【リックスしたい時に】リラックス効果の高いアロマ10選

リラックスしたい時はアロマの力をプラス!

アロマがリラックスするのに効果的なのはご存じの通り!

今回はリラックス効果をしっかり発揮したいときにおすすめしたい、アロマオイルをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

リラックス効果のあるアロマオイル:ラベンダー

ラベンダーはリラックス効果や安眠効果があることで知られているアロマオイルです。数あるアロマオイルの中でもかなりメジャーなものになるので、アロマオイルにあまり詳しくないという方でもご存じの方は多いのではないでしょうか。甘くハーバルな香りは親しみやすく、ほかのアロマオイルとのブレンドもしやすいです。

ラベンダーは心身をリラックスさせる作用に優れているので、一息ついて休憩したいときや、なかなか寝付けないときに使用するのがおすすめです。反対に車の運転前など集中しなければならないシーンでは使用を控えるようにしてください。

またラベンダーのアロマオイルには殺菌効果もあるので、ニキビや肌荒れなどのケアに使うこともできます。芳香浴・アロマバス・スキンケア……とマルチに使うことができるアロマオイルなので、一本持っておくと何かと重宝しますよ。アロマ初心者の方にもおすすめです。

リラックス効果のあるアロマオイル:オレンジスイート

オレンジスイートもリラックス効果のあるアロマオイルとして知られています。甘いオレンジの香りはとても馴染みやすく、シングルでは使いにくいと感じるアロマオイルとのブレンドにも重宝しますよ。そこまで作用が強すぎないので、アロマ初心者の方や子どもにもおすすめです。

オレンジスイートのアロマオイルには血行を促進させて身体を温める効果もあるので、バスタブに数滴たらしてアロマバスを作り、夜にゆっくりと浸かるのも良いでしょう。アロマの効果はもちろんですが、バスタブにしっかり浸かることは安眠につながります。じんわりと身体をあたためたいので、ややぬるめの37~39℃くらいのお湯にゆっくり入ってみてください。

ちなみにオレンジスイートは柑橘系アロマオイルの中では光毒性は低めであると言われていますが、念のためのオレンジスイートのアロマオイルを使った直後に日光に当たるのは避けるようにしてください。またお肌に塗布すると刺激になる場合があるので、敏感肌の方は注意してください。

リラックス効果のあるアロマオイル:イランイラン

イランイランのアロマオイルは緊張や不安感を取り除き、ゆったりとした気持ちに導いてくれる効果が期待できます。甘くて濃厚なうっとりとする香りが特徴で、多幸感をもたらしてくれる効果も。なお香りが濃厚な分少量でもしっかりと香りを感じるため、使用量には注意するようにしてください。

さらにイランイランにはホルモンバランスを整える作用もあるので、生理痛やPMSなどの女性特有の不調を緩和させる効果も期待できます。更年期のいらいら感などにも。ただし女性ホルモンに作用する効果があるため、妊娠中の使用は避けるようにしてください。運転前など、集中力が必要になるときにも使うのはやめておくのが賢明です。

リラックス効果のあるアロマオイル:ネロリ

ネロリのアロマオイルはビターオレンジの花からとられるだけあって、柑橘系とフローラルを合わせたような香りがします。甘すぎないので使いやすく、香水などにもよく使われます。なおネロリは花から抽出されるため、ほかの柑橘系アロマオイルのように光毒性はありません。

ネロリは心を落ち着かせてくれる作用があるので、ストレスがたまってしまっているときや疲れているときはもちろん、心が安定しないと感じるようなときに使うのもおすすめです。またストレスや自律神経の乱れによる心身の不調(胃痛や頭痛など)の症状を緩和させる効果も期待できます。

ネロリは香りが強めのアロマオイルなので、量や濃度に気を付けて使うようにしてください。最初は少量から試すようにすると失敗が少ないですよ。

リラックス効果のあるアロマオイル:カモミール

カモミールはアロマオイルよりもハーブティーのイメージを強く持っている方も少なくないかもしれませんね。青りんごに似た香りが特徴のカモミールは高いリラックス効果があるところが特徴で、精神的に安定させてくれる効果も。ストレス由来の頭痛などの症状を緩和させる効果も同時に期待できます。

さらにカモミールには抗炎症作用も期待できるので、スキンケアに活用することもできます。お肌が荒れてしまっているときなどにケアに。新陳代謝を高める効果もあるのでエイジングケアなども期待できます。

カモミールは初心者でも使いやすいアロマオイルですが、香りが強いので高濃度で使わないように気を付けてください。またしっかり集中力を発揮しなければならないようなシーンでの使用も避けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました