更年期になって月経が頻発する…その原因と対策方法は?

更年期になると現れる症状の1つが頻発月経。生理が通常よりも短いサイクルできてしまう症状です。女性ホルモンの減少により起きる頻発月経ですが、日常生活に支障をきたすのはもちろんのこと、体調に悪影響が出る場合もあります。頻発月経の原因や対策方法、予防方法を知って、しっかりと対処していきましょう。

公開日:    最終更新日:

頻発月経とはどのような症状?

そもそも、頻発月経とは何でしょうか?


https://www.pakutaso.com

頻発月経(ひんぱつげっけい)とは一体何でしょうか。こちらは毎月くる月経の周期(整理開始日から次に生理が開始するまでの日数)が、24日以内短いサークルになっていることを言います。原因としては更年期やストレスによりホルモンバランスが崩れているか、卵巣の働きが落ちていると考えられます。

更年期による頻発月経であれば自然な現象と言えますが、若年層の頻発月経は近い将来で妊娠しづらかったり、流産しやすい可能性があるため、早めに病院で受診することをオススメします。治療が必要です。

頻発月経は、どんな症状でしょう?

サイクルが短くなっているため、最悪1カ月に2回生理がくる月も有ります。そうすると、生理による出血の頻度が増えるので、貧血になりやすいでしょう。元々貧血気味の人は、更に重くなる可能性が有りますので早く解決したいものです。

もし排卵の働きが落ち、排卵が起こっていない場合には、プロゲステロン(黄体ホルモン、エストロゲンと並ぶ女性ホルモンの一種)が上昇せず、子宮体癌のリスクとなる可能性が有ります。一度産婦人科で相談してみましょう。自分がどんな状況か知ることが、まず大切です。

更年期に起こる頻発月経


https://www.pakutaso.com

更年期に起こる頻発月経は、自然な現象と紹介しました。更年期による頻発月経は、悪化すると多量の出血が続いたり、頭痛や腰痛に長い間悩まされてしまいます。考えられる原因を改善していき、頻発月経を少しでも和らげましょう。

更年期による頻発月経の改善方法はある?

改善方法1:睡眠不足の改善


https://www.pakutaso.com

睡眠不足になると脳の働きが低下し、体内時計も崩れる事から、ホルモンバランスの乱れに繋がります。平日は仕事や家事で忙しいのは分かります。たまに「今週の休みの日は、普段寝られない分しっかり寝ます」という人がいますが、寝だめは意味が有りません。毎日しっかり睡眠時間を取ることが大切なのです。最低でも1日6時間は睡眠時間を確保して下さい。

改善方法2:低体温の改善


https://www.pakutaso.com

低体温は代謝が悪く、血の流れも悪くなり、生理不順や頻発月経の原因になります。女性は冷え症の方も多く、年を重ねるごとに体温が低くなったという方もいるでしょう。低体温になる原因は、ダイエットなどによる極端な食事制限や筋肉量不足です。1日に必要なカロリーは摂取し、軽い運動で筋肉量を増加させましょう。筋肉の7割はおへそより下にあるようで、スクワットなどの筋トレで足腰を鍛え、30分のウォーキングもオススメです。一度に30分歩かなくても、朝に15分、夕方や夜に15分でも良いので無理なく始められそうです。基礎体温の平均は36.5~37度と言われています。

改善方法3:喫煙習慣の改善

タバコは基本、体に良くない物です。やめるに越したことはありません。タバコに含まれるタールや一酸化炭素は、血管を収縮させる働きがあります。卵巣の血管が収縮することで、卵巣の機能が低下し、結果生理不順や頻発月経が発生する可能性が有ります。さらに喫煙は、更年期の症状までも重くするので、禁煙をオススメします!!禁煙をすることによって頻発月経だけではなく、その他の病気にかかるリスクも低くなります。

改善方法4:ストレスを溜め込まないようにする


https://www.pakutaso.com

更年期にも言える事ですが、頻発月経の大きな原因は「ストレス」と言えます。ホルモンはストレスに左右されやすく、ホルモンバランスが崩れると月経に影響を与えます。

まず1番に改善したいことは、ストレスを溜め込まないようにすることです。ストレスフリーにすることは、今の世の中難しい事でしょう。そこで、ストレスを感じたら上手にストレスを発散しましょう。女性の体はとても繊細です。心が不安定になると、体のバランスも崩れてしまいますので、自分を大切にする事が1番です。

更年期による頻発月経は普段からの予防で防ぐことができる!

1:規則正しい生活を心がける


https://www.pakutaso.com

関連記事