絶対に観るべき!何度観ても感動の恋愛名作洋画10選

いつ見てもドキドキできる名作恋愛洋画♪

恋愛映画を観ると、しばらくはその世界観に浸ってしまうものですよね。洋画の名作ともなれば、日本ではありえないようなシチュエーションや女性が憧れる甘い言葉がたくさん出てくるものです。洋画ならではのセリフは、女性なら一度は言われてみたいもの。

新作の恋愛洋画も良いけれど、少し昔の恋愛映画も素敵ですよ。また、タイトルは聞いた事がある、以前から観てみたいと思っていたなど、この機会に恋愛洋画の名作を鑑賞してみるのもおすすめです!恋愛映画には、切なさ、憧れ、共感できるものがたくさん詰まっています。

最近ドキドキしていない方も、恋愛洋画を観れば素敵な恋をしたくなってしまうかも知れませんよ。

人生で一度は観るべき名作恋愛洋画10選

それでは、人生で一度は観るべき名作恋愛洋画を10選ご紹介します!

人生で一度は観るべき名作恋愛洋画①恋人たちの予感

 

この投稿をInstagramで見る

 

kenken(@kenkenblogmovie)がシェアした投稿

ある男女の11年にわたる愛と友情を描いています。出演はビリー・クリスタルとメグ・ライアン。原題は「When Harry Met Sally…」。制作・監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーです。主題歌はジャズのスタンダード「It Had To Be You」のフランクシナトラ版。この曲が映画にぴったりなんです。

男女の友情はありえるのか?友達以上だけど恋人ではない二人の関係の行方を見終わった後、何とも言えない幸せな気持ちになれる恋愛洋画の名作です。キュートなメグ・ライアンが可愛い大人の女性を見事に演じています。

(あらすじ)

77年のシカゴ。大学を卒業したばかりのハリー・バーンズ(ビリー・クリスタル)とサリー・オルブライト(メグ・ライアン)は、NYへ引っ越しするために車で相乗りすることになります。軽いタイプのハリーに対して生真面目さを持ち合わせているサリーは、映画「カサブランカ」の結末の受け取り方の違いから言い争いに。

それから5年後、再会した2人はお互いの名前を覚えていたことに驚きますが、飛行機の中でまたしても口論に。さらに5年後、離婚寸前のハリーと恋人との別れから立ち直ろうとしているサリーが再会します。これを機会に2人は友達同士になっていきます…。

人生で一度は観るべき名作恋愛洋画②イルマーレ

スピード以来、12年ぶりの共演となったキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック主演の大ヒット・ファンタジー・ラブストーリーです。

原題は「The lake house」。ポール・マッカートニーが歌う「This never Happened Before」をバックに2人が抱き合って踊るシーンは最高にロマンティックです。時を超えた幻想的な恋愛洋画の名作を観たい人におすすめです。

(あらすじ)

シカゴの大学病院で働くために、お気に入りの湖畔の家を引き払うことになったケイト(サンドラ・ブロック)。彼女は新たな勤務先のあるシカゴへ引っ越すことになり、手紙の転送をお願いするために次の住人宛てに置き手紙をポストに入れていきます。

しかし、その手紙は魔法のようなタイムスリップによって2年前の住人アレックス(キアヌ・リーブス)のもとへ届きます。2人はその日から文通を始め、人生や恋について語り合っていきます。いつしかお互いがかけがえのない存在になっていきますが…。

人生で一度は観るべき名作恋愛洋画③きみに読む物語

2005年に公開されたニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した正統派の青春ラブ・ロマンスです。身分違いの若い男女の愛の軌跡が、ある老人の回想を通して語られていきます。切なくて泣ける名作恋愛洋画ですが、とても感動的で素敵な物語です。

(あらすじ)

療養施設で暮らしている初老の女性(ジーナ・ローランズ)は、アルツハイマー病により過去の思い出を失っています。そこへ、デュークと名乗る男性(ジェームズ・ガーナ―)が定期的に通ってきて、彼女に「恋の物語」を読み聞かせます。

物語は1940年代のノース・カロライナ州シーブルック。家族とひと夏を過ごすためこの地にやって来た良家の子女、17歳のアリ―(レイチェル・マクアダムス)と材木工場で働く地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)が恋に落ちる話。実はこの物語は…。

タイトルとURLをコピーしました