知っておきたい!マッチングアプリでの「上手な断り方」

マッチングアプリで上手い断り方が知りたい!

今では簡単に登録ができて、新しい出会いを求められるツールとなっている、マッチングアプリ。興味本位で登録した人も多いのでなないでしょうか。

ですが、相手との温度差が違うと、マッチングアプリ自体を面倒だと思ってしまうこともあります。

また、イメージ的にマッチングアプリ内での揉め事は、「犯罪にあってしまうかも…」「ストーカーされてしまうかも…」などの不安がよぎって、断りたくても断れない、断り方がわからないという状況になってしまうことも。

そこで、マッチングアプリで知り合った人を上手に断るコツをシチュエーション別にご紹介します。

参考:マッチングアプリの動向整理/三菱UFJリサーチ

①マッチングアプリのメッセージが気に入らないときの断り方

気になる相手や、いいねされた人と、まず最初にやり取りするのがマッチングアプリ内の「メッセージ」です。

マッチングアプリ内のメッセージは、どんな相手なのか、会っても大丈夫かをジャッジするのに大切な工程です。

ですが、最初は良かったものの、やり取りしているうちに、嫌な思いをしたり、気持ち悪い男だと思ってしまったり、体目的だったりと色々なパターンで嫌な思いをすることもあります。

そんな時はすぐにブロックしてしまいましょう。ですが、いい人すぎてブロックできない、他の人といい感じになってしまったなど、マナー的にきちんとしたい時は、正直に伝えるのがベストな断り方です。

【断り方の例文】

  1. 「〇〇さんとのメッセージのやり取りが楽しくて、お会いしたいと思っていましたが…」など、嫌ではなかったことをまず伝える。
  2. 「あなたに興味がない」より「恋愛に興味がなくなってしまった」と伝える。
  3. 気持ちは嬉しいし、楽しいと伝えた後「メッセージしてくれてありがとう!素敵な人が見つかるといいね」と締めくくる。

②マッチングアプリのしつこい相手の断り方

マッチングアプリには、単に体目的の人や勧誘の人も存在します。しつこい相手とのメッセージのやり取りは、自分が傷つくので直ぐにブロックしてしまいましょう。

ですが、一回会ってしまってラインの交換や、インスタのアカウントを知られてしまっている場合には、注意が必要です。

しつこい人にきちんと理由をつけて断ろうとしても、元がしつこい人なので、引き下がってくれません。しつこい人には、こちらから連絡はしないのは鉄則です。

そして、しつこく誘ってきても、無視はせず「この日は会えません。」「んー…無理ですね」ときっぱりあっさりと、一言で返して、それ以外のことは言わない返事をしていると、相手は引き下がってくれます。

相手に嫌ってもらうのが、マッチングアプリで知り合ったしつこい男の上手な断り方です。

③1回会ったけど、2度と会いたくないときの断り方

マッチングアプリでのメッセージのやり取りがいい感じだったから会ってみたけど、なにか違う…相手はその気になってしまってるしどうしよう…というシチュエーションになてしまうのが、マッチングアプリではよくあるようです。

2回目のデートは絶対的にないと思ったら、直ぐに思わせぶりな態度をするのはやめましょう。

もし、断るタイミングがありそうだったら、相手を傷つけないよう自分の気持ちを正直に話すのがベスト。もし断るタイミングがなかった時の断り方は、相手に期待させないよう帰宅し、連絡がきたらメッセージでお断りするのがおすすめ。

参考:リサーチ・リサーチ|マッチングアプリ利用状況調査(20~39歳の独身女性対象)

タイトルとURLをコピーしました