ナチュラルな雰囲気が魅力的♪ベージュのインテリアを使ったお部屋実例集

ベージュのインテリアはお部屋をナチュラルで女性らしい雰囲気にしてくれます♪また、淡い色合いがお部屋を広く見せてくれる効果もありますよ。そんなベージュのインテリアの上手な使い方や、実際のお部屋の実例をご紹介していきます。模様替えを考えている方は是非、ベージュのインテリアを使って素敵なお部屋にしてみてくださいね♪

公開日:    最終更新日:

ベージュのインテリアはお部屋をナチュラル&女性らしくしてくれる♪

柔らかさをお部屋に!


https://www.instagram.com/actus_press/

ナチュラルなインテリアの定番、ベージュカラーのインテリアコーディネート。春になり、少しずつ明るい雰囲気の部屋づくりを始めていらっしゃる方も多いかと思います。ベージュのインテリアはどなたにも試しやすく、誰にとっても気持ちの良い空間づくりをできるのが魅力です。明るく開放感のある雰囲気と、様々な色の家具とも合わせやすい懐の深さも人気の秘密。
また、植物と上手にコーディネートすることで、女性らしさも演出することができます。観葉植物との相性も抜群ですが、特に女の子らしさを出すにはお花が最適!写真では、ベージュのテーブルウェアと白いお花のスタイリングによって、ナチュラルな女性らしさが醸し出されていますね。このように、ランナーやテーブルウェアにベージュを取り込み、落ち着いた上品な華やかさを楽しんで見てください。

今回は、ナチュラルテイストの定番、ベージュとベージュを引き立てるオフホワイトのインテリアをご紹介していきます!

ベージュのインテリアの上手な取り入れ方

ベージュカラーの効果


https://www.instagram.com/milkdecoration_magazine/

そもそもベージュという色にはどんな効果があるのでしょう?最初に、一般的に言われているベージュという色の効果を見ていきましょう。
ベージュは、茶色をオフホワイトに近づけた色。茶色の持つ土=安定感というイメージ、安心感というイメージがあります。
多くの人がベージュに持つイメージは、「ナチュラル」「オーガニック」「目に優しい」「健康的」など。そのほとんどが、前向きなものばかりなのも特徴です。
自然界に存在している色である為、無意識に安心感がうまれるのが大きな心理的効果です。目立つ華やかな色ではありませんが、心の安定を支えてくれる存在の色といえますね。
その為、インテリアにベージュを用いると、「ぬくもり」「穏やか」といった効果が期待できます。いろいろな色との相性もいい為、ベースにベージュを取り入れることが効果的と言えます。

あまり派手なテイストは好きではないのだけど、真っ白や真っ黒といったテイストは嫌だな…女性らしい温かさもとりいれたいな…という方には、ベージュは最適。温かさを失わずに無理なくお部屋をコーディネートすることができますよ。
また、ベージュの中にも白に近いものから茶の要素が強いもの、と段階があります。
オーガニックな要素を強く出したい方は、茶を強いものを。逆に、都会的な要素を失いたくない方は白みの強いものを選んで見てくださいね。

色による全体の印象


https://www.pakutaso.com/20170657170post-12078.html

突然ですが、こちらの写真からはどのような印象を受けますか?海辺の風景です。遠目で撮影をしているので少し寂しい印象を受ける方もいらっしゃるかもれしれませんね。いろいろなご意見があると思いますが、「冷たい」「寒い」といった印象を受ける方は少ないでしょう。
このように、空間の中にベージュの面積が多いとそれだけ温かい印象を作り出すことができます。リラックスでき抱擁感のある空間を作るには、ベージュはとても有効です。
この色の効果を、インテリアにも取り込んでみましょう。

取り込みやすいアイテム

ベージュは、前向きな印象が多い反面、やや野暮ったくなりがち。平坦・地味にも見えてしまうので、少し気をつけて使う必要があります。
まずどんなアイテムから変えてみるのがよいのだろう…そのように迷われる方も多いのでは。そんな方には、先ほどご紹介したようにテーブルのような小さな空間から始めるのがオススメ。無理なく変化を味わっていただくことができます。テーブルクロス、ランナーといったファブリック類は、空間に変化をつけるには最適のアイテムです。

また、もう少し大きな空間で見ていくと、シェルフやクッションなどから取り込んでいくのもオススメ。いろいろな色のものが集合しがちな部分にベージュを大きく取り入れると、空間がすっきりとまとまります。
ベージュは、いろいろなお部屋での基本的な「器」として用いることが特に効果的です。

ベージュのインテリアは、観葉植物との相性抜群!

ナチュラルさが際立つ


https://www.instagram.com/milkdecoration_magazine/

自然らしい土や木の色とシンクロする部分があるベージュ。その為もちろん観葉植物との相性も抜群です。木目調のテーブルの上に観葉植物を置いて見たり、フロアに大きな観葉植物を置いて、家具との調和を楽しんでみたり…様々な空間づくりの可能性があります。

こちらの写真の空間は、それがまさに実証されたものといえるでしょう。
カーテンはオフホワイト寄りのベージュで自然光がよく映えています。また、椅子もレザー仕様で有機的な形状。全体として、オーガニックな雰囲気が漂うインテリアです。
その中に置かれた手前の観葉植物は、単調になりがちな空間にアクセントとして映えています。

このように、ベージュの空間は優しくオーガニックな雰囲気を作ることができ、また観葉植物を置くことで空間にリズムをつけることができます。

ベージュのインテリアを使ったお部屋実例集

インスタをチェック!

ここからは、文字だけでなく実例を使って ベージュとオフホワイトのインテリアコーディネートを見ていくことにしましょう。それぞれのお部屋、アイテムごとにその効果をみていくことにします。

いろいろな事例をみるには、インスタがおすすめ!世界中のインテリアから、参考になるものをピックアップできます。
個人の方だけでなく家具メーカーやショップのインスタアカウントもとっても参考になりますので、視野を広げていろいろなアカウントをチェックしてみましょう。
ハッシュタグも活用してみてくださいね。

寝室


https://www.instagram.com/daniellawitte/

こちらは、とても夏らしい空間づくりの実例。ベージュは、ベットカバーや照明、床に置かれた雑貨アイテムなどにみることができます。真っ白な空間にアクセントとなりつつ、同時に彩度では白とあまり差をつけず、優しく繋がっています。全体としてはナチュラルな雰囲気づくりができており、またどことなくスタイリッシュなのも特徴的。リゾートのような上品さも垣間見られます。

差し込む光と相まって、非常に安心できる空間づくりですね。寝室は、一日の疲れを癒す大事な場所。派手な色ではなく落ち着いた色使いがオススメです。
ベッドカバーにベージュを用いることで、寝室全体に優しいイメージが広がっています。ナチュラル感と安心感をだしながらも、野暮ったくならない空間づくりの好例と言えますね。

関連記事