40~50代になり髪が抜け始めた…それは更年期による円形脱毛症かも!原因や治療法は?

「40~50代になって、頭の一部分に髪が生えなくなってしまった…」「いきなり髪の毛がごっそり抜けた」このような症状にお悩みの方はいませんか?もしかしたら、それは更年期障害による症状かもしれません。実は、更年期の女性の多くに円形脱毛症の症状があらわれると言われています。原因や予防方法を知って、しっかりと対策していきましょう。

公開日:    最終更新日:

更年期と円形脱毛症の関係性


https://www.flickr.com

更年期になると体の不調により、体と心の変化に悩みます。女性は40代半ばあたりから、更年期かもと感じるようになり、そんな中で髪の毛が抜ける事があります。全体的に薄毛になる抜け方をする人もいれば、ごっそりと円形状に抜ける人もいます。特に髪の長い女性は、薄毛や抜け毛には気付くのですが、自分では円形脱毛は気付きにくいでしょう。友人や家族に言われて初めて気づいたという人も、少なくないでしょう。円形脱毛症にも単発型と多発型がありますので、1つ円形脱毛を見つけたら、他にはないか家族に診てもらいましょう。

(単発型円形脱毛)
突然頭髪に円形や楕円の脱毛部分が出来る。脱毛症の中では多くみられるタイプです。頭髪だけではなく、眉毛や体毛に出る人もいるでしょう。約80%の人は1年以内に治ると言われています。ひどい時には次の多発型になってしまう可能性が有ります。

(多発型円形脱毛)
円形脱毛が2つ以上発生するタイプです。病院で適切な治療を行っていても、完治まで半年~2年掛かる人もいます。

更年期に起こる円型脱毛症の原因


https://www.flickr.com

円形脱毛症の原因1:更年期によるストレス

何事にも、ストレスは天敵です。更年期になるとホルモンバランスも崩れ、常にイライラしていたり、ちょっとしたことが不安や不愉快な気持ちに繋がったりします。自律神経や精神的に不安定になり、常にストレスを感じた状態で過ごしていると言えます。そのままでは髪の毛はどんどん抜け落ち、ショックを受け、それがまたストレスになると悪循環でしょう。

円形脱毛症の原因2:コラーゲンの減少

更年期は女性ホルモンが崩れています。女性ホルモン「エストロゲン」には、肌の潤いを保つコラーゲンを増やす働きがあり、若さを保っています。しかしこのコラーゲンですが、実は肌だけに良い物ではなかったのです。コラーゲンは髪にもいい影響を与えるもので、髪にコシがうまれるのです。ただ女性ホルモンが減っている更年期では、コラーゲンも減り、その結果髪が元気を失い、頭皮の健康も保てず、抜け落ちていくという現象が起こってしまいます。

円形脱毛症の原因3:更年期による血行不良

頭皮へしっかりと栄養を送るには、血行の流れが大切です。血液の中に酸素や水分、栄養を取り込みスムーズに運ぶことで頭皮にも行き渡ります。更年期にはストレスが溜まったり、腰や肩や首もこったりしますが、両方とも血管を主宿させ血行不良の原因になるのです。血行不良になり頭皮へ必要な栄養や水分が届かないと、脱毛へと繋がります。

更年期に起こる円型脱毛症の予防方法

予防方法1:趣味や楽しみを見つけ、ストレス発散をする


https://www.pakutaso.com

円形脱毛症の大きな原因は、ストレスです。更年期には特にストレスが溜まりやすいので、しっかりストレスを発散しましょう。誰かに話すだけでも、誰かと話すこともストレス発散になります。だから女性って、お茶や女子会が大好きなんです。何時間でも毎日でも話せるくらいで、話すことで「あースッキリした」となります。しかし更年期とは気分がふさぎ込みがちで、誰とも会いたくないと思っている人も勿論いるでしょう。その場合は無理して誰かに会って話す必要はありません。その行動が逆にストレスになってしまうからです。その時は、自宅や一人で出来る趣味を広げたり、楽しみを見つけたりして、自分なりのストレス発散をしましょう。縫物でも写真でも歌でも、1日1個好きな物を食べる楽しみでも小さな事でも良いのです。

予防方法2:脂質の多い食事を控える


https://www.pakutaso.com

揚げ物やお肉って何であんなに美味しいのでしょう。ついつい食べてしまいます。しかし揚げ物やお肉を食べすぎてしまうと、血液がドロドロになり血の流れが悪くなります。そうなってしまうと先程もお伝えしたように、頭皮へ栄養や水分が行き渡りにくくなります。健康的な頭皮にするためには脂ものを控えて、血液サラサラ効果のある食材を積極的に取り入れましょう。

予防方法3:甘いものを取りすぎないようにする


https://www.pakutaso.com

甘いものは疲れたときに良いですし、ストレスが溜まった時にも食べたくなるものです。しかし何でも食べすぎというのは良くないのですね。甘い物を沢山食べるということは、上白糖を沢山摂取するということです。上白糖は身体を冷やす作用が有り、冷えもまた血行不良の原因の一つです。甘いものが欲しくなった時は週に1回~2回で1回につき1個まで等と決めておくのも、一つの方法でしょう。後は、三温糖や黒糖を使って手作りのお菓子を食べるのも良いですね。沢山作ってお裾分けや、お茶会を開いてもダブルでストレス発散になってオススメです。

予防方法4:しっかり睡眠時間を取る


https://www.flickr.com

睡眠不足は自律神経の乱れ、疲労回復の妨げは勿論のこと、血行不良の原因にもなります。また睡眠不足によってホルモンバランスも乱れがちなので、十分な睡眠時間と質の良い睡眠を手に入れましょう。睡眠時間は最低でも6時間以上は取ることをオススメします。

関連記事