【男女別】40代から持つべき財布はコレ!おすすめ財布ブランド特集

40代になると、これまで使っていた財布ではちょっと若々しすぎるかな?という気がしてきますよね。ある程度のキャリアや人生経験を積んだ40代では、財布もしっかりとしたものを持っておきたいものです。そこで今回は、40代が持つべきおすすめの財布ブランドを男女別にご紹介していきます。新しい財布を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

40代が持つべき財布とは?

自分に向けられる目が変わるかも


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NKJ52_okaikeihakochiradesu_TP_V.jpg

40代にもなれば部下や後輩もたくさんでき、ランチや飲み代などをおごってあげる機会も増えます。そんな時に財布がボロボロだったり、いつから使っているのかわからないくらいの古いものだったり、子供っぽいものだったりしたらどうでしょう。部下や後輩は言葉をなくし、その財布次第によっては「この人におごってもらっていいのか…?」と不安になってしまいます。お店の方も「支払い大丈夫かな?」と一瞬思ってしまうでしょう。
財布は人前で出すことが度々ありますから、スマートで良質なものを持っておきたいですよね。

素材や色にも気を遣いましょう

40代が選ぶ財布には「高級感」「質の良さ」「デザイン」「機能性」が重視されます。それに加えて「カラー」にも気を配りたいものです。
年齢とともに各種カードの量も増えていきますから、収納量と出し入れのスムーズさも気になるところですね。
財布は日常的に頻繁に使うものですので、傷みやすく使用感も隠し切れません。でも高品質な財布であれば色の変化や淵の傷みも「味」となってくるから不思議です。安っぽい感じのものだと、こうはいきません。
40代には40代の、見た目や年齢に合った財布を選びたいものですよね。

【男性向け】40代が持つべきおすすめ財布ブランド

見栄っ張りもいいじゃない


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL8657171031_TP_V.jpg

40代の男性にもなれば、殆どの方は部下や後輩をたくさん持っていることでしょう。いつでもカッコいい憧れの上司や先輩として慕われていたいですよね。年下の彼らは、意外とあなたの持ち物をチェックしているものです。ハンカチにアイロンがしっかりかかっているな、ボールペンは●●のブランドか、カバンは本革だな、などとチェックして、憧れのあなたと同じものを購入してしまう人もいます。人は見た目ではない、とは言いますが、やはり見た目もスマートな方がカッコいいですよね。
持ち物でもさりげなくデキる男性を演出してみませんか?

40代男性にオススメブランド①【ダンヒル】


https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/tstaile/cabinet/dunhill/l2h210aa.jpg

イギリスのブランドであるダンヒルはスーツのイメージが強い人も多いでしょう。実は財布も人気アイテムのひとつで、渋い大人の男性に大好評なのです。スーツと合わせて選ぶこともできるのでトータルなオシャレが叶います。
特徴は装飾が少ないことと、色遣いが落ち着いていること。ロゴも小さく1か所にあるなどとてもシンプルな作りです。黒を基調とした重厚なデザインが20代の若い人より40代男性に好まれる傾向があり、硬派なイメージ。ビジネスシーンにも浮かないデザインで使いやすいと評判です。紳士的な雰囲気を醸し出し、何処で出しても恥ずかしくない財布。それがダンヒルの財布です。
価格帯としては50000円前後から10万円前後と購入しやすいのでプレゼントなどにもよく利用されます。

40代男性にオススメブランド②【ガンゾ】


https://shop.r10s.jp/ajioka/cabinet/item_ganzo_t_bridle/57239_001.jpg

日本の革職人による手作りの財布が売りのGANZO(ガンゾ)。創業は1917年、なんと100年前!有名百貨店のバイヤーなら誰もが認める品質を誇る、日本のブランドです。
革製品はそれを使う人の手の油などによって色を変え、味を深めていきます。時間が経つほどに、使い込むほどに「エイジング」が進み、唯一無二のあなただけのものになるのです。材料から縫製まで妥協することなく本物を追求したガンゾの財布なら、それが叶います。
カード入れの枚数、マチの広さなどまで細かく気を配り、本物志向の40代男性から高い支持を受けており、海外ブランドが高い人気の中で国産ブランドとして奮闘しています。三越や伊勢丹など有名な百貨店であればだいたい取り扱っていますので、実際に手に取ってその良さを確認してみたいですね。
価格帯は3~40000円から取り揃えてあり、革の種類などによっても価格は大きく変動します。飽きがきやすいブランドロゴのたくさん入った財布ではなく、余計な装飾がなく革本来の味わいを堪能できるデザインのガンゾの財布は、長く愛用できること間違いなしです。

40代男性にオススメブランド③【ルイ・ヴィトン】


https://shop.r10s.jp/watch-timezone/cabinet/127/m61857.jpg

若い女性のイメージが強いルイ・ヴィトンですが、40代の大人の男性にこそ持ってもらいたい財布です。収納力も高く、皆が欲しいブランドで王道。高ければいいというわけではありませんが、高いものにはそれなりの理由というものがあります。
ルイ・ヴィトンはデザイン性・機能性・実用性を兼ね備え、耐久性も抜群。使い込むほどに味わいが生まれます。ルイ・ヴィトンの凄いところは全世代に人気がある点。ほぼすべての年代に支持される稀有なブランドです。
モノグラムやダミエあたりを選ぶと若い女性のイメージが強いので40代の男性が持つには少々違和感がありますが、タイガやダミエグラフィットなど黒を基調としたものを選ぶことでスマートな大人の男性を演出できます。
エピのラインはユニセックスですが、無駄なロゴや装飾がないのでとてもシンプルで40代の男性が持ってもとてもスマートに見えます。
憧れの上司がシンプルな財布を使っていると思ったら何気にルイ・ヴィトンだった。そんなシーン、なかなかカッコいいですね。
問題の価格ですが10万円前後~で購入できますので、何年も使うことを考えたらそんなに高いものではないかもしれません。

40代男性にオススメブランド④【イルビゾンテ】


https://shop.r10s.jp/ray-g-cast/cabinet/ilbisonte-wallet/il-411742-s3.jpg

イルビゾンテは1970年にイタリアのフィレンツェの小さな革製品店が出発点です。大変シンプルなデザインでありながらこの40年で世界中に広まったことを考えると品質の良さがうかがえますね。
革製品特有の「年を追うごとに味わい深くなる」「使い込めば使い込むほど自分だけのものになる」といった変化を大切にしていて、デザインでなくクオリティで勝負しています。創業者の「100%自然のレザーであること」というこだわりのため、革の材料を革の加工業者から仕入れるのではなく独自の革を発注して採用するなど、妥協がありません。
イルビゾンテの財布の特徴のひとつにさまざまな色のバリエーションがあるという点があげられます。革に色を塗る顔料仕上げではなく、革を染料にしみこませる「染料仕上げ」で染めているため自然な色合いが美しく、またエイジングでの色の深みが出やすくなります。革の表情の変化を日々楽しめるため、多くの革製品好きに愛されるブランドです。
違いの分かる40代の男性に是非お勧めしたいブランドです。

【女性向け】40代が持つべきおすすめ財布ブランド

シンプルで長く使えて、でもオシャレさも欲しい

関連記事