集中したい時におすすめ!集中力を高めるアロマ12選

集中したいけどできない・・そんな時ありますよね?

「勉強や仕事に集中しないといけないのに、気が散漫になってしまって、うまく集中できない……」そんな日ってありますよね。

今回は集中力をしっかり発揮したいときにおすすめしたい、アロマオイルをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

アロマの知られざる効果

アロマオイルには、心身に作用する様々な効果があります。

気分を安定させたり集中力をアップさせたり、リラックス効果をもたらしたり……と、効果・効能はアロマオイルによって様々です。その時の体調や欲しい効果などによって、選ぶようにすると良いでしょう。

今回は集中力をアップさせるのに効果的なアロマオイルに絞ってご紹介していきます。

集中力アップ効果のあるアロマのおすすめの使い方

集中力アップ効果が期待できるアロマオイルのおすすめの使い方は、芳香浴です。芳香浴は集中力を高めたいときに限らず気軽に行うことができるので、アロマオイル初心者の方にもおすすめ。

アロマディフューザーやアロマライトなどの専用のグッズがあれば一番良いですが、そういったものがなくても芳香浴は可能です。ハンカチやタオルにしみ込ませたり、お湯を入れたカップなどに数滴たらしてみたりしてください。

ハンカチなどにアロマオイルを染み込ませるやり方なら、自宅ではもちろん出先などでもアロマオイルを気軽に楽しむことができます。

仕事場で集中力を高めたい場合には、あらかじめ集中力アップ効果が期待できるアロマオイルをたらしたハンカチなどをバッグに入れておくと良いでしょう。

そうすればどこでも集中力を高める効果がほしいときにアロマの力を借りることができますね。

集中力アップ効果のあるアロマ12選

さてここから、集中力アップ効果のあるアロマ12選をご紹介します!

集中力向上にぴったりのアロマ【ペパーミント】

ペパーミントは数あるアロマオイルの中でも定番のものなので、アロマ初心者の方にもおすすめです。スーッとした清涼感あふれる香りが特徴で、他のアロマオイルとのブレンドもしやすくなっています。

気持ちをすっきりリフレッシュさせたいときや、集中力をアップさせるのに効果的なアロマオイルなので、勉強やお仕事のお供として、活躍させてみてはいかがでしょうか。

また清涼感があり体温を下げる効果があるため、身体のほてりが気になるときや、夏場の使用もおすすめできます。

肌に塗布する場合には少量に

ただし体温を下げる効果がある分、お肌に塗布する場合には、少量にとどめるようにしてください。また敏感肌の方の場合は刺激になることがあるので、あらかじめパッチテストを行うようにすると良いでしょう。また妊娠中の使用はNGなので、妊娠の可能性がある場合には十分気を付けてください。

集中力向上にぴったりのアロマ【レモングラス】

レモングラスは、レモンに似たすっきりとしたフレッシュな香りが特徴のアロマオイルです。鎮静効果とリフレッシュ効果があるので、気持ちが高ぶってしまっていて集中力がしっかり発揮できないようなときや、頭をすっきりさせたいときに使うのがおすすめです。

先にご紹介したペパーミントのアロマオイルとの相性も良いため、ブレンドして使用するのも良いでしょう。

血流を促進する効果もあるので、冷え性で悩んでいる方や、むくみが気になるようなときに使用するのにも適しています。

レモングラスは作用が比較的強めのアロマオイルなので、濃度や量には気を付けて使用するようにしましょう。また妊娠中の場合は、使用を避けるようにしてください。

集中力向上にぴったりのアロマ【ユーカリ】

ユーカリは、ぴりりとした辛みと清涼感のある香りが特徴のアロマオイルです。ユーカリには「ユーカリ・グロブルス」「ユーカリ・ラディアータ」「ユーカリ・シトリオドラ」の3種類があります。

ユーカリ・グロブルスは、ユーカリの中で最もメジャーなものになります。殺菌効果が高いので、風邪やインフルエンザなどの予防に使うのもおすすめ。またシャープな香りには頭の働きを明晰にする効果や集中力を高める効果も期待できます。勉強や仕事にしっかり集中したいときに使用すると良いでしょう。お部屋全体に焚けば、空気もさっぱりします。

アロマオイル初心者や作用が強いが苦手な方におすすめ

ユーカリ・ラディアータは、ユーカリ・グロブルスよりも作用が穏やかなので、アロマオイル初心者の方や作用が強めのものが苦手な方におすすめです。気持ちをすっきりとさせる効果が期待できるので、集中力をアップさせたいときにはもちろん、気持ちがふさぎこみがちな日に使うのも良いでしょう。抗炎症効果もあり、花粉症や風邪の諸症状を緩和させる効果も期待できます。

ユーカリ・シトリオドラは、「ユーカリ・レモン」と呼ばれることもある、レモンに似たフレッシュな柑橘系を思わせる香りが特徴です。ユーカリ・グロブルスやユーカリ・ラディアータとはやや作用が異なり、鎮静作用や気持ちを前向きにする効果が期待できます。

気持ちが鬱々としてしまって集中できないようなときに使うと良いでしょう。またユーカリ・シトリオドラの主成分であるシトロネラールは虫が嫌うため、防虫効果もあります。

ユーカリのアロマオイルは妊娠中の使用は避けるようにしましょう。またお肌の刺激になることがあるので、敏感肌の方は濃度や量に注意したり、初めて使う際にパッチテストなどを行うようにしたりしてください。

タイトルとURLをコピーしました