の気持ちは日々変化するため、彼氏を取られたという悲しい状況にならないためにも、先手を打って女友達の発言や行動には常に注意を払っておいた方が良いよたいです。

彼氏を取られた状況②彼氏の同僚の女性に彼氏を取られた

彼女であるあなたと同じように、彼氏にとって身近な存在である彼の会社の同僚の女性にも注意を払う必要があります。

同じ会社でありまた部署も一緒ということであれば、毎日顔を合わせ仕事や人間関係についての相談をしているうちに、急激に仲良くなり彼氏を取られたというケースも考えられます。

また部署の送別会などの飲み会に一緒に参加し、酔った勢いで彼氏が同僚の女性の家に泊まってしまったなどというケースも実際にあります。

ですからそういう事態にならないよう、彼の会社の人間関係もあらかじめある程度把握しておくことも大切であると言えるでしょう。

彼氏を取られた状況③SNSで知り合った女性に彼氏を取られた

現在はSNSの急速な普及により、男女の出会いも多様化しています。中にはFacebookなどをきっかけとして知り合い、交際に発展しやがて結婚に至るカップルも少なくありません。

そんなSNSを通じて知り合った女性にいつの間にか気持ちが傾き、彼氏を取られたという女性も実は増えているようです。

彼氏のLINEは定期的にチェックしているという方でも、さすがにSNSのメッセージを全てチェックすることは難しいため、気がついた時にはすでに浮気されていて別れを告げられたというケースもあるようです。

SNSは相手と手軽にメッセージのやり取りができる大変優れた機能ですが、カップルにとっては時には脅威になる可能性があるということを十分に理解しておきましょう。

【体験談】取られた彼氏を取り返した女たち

20代 Oさん「結婚を考えていた彼氏が···」

Oさんとその彼氏は大学時代からの長い付き合いであり、どちらの両親にも紹介済みで、将来的には結婚すると確信していました。

Oさんと彼氏はそれぞれ別の会社で働いていましたが、ある時新入社員として彼氏の部署に一人の女性が入社してきました。

彼氏はその女性の教育係となり、業務について指導したり悩みの相談にのったりしていましたが、いつの間にか相手への気持ちが恋愛感情に変わり、浮気した上にOさんと別れたいと切り出してきました。

彼氏はとても真面目な性格で、まさか浮気されるなんて思っていなかったOさんは、彼氏を取られたことにひどいショックを受けました。

Oさんはしばらく様子を見ることに

タイトルとURLをコピーしました