バタバタしがちな朝におすすめ!カンタン時短朝食レシピ特集

朝は家族のお弁当を作ったり、仕事の準備をしたりと、1日の中でも特に忙しい時間帯ですよね。そんな朝に食べる朝食は、どうしても市販のパンやシリアルに頼ってしまいがちに。中には朝食自体を抜いているという方も多いのではないでしょうか。しかし、これから始まる1日に備えて朝食はちゃんとしたご飯をしっかりと食べるべきです。今回は忙しい朝にも簡単に作れる時短朝食レシピをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

忙しくても、朝食を食べるとこんないいことが!


https://www.pakutaso.com/20170703207post-12634.html

皆さんは毎日朝食を食べていますか。どんなに時間がなくてバタバタと忙しくても、朝ごはんは食べるようにしましょう。朝食は1日のエネルギー源になります。朝食は食べるだけでいいことづくしです。朝食は、肥満予防、便通が良くなる、脳と体が目覚めるという効果があります。

朝寝坊をしてしまったり、最近では生活習慣で朝ごはんを食べない人が増えてきていますが、その生活スタイルを改善すると健康につながりますよ。朝からたくさん食べるのは無理だという人は、スムージーやシリアルなど軽めの食事から試していきましょう。

時短朝食レシピを作るポイント


https://www.instagram.com/p/Bo7lzYPgvoZ/media/?size=l

それでも朝食を食べている時間がもったいないという慌ただしい朝もありますよね。そんなときには朝食を時短で作るアイディアがあります。朝寝坊したときや、忙しい人に必見の時短朝食レシピを作るポイントをお話しします。次のことを覚えておけば、朝の朝食を作る時間を短縮でき、他の時間に使うことができます。余裕があれば、ゆっくり新聞を見て一服もできますよね。参考にしてください。

下ごしらえを前日にしておく

朝から一から料理の工程に取り掛かると、とても時間がかかり早起きが必要になります。そこで、時間のかかる工程や、材料を洗ったり切ったりという下ごしらえの部分は前日の夜にしておくと便利ですよ。この下ごしらえをしっかりしているかどうがで時短で朝食が作ることができます。

朝は、最後の仕上げとして温めるだけ、焼くだけ、煮るだけなどの最終段階だけにすると10分もかからずに朝食ができて楽ですよ。余った時間は、他のことに費やせるので有効活用できますね。

火を使わない

時短で朝食を作るには、火を使わないこともポイントになります。火を使わないことによって、食材にじっくりと火を通すという料理をする時間を短縮できますし、後片付けも楽になります。火を使わない代わりにトースターオーブンでの調理やレンジでの調理しましょう。

また、トースターオーブンやレンジを使っている間は出かける準備をするなど他のことも同時にやり進めることができますよね。一石二鳥です。

朝食セットをトレイに用意しておく

バラバラになってしまいがちで意外に用意するのに手間がかかるのが、お漬物や納豆などのご飯のお供だったり、バターやジャムなどのパンのお供です。冷蔵庫にバラバラに置いてあると、何が必要で何が必要でないかと考え込んでしまいます。

そんなときには、トレイにご飯やパンのお供をセットしておくと、朝はそのトレイだけを持って来ればいいので便利です。あっちからもこっちからもと出してくるより時間と手間が省けます。朝食に何を食べるか決まっているのであれば、このような少しの工夫で時短につながりますよ。

前日からの残り物を朝食に使用する

前日の夕食を多めに作り、それを朝食にも活用すればりっぱな時短になります。前日の夕食と全く同じものを出すのが気を引けるという方は、少しアレンジするといいですよ。

例えば、お鍋を夕食で食べたのであれば残ったスープを利用して雑炊や煮込みうどんができますし、シチューやカレーだった場合はご飯の上にかけてチーズを乗せてオーブントースターで焼けば違った雰囲気のものが食べられます。

同じメニューを出すのに全く抵抗がないという方はアレンジなしでもいいですよね。美味しいものが二度食べられるので損はないはずですよ。

時間のある時に作り置きをしておく

毎日たくさんの料理を作ることは大変でも、時間のまとまって撮れる時に作り置きをしておくのもいい方法です。あとは作り置きしたものを朝食として並べるだけですから簡単に時短朝食が出来上がります。作り置きしたものが何点かあればバラエティにも富んでいますし、みても食べても楽しい朝食になります。

冷凍食品を利用する

上述したオーブントースター等の利用、また作り置きに関係しますが、冷凍食品を朝食に利用することも時短につながります。市販の冷凍食品でメインメニューを決めるのもいいですし、自分で作り置きして冷凍しておくのもいい方法です。

あとは朝にあっためるだけ、焼き直すだけであれば5分とかからない立派な時短朝食の出来上がりです。時間を節約したい人は、食品を冷凍保存することを考えましょう。

朝食にピッタリな時短レシピ集

ここでは時短朝食レシピをご紹介します。簡単に作れるのにしっかり栄養が取れる朝食にぴったりのレシピを集めました。ぜひ参考にしてくださいね。

栄養盛りだくさんの「グラノーラ」


https://www.instagram.com/p/Bi5QHCLhKgN/?tagged=グラノーラ

日本でお馴染みになったグラノーラ。グラノーラには、食物繊維が多く含まれ、美容と健康に良いとされています。そんなグラノーラは栄養満点の上、時間がかからずに用意することができますよ。最近ではグラノーラを市販のものではなく、手作りする人も多くいます。自家製にすると甘さも調節できるので、時間のあるときにグラノーラを作っておくのもいい方法ですよ。

材料
・グラノーラ お好きな量
・お好きなフルーツ(いちご、ブルーベリー、バナナなど) 好きなだけ
・ヨーグルト 適量
・はちみつ 甘みが足りない時に少量

作り方
1.お好きなフルーツを食べやすい大きさに切る
2.シリアルボールなどの深皿にグラノーラ、フルーツ、ヨーグルトを入れたらできあがり
2.食べる時に甘みが足りない場合は、はちみつを入れて調整しましょう

関連記事