【年齢の壁を突破する!】50代での再就職を成功させるためのポイント

世間では「転職するなら30代のうちに」と言われています。もちろん、年齢は若いに越したことはありません。しかし、実力やスキルさえあれば、50代での転職も決して難しくはありません。今回は50代で転職を成功させるためのポイントについてご紹介します。人生は一度きりです、後悔しない道を選びましょう!

公開日:    最終更新日:

現実的に考えて、50代での再就職は可能?


https://www.pexels.com/photo/blackboard-business-chalkboard-concept-355988/

これまでの日本社会では、「転職するなら35歳まで」という定説がありましたが、最近では、50代にして再就職をする人が増えています。キャリアアップのために転職活動をする人もいれば、早期退職、リストラ、家庭の事情などさまざまな理由から、50歳で再就職を余儀なくされる人も多くいるのが現実です。

そのような中、「現実的に50代での再就職は可能なの?」と不安に思う方も多いかと思います。そこで、今回は、50代の方に、年齢の壁を突破し、再就職を成功させるためのポイントをご紹介します。年齢は若いにこしたことはありませんが、専門的な知識やスキルがあれば、決して難しくはないのです。また、50代の方でも採用されやすい職種や業種もあります。50代で再就職を考えている方は、今回の内容をぜひ参考にしてみて下さい。

50代での再就職に求められる能力・スキル

年を取るとどうしても、「体力が無くなってくる」や「古いやり方に縛られている」、「パソコン関係に弱い」、「扱いにくい」などのネガティブなポイントがあげられます。50代の再就職においても同じです。歳をとっているというだけで、20代、30代よりも劣って見られるてしまうことも多いのが現実です。

しかし、本当に転職したいのであれば、そのマイナスの考えや印象を逆転し、アピールポイントを用意する必要があります。50代だからこその、仕事で使えるポジティブなポイントについて考えてみましょう。下記にて、50代だからこそ持っているスキルや能力についてご紹介しつつ、50代の再就職中に求められるものについてご紹介します。

能力①:専門的なスキル


https://www.pexels.com/photo/person-writing-on-notebook-669615/

50代の男性に求められる能力は、「専門分野での知識やスキル」といえます。浅くたくさんの知識を持っているよりも、高い専門性が重視されるのです。約30年に渡りサラリーマンを努めていたのであれば、その期間に培った、知識やスキルが必ずあるはずです。

50代の再就職活動者に求められるものは、専門分野における知識です。何よりも、ベテランビジネスマンとして専門性が高いことです。

さらに、あなたの専門分野における豊富な知識に加えて、英語力やプログラミング、会計学などのスキルがあると有利になります。多くのスキルがあればあるほど、あなたの付加価値はどんどん上がっていくのです。

仕事を通して身に付く専門的な知識とは違い、英語などの普遍性のあるスキルは、自己の努力なしには身に付きません。50代でも決して遅くはありませんので、転職に役立つスキルの習得にもチャレンジしてみて下さい。

TOEICや英検、簿記検定などでもよいので、資格の取得を目指して、スキルをアピールするのも1つの手です。あなたが特別なスキルを身に付ければ、転職活動おいても転職後も、有利になりますよ。

能力②:ヒューマンスキル


https://www.pexels.com/photo/chairs-daylight-designer-empty-416320/

続いて求められる能力は、「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルとは、ビジネスマンに求められる人間関係を円滑にするための、テクニックでもあります。マネジメントを担うか否かに関わらず、ビジネスパーソンなら誰しも備えておきたい普遍的な能力とも言えます。 「統括する組織の業務が滞りなく遂行されるよう、個人や集団を導く能力」とも言い換えられます。一般的には、年を取れば取るほど、このヒューマンスキルは磨かれていくものと考えられているため、50代の転職活動者にはこの能力が求められます。

ビジネスを取り巻く環境は大きく変化している今日、現場を知るメンバーの意見を引き出し、適切にまとめるといったヒューマンスキルが求められます。また、多様化する個人の価値観を受け入れ、一人一人とじっくり向き合い、人となりを知り、受け入れることも大切です。そこから信頼関係が生まれ、結果的に柔軟な業務遂行が可能となるのです。

このような中、あなたが高度なヒューマンスキルを持ち合わせているのであれば、企業があなたを採用する確率は高くなることでしょう。

能力③:クレーム対応能力


https://www.pexels.com/photo/adult-blur-boss-business-288477/

続いての能力は、「クレーム対応能力」です。クレーム対応とは、企業の中の重要な業務として存在しています。

顧客を相手に物を売ったりサービスを提供したりする企業に属していれば、顧客からのクレームは必ず発生するものです。そのような企業でなくても、社内間でもクレームは存在します。つまり、企業で働いている以上、大小問わずクレームは発生するものなのです。

そのような状況の中、高いクレーム対応能力が求められます。なぜならば、クレーム対応に一度失敗してしまえば、企業や個人としての信頼度も落ちてしまうからです。しかし、50代の男性は、経験豊富なため、一般的な若手社員よりもこのクレーム対応能力が高いといえます。

仕事において、過去に大きな失敗をしたことがある方や修羅場をくぐり抜けた経験は、マイナスに見られるのではなく、むしろ経験豊かとプラスに捉えられ、企業側からも高い評価を受けます。あなたのクレーム対応能力をあなたの強みとしてアピールしてもよいでしょう。

能力④:コミュニケーション能力


https://www.pexels.com/photo/group-of-people-in-a-meeting-1080865/

当たり前ですが、仕事をする上でコミュニケーション能力は重要です。企業側も、あなたが十分なコミュニケーションを持っているかを必ず面接時にチェックします。

会社に属する以上、一人で仕事をするのではなく、チームや事業部、時には会社全体で助け合い業務を遂行していくものです。そのような中、コミュニケーション能力に欠けていると、成果を出しにくいのが現状です。

また、コミュニケーション能力とは、奥が深く、会話だけの能力ではありません。「相手の話を聴くヒアリング能力」や「相手を説得したり納得させたりする説得・交渉力」、そして「相手の長所や特徴を見極め、得意な分野で能力を活かす」なども含めて、コミュニケーションた能力といえるのです。

若手社員との差をつけるためにも、50代の男性であれば、約30年に及ぶビジネスライフで培った高いコミュニケーション能力を持っているはずなのです。あなたの高いコミュニケーション能力を採用者側にぜひアピールして下さい。

50代でも再就職しやすい職業は?

上記にて、再就職者に求められる知識やスキルにつて紹介しましたが、「具体的にどのような職種に再就職しやすいの?」と考えている方も多いかと思います。そこで、こちらにて、50代でも最就職しやすい職業についてご紹介します。ぜひ、今後の参考にしてみて下さい。

おすすめ①:介護・福祉関係の仕事


https://www.pexels.com/photo/action-adult-affection-eldery-339620/

最初にご紹介するおすすめの職業は、「介護・福祉関係」です。高齢化がどんどん進む日本社会において、介護・福祉関係の職業は需要が高まる一方なので、再就職しやすいのです。未経験・無資格からでも働くことができるのも、メリットとしてあげられる一方、キャリアを形成しやすいのも魅力です。

最初は、無資格からスタートし、その後経験と勉強を積みながら、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得していくと、キャリアアップも叶いやすいです。

介護職は体力的にも精神的にも大変なことが多いとマイナスのイメージが大きい仕事ですが、一方でやりがいを感じながら働ける仕事であります。

現場では40、50代も多く活躍しており60歳以降も勤務可能な施設も多くあります。また女性が活躍しているイメージの介護職ですが、近年は男性の介護士が増加する傾向にあり、男女共に活躍の場が広い職業なのです。あなたの再就職先リストに、介護・福祉関係の仕事を検討してみるのはいかがでしょうか?

おすすめ②:警備関係の仕事


https://www.pexels.com/photo/road-nature-trees-branches-38537/

関連記事