40~50代で痩せるのは更年期障害が原因かも。症状が悪化する前行いたい正しい対策

更年期になると女性ホルモンの減少により、太りやすくなってしまうと言われています。しかしその一方で、食欲が落ちてしまい痩せてしまうという方もたくさんいます。極端な体重の増減は身体にとって決して良いものではありません。特に、食欲が落ちて栄養が足りない状態は、他の病気を引き起こす原因にもなってしまいます。そうなってしまう前に、しっかりと対策をしていきましょう。

公開日:    最終更新日:

更年期で痩せやすくなってしまう理由とは?

更年期はデリケートな時期

https://unsplash.com/

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少することで起こる更年期。この時期は卵巣の機能が低下し始め、さまざまな身体の不調を感じます。日本女性の平均的な閉経の年齢は50歳を少し過ぎたころ。この前後5年の45~55歳くらいが更年期の目安です。

加齢にともない卵巣の機能が低下すると、同時に卵巣から出ているエストロゲンの産生が低下します。これまでと同じようにエストロゲンを出そうと脳の下垂体から大量の性腺刺激ホルモンが出るのですが、肝心の卵巣の機能が低下しているのでホルモンは分泌されません。それでも一生懸命、脳の下垂体はエストロゲンをつくれと指示を出し続けます。この一連の流れでバランスが崩れ、さまざまな不調があらわれてきます。
下垂体は自律神経や免疫もつかさどっているため、この混乱した状況が続くことで、自律神経や免疫の面での不具合も引き起こされます。

火照り、のぼせ、吐き気、めまい、睡眠障害や肩こりなどの身体的な症状だけでなく、イライラしたり急に不安になったり気分の浮き沈みが激しくなるなど精神的な面での症状もあり、慢性的に起こるととても辛い状態が続きます。症状の重さは個人差があり、しかもいつ終わるかわからないのが悩みの種です。

エストロゲンの働き

https://www.photo-ac.com/

更年期に減少するエストロゲンですが、そもそもどのような働きをしているのでしょうか。

エストロゲンは子宮内膜を増殖させて受精卵のベッドをつくるという大きな役割がありますが、女性の美をつかさどるホルモンとしても有名です。

思春期には丸みを帯びた女性らしい身体づくりのために働きます。自律神経を活発にして体内の機能をスムーズに働かせ体調を整えます。体調がいいと精神的な安定をもたらすことになり心にも良い影響を与えます。

自律神経が活発になると血流が良くなり、色つやの良いきめ細やかなキレイな肌になります。髪もツヤツヤになります。

このように女性の美を守ってくれる一方、女性の健康も守ってくれます。骨にカルシウムを蓄える、脳の働きを活発にしてうつやもの忘れを防ぐ、自律神経を安定させるなど、心身ともに健康を維持するためにもエストロゲンは日々働いてくれているのです。

更年期に体重が増えやすい理由

https://pixabay.com/

エストロゲンの働きの中でも注目すべきは動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、逆に過剰なコレステロールを処理する善玉コレステロールを増やしてくれるという点。この働きからエストロゲンは「痩せホルモン」とも言われています。

生理周期で考えても、エストロゲンが多い時期=卵胞期は精神的にも安定しダイエットも成果が上がりやすく痩せる時期です。逆に少ない時期はイライラしてむくみや体重増加がみられます。

更年期は痩せホルモンであるエストロゲンが減少している時期と同じ状態が長く続くのですから、これまでと同じ生活をしていたら太ってしまうのも当たり前のことです。さらに加齢にともない代謝が落ちていくことを考えると…。40代からは相当頑張らないと痩せそうにありませんね。

でもそんな更年期でも太らずに逆に痩せる人がいるそうです。どんどん体重が増えている人からすると羨ましく思えてしまいそうですが、これはこれで更年期の症状としてつらいものです。痩せホルモンが減少する更年期に、なぜ痩せる人がいるのでしょうか。

更年期に痩せる理由

https://pixabay.com/

一般的には太りやすくなるとされている更年期に痩せる理由。それは「食欲不振」です。消化器系に更年期の症状が出るパターンですが、健康的な痩せ方ではない上に、加齢と体重の激減が重なり実年齢より老けて見られてしまうこともありますので、女性としては避けたいところですね。

更年期障害のひとつに「自律神経の乱れ」があります。自律神経には活動的な交感神経とリラックスの副交感神経があり、これをうまく切り替えることにより人はさまざまな身体のバランスをとっていますが、更年期にはこのスイッチの切り替えがうまくいかなくなるのです。

副交感神経は心のリラックスだけでなく胃腸などの消化器系にも大きく影響しており、その働きをつかさどっています。更年期になると交感神経が優位に立ち、副交感神経が十分に働かなくなることがあります。そして「何だか食欲がない」「胃がむかむかして食べられない」「最近食べられなくなった」など食欲不振の症状があらわれ、痩せるのです。

またエストロゲンの減少により胃の粘膜も弱ってしまうためこういった刺激にも弱くなり、さらに食欲不振に陥ることになります。

食欲を抑えるのが大変だったくらいなのに、更年期の今は全然食欲がわかず、食べても美味しくない。そしてどんどん痩せる。更年期のそんな悩みを抱える人もいるのです。

更年期で太りやすい人と痩せやすい人の違いは?

食欲不振は影響力が大きい

https://pixabay.com/ja/

更年期障害による食欲不振は自律神経の乱れもさることながら、気力がなくなるという精神的な症状も影響しています。何をするにも気力がわかない、興味がなくなるといった無気力の症状が出ている人は「楽しいと思えること」を見つけてそれを実行することが対策のひとつです。美味しいものを食べると気分が変わりますし、食べ歩きに楽しみを見出して趣味にする人もいます。

でもその食事に楽しみがなくなれば、食べることは「ただ生きるための作業」に変わります。感動も喜びも食べたいという欲もなくなります。鏡で日に日に痩せる自分を見てますます気力を失い、食べたいという気持ちもさらに削がれていく。その繰り返しで痩せる一方なのです。

この場合は健康的な痩せ方ではないので、必要な栄養素が必要な分だけ必要なところに届かず、結果さまざまな面で影響がでます。

年齢とともに抵抗力も当然落ちてきますが、不健康に痩せると病気にかかりやすくなります。また、肌の乾燥やたるみが加速し老けて見られやすくなります。

私たちの身体は自分が食べたもので作られています。美と健康だけでなく生命維持に必要な栄養素を摂れなくなったら、私たちの身体はどうなるでしょう。更年期で痩せる人を簡単に「うらやましい」と言っていられないですね。

更年期の症状の出方も個人差が

https://www.pakutaso.com/

更年期を迎えて太る人・痩せる人の違いは、消化器系に影響が出ているかどうかという点がポイントです。こればかりは個人差があるので、どういった更年期障害が出るのか、出るまでわからないのが正直なところです。

更年期の症状の強弱にも人それぞれ違いがあります。症状を全く感じないで気づいたら更年期が終わっていたという人もいれば、寝込むくらい毎日つらい思いをしている人もいます。目に見えて著しく太る人・痩せる人はこの強弱に影響されていますが、同じ女性なのにどうしてこんなに違うのでしょう。

更年期の症状はエストロゲンの減少だけではなく、もともとの性格や生活環境などが関係してくると言います。たとえば、もともととても繊細でマイナス思考の強い傾向がある人。神経質でもともと小さな体調の変化をとても気にする人。仕事、家庭などで悩みやストレスの多い人。こういった人の方が更年期の症状は重くなりやすいのです。

自律神経の乱れなどから食欲不振に陥る人の中でも、軽い吐き気で済む人もいれば何年も不快感と闘いどんどん痩せる人もいますが、この症状の出方も先程のようなもともとの性格や生活環境などによって左右されています。

「更年期は老いの始まり」と言う人がいますが、この更年期を前向きにとらえられるかどうかも実は大きく影響しており、おおらかで明るい性格の方が更年期を楽に乗り切れるということがわかっています。

長く生きていればいつかは通過しなくてはいけない時期です。症状を我慢せずに早めに専門家に相談することで楽になることもありますよ。

関連記事