【秋に疲れた肌にならないために】夏の肌のお手入れ方法とは

猛暑の夏、肌は思いのほかダメージを受けている

今年の夏も猛暑が続き、体調面でも疲れがたまっているという人も多いでしょう。実は体調だけでなく、強い日差しを浴びたお肌もかなりダメージを受けています。

これから秋になり涼しくなって快適に過ごせるようになっても、適切な肌ケアをしておかなければ、肌が何となく疲れた感じになってしまい、老けた印象になってしまいます。

夏の肌ケアに大切なポイントとは

夏の肌のお手入れにかかせないポイントをご紹介します!

夏の肌ケアに大切なポイント①紫外線予防を徹底する

日差しの強い夏のお出かけには、大人の女性であれば日焼け止めを使うのは習慣になっている人が多いでしょう。自分の肌に合った日焼け止めを塗ることが、肌を守るためにとても重要になります。

ただ、外出する時は日焼け止めやメイクをしっかりするという人でも、家の中では日焼け止めを塗ることはない、という人はいませんか?

肌を守りたいのなら、日差しの強い真夏や残暑が厳しい時期は特に、家の中でも日焼け止めしっかり塗ることをおすすめします。

一日家の中で過ごすとしても、洗濯を干したり、ごみを出しに行ったりと短時間でも日差しを浴びることになります。そのため一日を通すと肌はしっかりと紫外線を受けているのです。

家の中だからと安心せず、朝、洗顔後は必ず日焼け止めを塗る習慣をつけることで、シミやシワの原因になる紫外線から肌を守ることができます。

夏の肌ケアに大切なポイント②夏に合わせた基礎化粧品選びを

夏の肌はべたつきが気になりますよね。化粧水や乳液もさっぱりとした使い心地のものを選びたいところ。お気に入りのブランドや何年も愛用している化粧品であっても、夏、汗をかきやすい時期にあなたの肌にあっているものだとは限りません。

自分の肌状態を見ながら、暑い時期の自分の肌にあった基礎化粧品を使うことも大切です。

夏は特に紫外線によるシミ予防効果の高い成分を配合した化粧品を選択するのもよいですね。

また洗顔は、夏はしっかりと汗や汚れを落とすために、きちんと洗顔料を使って行った方がよいでしょう。

年齢とともに乾燥が気になる人は、冬の時期は洗顔料など使わず、ぬるま湯で洗い流すだけでもよいとも言えますが、暑い夏は汗でべたつきが気になるので、さっぱりと汚れを洗い流し、その後、しっかりと化粧水や乳液で保湿を行うことも大切です。

夏の肌ケアに大切なポイント③特に強い紫外線を浴びた日はスペシャルケアを!

日差しの強い日に外出したり、外にいる時間がいつもより長かったりした日には、いつものお手入れに加えて、パックなどスペシャルなケアをするようにしましょう。

紫外線のダメージを受けている肌にはしっかりとしたケアをすることで肌トラブルを回避することができます。しかし、あまりにも日焼けし過ぎている場合は、かえって肌に刺激を与えることになるので、その場合は注意が必要です。

1枚ずつ個包装のパックであれば、たまに使用したい時でも衛生的に使うことができます。旅先などでいつもより外にいる時間が長くなり、紫外線を浴びたな・・と感じたら、入浴後はシートパックでしっかり肌に潤いを与えたいですね!

夏の肌ケアのために夏野菜を積極的に食べよう

夏の肌は、肌自体をしっかりケアすることも大切ですが、体の中に肌に効く栄養素を取り込むことが美肌に効果的だと言えます。

特に夏野菜には肌によい栄養素がいっぱい入っているので、積極的に食べるように心がけましょう。詳しくご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました