カウンセリングは誰でも受けられる!生きづらさに効果はある?

生きづらさを感じる…カウンセリングはどうしたら受けられる?

最近大人の発達障害・ADHD・HSPなど、さまざまな生きづらさに関するワードを目にする機会が増えてきました。

生きづらさや心のトラブルと聞くと、日本ではセンシティブなこととして表に出すことは少なかった傾向にありましたが、これだけネットなどでも知られるようになったということは、生きづらさ感じている人が多かったからなのでしょう。

生きづらさを軽減するための本なども多数出版されていますしね。

生きづらさを感じている時に、いろいろ調べてみると「カウンセリングを受ける」なんて話も出てきます。ただ日本って、どうしても心療内科、メンタルクリニックなどと聞くと行きたくない場所、自分には関係ない場所、簡単には行けない場所と、ネガティブに認識している方も多くって…。

これまでの教育で右に倣え・みんなと同じ・和を大事にということを学び過ぎて、個性を押し殺す生き方をしているからでしょうか…。

参考リンク:厚生労働省|まもろうよこころ

カウンセリングを受ける方法は2パターン!

生きづらさを軽減するためにカウンセリングを受ける方法は2パターンあります。

ひとつは心療内科で医師に生きづらさを感じていることについて相談して、医師の指示(合意)ありきで治療の一環としてカウンセリングを受ける方法。もうひとつは、民間のカウンセリングを受ける方法です。

大きな違いは、医療機関でカウンセリングを受ける場合は医師の判断が必要になる反面、民間であれば自分の判断で受診することが可能ということ。

自分に合いそうな方をチョイスする

どちらも目的はほぼ同じなのですが、この他にも、

  • カウンセリング費用が保険適応になるか否か
  • 投薬の有無
  • 公認心理士や臨床心理士の有無(民間カウンセリングでも資格を有するカウンセラーがいる場合もあります)

などの違いもあります。

生きづらさを感じて、カウンセリングに興味を持った時は、自分に合いそうな方をチョイスすると良いですね。生きづらさを本気で解消したいなら、心療内科を毛嫌いしないでください。欧米では心療内科やカウンセリングなんて、当たり前ですからね♪

参考リンク:厚生労働省|福祉・介護 公認心理士

生きづらさをなくしたい…カウンセリングで効果は期待できる?

カウンセリングの口コミや効果について調べてみると、ピンキリの情報が出てきます。

それにカウンセリングといっても、心理学的な意味で言われているものもあれば、スピリチュアル的な意味で言われているものもあったり、効果を期待できないと思う人もいたり、カウンセリングってうさんくさい…と思う人もいたり、そもそもカウンセリングに偏見がある人もいたり…。

実際のところ効果ってどうなのでしょう?

カウンセリングでは話すことがメイン!思考の癖を修正する

カウンセリングとひと言でいっても色んな方法があって、ワークなどに取り込むケースもありますが、基本的には、とにかく話すことを重視します。話していく中で、カウンセラーはその人の思考の癖を把握して、その生きづらさを感じてしまう原因となる、よくない考え方の癖を軽減していくのです。

生きづらさを感じるようになってしまう原因には、先天的なものもあれば後天的なものもありますからね。

後天的なものは大半が思考癖

後天的なものの場合は大半が自分の思考癖にあり、原因はトラウマ・育ち方・家庭環境など、本当にその人によってさまざまです。

カウンセリングを受ける人が話す内容・思考の方向性をみながら、カウンセラーが会話を通じて生きづらさを感じない思考に誘導していきます。時間がかかる作業ですが、この効果は絶大で、生きやすい思考を板につけていくことができます。

タイトルとURLをコピーしました