スポンサーリンク

「らしさ」の意味・多様性とは?価値観を広げて人生を豊かに! 

スポンサーリンク

多様性とは?「らしさ」を考えるとわかる自分の価値観

「多様性とは?」と聞かれて、自分の意見を答えられるでしょうか。最近メディアなどでもよく使われるようになった「らしさ」という言葉は、多様性とはなんぞや?と考える上でも大変重要なことです。

また、「らしさ」を考えるということは、自分の価値観を知るチャンスにもなります。大きな意味で、多様性とは、人間力・キャパをも測れることでもあるのです。たとえば、LGBTなど、日本ではまだ結婚が許されていませんよね。

参考:経済産業省|ダイバーシティ経営の推進について

多様性とはLGBTのみの話ではない

最近では心のトラブルや先天的なトラブル(大人の発達障害、HSP)などもよく耳にするようになり、社会に出て「自分らしさ」に戸惑う人も増えています。そんな人たちに出会ったら、あなたはどう感じるでしょう?その答えがあなたの価値観です。

自分の中の普通と思う価値観と、他の人の普通と思う価値観は違います。そういったことを知ることで、自分の心の枠・価値観を広げる機会にしてください。

参考:サワイ健康推進課|「大人の発達障害かも?」と思ったら

多様性とは人種的・個人的な価値観にも関係する

日本では人種に対する差別などは海外ほどなく、実感がわかないこともあるかもしれませんが、多様性とは人種・民族・宗教なども含まれます。日本でも出身地などから差別的な習慣はあったとはいえ、海外の人種差別とは少し異質です。

他にも、多様性とは育ちや嗜好など個人的な意味もあるのですが、その「らしさ」をすべて受け入れる価値観をお持ちの方は少ないのかもしれません。

多様性を考える前に…「らしさ」の価値観の根源を知る

そもそも、多様性とは?と考える前に、まず「らしさ」という概念について考えてみましょう。

多数のメディアやSNSなどで「自分らしさ」について取り上げられていますが、自分らしさ自体がわからない人って世の中にはたくさんいるんですよ。なぜなら価値観の大半は家族などの環境によって決まるものもあるから。

親から学んだこと・環境ゆえに学んだことがあなたの価値観の土台になっています。少し踏み込んで考えてみましょう。

「女なんだから」「年上なんだから」という価値観

タイトルとURLをコピーしました