フレッシュな香りで癒しを♪パインのアロマオイルが持つ効果・効能

パインとはどのような植物?

パインとは松のことです。木材として使われているイメージが強い方も少なくないかもしれませんね。パインのアロマオイルはすっきりとしたさわやかなバルサム調の香りが特徴です。

今回はパインのアロマオイルを特集していきます。パインとのブレンドに適したアロマオイルも合わせてご紹介していくので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

パインの種類

一般的にパインは、非常に大きく30m以上にまで生育するマツ科の常緑針葉樹です。イギリスが原産ですが、現在ではヨーロッパ北部全域、アメリカ、カナダに広く見られています。

パインと呼ばれる精油にはいくつかの種類があります。ヨーロッパ・アカマツとも呼ばれるパイン・スコッチ、パイン・マリタイム、パイン・ブラックなど細かく分けると5種類ほど精油が使われています。中には取り扱いに注意が必要な種類も。

特にドゥオーフパイン(別名マウンテンパイン)は皮膚刺激性がかなり強いため、アロマテラピーで使用すべきではないといわれています。

また、パイン・スコッチなど葉や実からエッセンシャルオイルを抽出するものは安全なのですが、木部から抽出されるエッセンシャルオイルもあり、質が悪く、アロマテラピーでの使用には不適合。

似たような名前のエッセンシャルオイルがおおいので紛らわしいのですが、アロマテラピーに使用できるものであるかどうかを検証の上使用するようにしましょう。

パインのアロマオイルが持つ効果・効能

パインのアロマオイルはリフレッシュ効果が高いので、気持ちをすっきりさせたいときや、気分転換がしたいとき、頭をクリアにしたいときなどに使用するのに向いています。

パインのクリアな香りからは森林浴をしたいときのような効果が得られるため、気持ちが沈みがちで元気が出ないようなときに使うのもおすすめです。

また殺菌作用があるので、風邪や感染症予防に活用するのも良いでしょう。特に喉や鼻の諸症状を緩和させる効果が期待できます。

抗炎症作用もあるので、お肌が荒れてしまっていたりニキビができやすかったりする方の、お肌のケアに使うのもおすすめできます。

ただし敏感肌の方の場合刺激になってしまうことがあるので、あらかじめパッチテストを行うことをおすすめします。

シックハウス対策にも!

パインのエッセンシャルオイルは、すがすがしく心地よい芳香を持つ上に、優れた抗菌特性もあります。

寝る前にアロマランプでお部屋に香らせれば、気分をすっきりとリフレッシュすると同時に、お部屋の空気を浄化してくれるという効果も期待できるのです。

パインも含め、ウッディ系のエッセンシャルオイルのほとんどに、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを分解する極めて高い作用があることが、最近の研究で明らかになっています。

パインを含むマツ科のエッセンシャルオイルもヒノキ科の精油と並んで高い効果を確認。いろいろな場面で、エッセンシャルオイルを建材に混ぜてシックハウス対策に役立てる研究が始められているそうですよ!

お子様がいらっしゃるお家や、空気に敏感な方々はぜひパインのエッセンシャルオイルをお部屋で焚いてみてくださいね。

パインのアロマオイルの効果的な使用方法

パインのアロマオイルの効果的な使用方法をご紹介します。

基本の芳香浴

パインのアロマオイルの活用方法としては、基本は芳香浴がおすすめです。気分をすっきりとさせてくれるので、勉強や仕事の合間など、リフレッシュしたいときに香りを活用するのも良いでしょう。

芳香浴はアロマディフューザーやアロマライトを使用すると簡単です。そうしたアイテムがない場合でも、お湯を張ったボウルなどにアロマオイルをたらしたり、ハンカチやティッシュなどにしみ込ませたりするだけでも、芳香浴を楽しむことは可能です。芳香浴はとても気軽にできるアロマオイルの使用方法なので、ぜひ気軽に試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました