【アロママッサージの資格】資格の種類と取り方を徹底解説!

アロママッサージの仕事するのに資格は必要か?

結論からいうと、アロママッサージの仕事するのに資格はなくても問題ありません。必要な国家資格などもありません。

しかし、マッサージを行うことは日本では、医療行為にあたりますので、国家資格が必要になります。基本的に「あん摩マッサージ師」や「柔道整復師」などの国家資格を持つ人しか行うことができないことになっています。

したがって、国家資格がない「アロマセラピスト」が「アロママッサージ」という言葉を店名などに掲げることはできません。

あくまでも、「アロママッサージ」とは、アロマオイルを使ってお客様に癒しを提供する、という位置づけになりますので、そこはしっかりと理解しておくようにしましょう。

資格を持っていることが証明になる

また、個人でサロンを開業するのにも必要な資格はありません。もちろん、自宅などでサロンを開く場合は、開業届を提出する必要がありますが、それだけでサロンのオーナーになることも可能です。

しかし、アロマの資格を持っていることが、しっかりとした実力を身につけたセラピストの証明になるのは間違いありません。

アロママッサージを受けに訪れるお客様に安心して来ていただき、信頼して施術を受けていただくためには、やはり資格の取得はしておいたほうがよいと言えるでしょう。

そして、アロマの仕事につきたいと考える人は、資格をとるだけで満足するのではなく、技術力をしっかり身につける必要があります。

一度だけではなく、リピートしてお客様にきていただくためにも、お客様に芯からリラックスしていただけるような技術力を身につけたセラピストになる必要があるのです。

アロママッサージの資格の種類一覧

それでは、アロママッサージの資格の種類を紹介していきます。

アロママッサージの資格①アロマテラピー検定(AEAJ)

アロマを趣味で楽しみたいという人やアロマ入門者におすすめなのが、「アロマテラピー検定」です。

特に仕事にいかしたい、という考えはなく、家族や友人などにアロママッサージを行って癒してあげたい!という人にはよい資格だといえます。

また、アロマの仕事は気になるけど、まだほとんど知識がないという人も、まずチャレンジするのにはよい資格だと言えるでしょう。

日本では最も知られているアロマの資格で、1級、2級とありますが、合格率が90%と高く、合格しやすい資格となっています。

[公式]第48回アロマテラピー検定 AEAJ(公社)日本アロマ環境協会
受験者53万人突破の人気資格!試験日は2023年5月14(日)、申し込み受付は2023年3月6日(月)まで

ただ、アロマに関する仕事につきたい、という人は、さらに別のアロマの資格を目指す必要があるでしょう。特にアロママッサージの技術を身につけたいという人におすすめの資格をご紹介します。

アロママッサージの資格②アロマトリートメントアドバイザー(JADP)

アロママッサージのことを「アロマトリートメント」と呼びますが、そのアロマトリートメントの知識を持つ証明となる資格が、「アロマトリートメントアドバイザー」です。

アロマトリートメントとは、アロマオイルを使って全身をマッサージするリラクゼーションのことを指します。

肌にアロマオイルを直接ぬってマッサージすることで、肌が有効成分を吸収し、それがリンパなどに作用して不快な症状をやわらげる効果があります。アロマオイルの違いによっても体にもたらす作用も異なります。

アロマの香りに包まれてここちよいマッサージを受けることで、リラックス効果が得られ、癒されるのはもちろん、体調もよくなるのです。

こちらの資格取得のためには、アロマトリートメントの技術や各アロマオイルにどういった作用があるのかなど専門的なスキルを学ぶ必要があります。

試験はカリキュラム修了後、在宅で受験することができます。70%以上の得点が取れれば合格できるので、アロマ初心者の方におすすめです。

取得すれば、美容業界はもちろん、介護・福祉業界などでの仕事にも役立つでしょう。

アロマトリートメントアドバイザー資格 | 日本能力開発推進協会 (JADP)
日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「アロマトリートメントアドバイザー資格」は、アロママッサージを提供するビューティーアドバイザーであることを証明する資格です。アロマオイルの専門的な知識、精油とキャリアオイルを使った心身のケアを行うアロマトリートメントなどの専門知識を備えていることを証明します。
タイトルとURLをコピーしました