40~50代での物忘れや記憶力の低下は更年期障害が原因かも!対策方法はある?

「なんだか最近、物忘れが激しい…」「記憶力が悪くなった気がする」40~50代でこのような症状が出た場合、それは更年期障害である可能性が高いです。歳をとるにつれて自然と記憶力は低くなってしまうものですが、更年期にはより症状が重くなってしまいます。日常生活に支障をきたしてしまう前に、きちんと対策を行いましょう。

公開日:    最終更新日:

更年期と記憶力の関係性


https://www.flickr.com

最近物忘れが目立つなと自分で感じる事は有りますか?心配になりますし、自分が嫌になってしまいます。更年期が始まると物忘れが多くなる人もいますが、更年期と記憶力には、何か関係が有るのでしょうか。更年期で良く耳にするのは、女性ホルモンのバランスが崩れるという事です。実はこの女性ホルモン(エストロゲン)が、関係していると言われています。女性ホルモンが大きく揺らぐ更年期。更年期には、イライラしたり、気持ちがふさぎ込んだりと、不調に感じる事が出てきます。物忘れも更年期の症状の一つです。更年期の時期の女性なら普通に起こる事ですので、更年期のことで診てもらっている先生にも一度相談をしてみましょう。

更年期による物忘れの原因


https://www.flickr.com

物忘れの原因1:女性ホルモンが減少しているから

女性ホルモンと記憶力が関係していることはお話ししましたが、女性ホルモンはアルツハイマー病の原因となる物質(アミロイドβタンパク質)による脳の損傷から神経細胞を保護する働きが有ります。これは今ある脳の神経細胞を守るという意味だけではなく、新たな脳の神経細胞を生みだし成長させることにも女性ホルモンは必要なのです。

物忘れの原因2:脳への血の流れが減少しているから

女性ホルモンには血管の柔軟性を保ち、血の流れを促す作用が有ります。脳血流を増やし、脳の機能を活性化させるので脳への血の流れは重要だと言えます。しかし更年期に女性ホルモンが減少する事によって、血管が硬くなり更に脆くなるのです。更年期ではなくても、年齢を重ねるごとに「あれっ私最近なんだか忘れっぽくなったわ」と少しずつ物忘れの症状は出てきます。しかしこれは誰だって経験する事であり、そこに更年期が加わることによって、物忘れに拍車がかかってしまうのです。

物忘れの原因3:更年期障害による質の悪い睡眠

不眠は更年期障害の症状の1つです。ほてりなどで夜中汗をかいて目が覚める、なかなか寝付けない、眠りが浅くて夜中に何度も目が覚めてしまうということが起き、ぐっすりと眠れる日が少なくなります。女性ホルモンが減少することで自律神経が不安定になる事が、関係しています。

記憶力と、睡眠の質は関係が有るのですが、1日どのくらい眠れていますか?物忘れが進行し怖い時でアルツハイマー病になる可能性もゼロではありません。このアルツハイマー病の原因の物質アミロイドβが何故溜まるのかは今のところ分かっていないようですが、このアミロイドβが処理されるのは実は睡眠時なのです。日中に増えたアミロイドβを減少させるには、6時間以上の睡眠が必要です。そのためたっぷりと睡眠時間を取り、浅い眠りではなく質の良い睡眠を取ることが必要になります。

物忘れの原因4:更年期によるストレス

更年期ではイライラしたり、憂鬱な気もちになったり、心が不安定になりやすくなります。そんな不安定な心から、いつも以上にストレスを感じやすくなります。上手に向き合って発散できれば良いのですが、更年期ではふさぎ込みがちで、誰にも会いたくないという気持ちから外に出る事が減る人もいるでしょいう。それではずっとストレスが溜まったまま、どんどん追加されていくだけです。

人間の記憶の仕組みを少しお話ししましょう。出来事や新しい情報を整理するための海馬(かいば)という器官が、脳の奥に有ります。整理された情報は大脳に広がる大脳皮質に蓄積され、人間は記憶を繰り返していくのです。物忘れは海馬の神経細胞の数の減少や、機能の低下によって怒りますが、海馬はデリケートな器官です。血流が不足すると働きが鈍り、強いストレスを感じたりストレスが溜まった状態だったりすると壊れてしまう可能性が有ります。

更年期による物忘れの予防方法

物忘れの予防方法1:食事を改善してみる


https://www.flickr.com

物忘れの予防として、積極的に食べて欲しいものが有ります。それは青魚!!青魚には『DHA』と『EPA』という成分が多く含まれています。この2つの成分は物忘れの予防にとても必要です。まず『DHA』は、情報整理を担当する海馬に多く含まれる脂肪酸です。続いて『EPA』は、血の流れをスムーズにする成分です。脳に血液と酸素を十分に行き渡らせるためには必要で、とても大切です。2つの成分を摂取することで、海馬の働きをよくし、脳を悪い方向へ進行させることなく、良い状態の脳を保つことが可能になるでしょう。

また研究によると、これらを90日間摂取したことにより「即時記憶」と「注意・集中力」が改善したという結果が出たようなので、希望の光が見えてきましたね。魚を食べることが難しい人や苦手な人は、サプリメントで摂取するのも良いでしょう。

物忘れの予防方法2:適度な運動


https://www.flickr.com

年齢を重ねるごとに体を動かすことが億劫になり、自然と運動量が減ってしまいます。しかし運動をすることによって、物忘れを予防できます。運動をすると血流を促すので、必然と脳への血流も増加させるのです。また更に年を重ねた時、運動をしていない人より運動をしている人の方が認知力の低下が少しで抑えられています。激しい運動までは無理をしなくて良いですが、朝のウォーキングや、午後のお散歩など、歩く習慣を付けるだけでも効果的です。

物忘れの予防方法3:脳のトレーニングをする


https://www.flickr.com

脳のトレーニングとは、「考える・思い出す」ということです。「考える」というのはオセロですとか簡単なゲームをする、クロスワードパズルなんかも考えますので脳のトレーニングには良いでしょう。また本を読むのもオススメです。例えば小説であったら、読みながら主人公の気持ちや風景など考えるので脳を使います。「思い出す」というのは、例えば日記を付けてみるのも良いでしょう。夜にその日1日あった出来事を振り返ることが思い出すという事になり、脳をしっかり使います。また書くという作業が良いのです。この日記を付けるのは数年後、思い出にもなりますし、物忘れの予防にもなりますので習慣づけると良いでしょう。

物忘れの予防方法4:料理や家事は、なるべく自分で行う

関連記事