【40代からの再婚生活のリアル】知っておくべき心構えとは?

スポンサーリンク

40代での再婚は珍しいことではない

近年はライフスタイルの多様化から、結婚する年齢も多岐に渡っており、40代はもちろん、50代で結婚を経験する人というのは決して珍しい存在ではなくなっています。

テレビのニュースや雑誌を見ても、40代、50代の芸能人が初めて結婚を経験、あるいは再婚したという報道も頻繁に目にできるほどです。

40代だからといって結婚をあきらめることはない!

確かに一昔前だと、早い人は高校を卒業した10代、遅くても20代後半には結婚しているというパターンが一般的だったかもしれません。

今となっては本当に失礼な話ですが30代で未婚だと、売れ残りだと揶揄する人も少なからずいたのも事実です。ましてや、40代で結婚、あるいは再婚するというのは考えられませんでした。

また、20代、30代で結婚をしたのにも関わらず、その後離婚しバツイチとなってしまうと、親族や周りの人からの偏見から肩身を狭い思いをした人も多いのではないでしょうか。

昔だと、20代で結婚し子供を作り、家庭を持ちながら1つの会社で定年まで働くというライフスタイルが良くも悪くも理想的な人生のレールとされてきました。

離婚してそのレールから外れてしまった人は、どうしても白い目で見られてしまった時代もあったのです。

結婚という選択肢は必ずしも王道ではない

しかし、現在では結婚という選択肢は必ずしも王道ではなくなりました。離婚件数も、3組に1組のカップルが離婚していると言われており、バツイチという人も珍しくなくなりました。

そして、それに伴って増加しているのが、40代バツイチの人の再婚です。

昔はアラフォーの人が再婚するということは一般的ではありませんでした。

しかし、離婚件数が増え、バツイチの人やシングルマザー・シングルファーザーへの偏見というのもだいぶ改善しました。そのため、40代の人でも、初婚の方と結婚するというのは多くなってきているのです。

40代の離婚・再婚件数

2015年度の厚生労働省の人口動態統計の調査で、40代の離婚率・再婚率のデータがあります。はじめに40代の離婚率のデータについて紹介します。

男女共に35歳から44歳のアラフォーと呼ばれる年齢の間に、およそ33%の夫婦が離婚しています。40代の男性の場合、40歳から49歳の離婚率がおよそ28%という値となっています。

一方、女性の場合でも30代後半が離婚のピークですが、40歳から49歳の人の約27%の人が離婚を経験しているのです。

また、40代の再婚率も年々増加しており、2015年には40歳から49歳で、男性の場合はおよそ30000件、女性の場合は20000件の再婚が行われ、離婚数のおよそ半分の人が再婚をしているという調査結果があります。

さらに、1年で結婚したカップルのうち、3組に1人はなんと再婚のカップルとなっているのです。

このように日本では再婚率は上がっており、40代の女性でも結婚をあきらめる必要はありません。平均寿命が上がっている今の時代、40代から生涯をともにするパートナーを探すのも良いでしょう。

以前の結婚で得た経験や失敗を糧にして、胸を張って再婚へと歩みだしましょう。

40代での再婚は幸せになれる?

40代の再婚ならではのメリットもある

3組に1組の結婚が再婚カップルとされている現代において、40代の再婚でも幸せに暮らしている人は大勢います。決して40代だから、バツイチだからと引け目を感じることもないんですよ。

また、離婚や再婚、シングルマザーも珍しくなくなったことで、一昔前のような周囲からの偏見もほとんどありません。専門のサポートも行政・民間問わず増加傾向にあるので、周囲からの助けも得やすくなっています。

そして何より、40代での再婚は、20代・30代の結婚との時には持っていなかったメリットもあるのです。

タイトルとURLをコピーしました