必要な栄養素量摂れてる?アラフォーから気をつけたい病気も紹介!

必要な栄養素が不足して起こる病気①骨粗しょう症

骨粗しょう症は圧倒的に、男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。これは女性ホルモンが関係するのですが、アラフォーから一気に罹患者の割合が増えるんですよ!

ちょっとしたことで骨折したり、寝返りができない、立ち上がる時に痛い…など、生活に直結する不具合が生じます。

初期症状はほぼなく、気づいたらひどい状態になっていることが多いので、定期的な骨密度検査などをしておくようにしましょう。

必要な栄養素が不足して起こる病気②更年期障害

アラフォー女性がこれから一番気を付けたい、かつ、避けられない試練こそが更年期障害です。そんなに症状もなく乗り越えられる人もいますが…。

ホットフラッシュやひどい疲労感、肩こり、動悸や冷えなどの体調として出る症状のみならず、なんだかイライラする、沈んだ気持ちになって抜け出せないなどの情緒不安定になる症状もあり、自分の意思に関係なく起こるからなおさらつらい症状なんです。

大豆イソフラボンは最強食材

女性のホルモンバランスに良いとされる大豆イソフラボンはよく聞きますが、実は大豆イソフラボンには先ほどご紹介したカルシウムも多く含む、最強食材といえます。

また、更年期障害に何よりも大事なのはバランスのいい食事です。和食を中心とした、一汁三菜、季節の果物や、乳製品をバランスよく食べて、適度な運動もして、上手に自分の体に向き合っていくようにしてください。

必要な栄養素が不足して起こる病気③貧血

貧血は病気ではありませんが、日本人の生理がある女性の6割が、貧血と言われています。特に気を付けたいのが更年期に差し掛かるアラフォー世代。

アラフォーになると徐々に月経過多になったり、若い頃の無理なダイエットや、食生活の影響だったりが出て、貧血になりやすいのです。

ただし、「ただの貧血、ただの立ち眩み」と思って放っておくと、大きな病気が潜んでいる可能性もあるので、貧血を侮らないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました