ハワイ旅行に持って行くべき持ち物&持って行っては駄目なものは?

常夏の楽園と呼ばれるハワイ。日本人からの人気も高く、毎年たくさんの人が訪れています。しかし、ハワイに初めて行くとなると「何を持って行ったらいいんだろう?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ハワイに行く際に持って行ったほうがいいもの、逆に持って行っては駄目なものについてご紹介します。

公開日:    最終更新日:

日本人に人気な旅行先、ハワイ!


https://www.instagram.com/p/BjW3gfZnjv7/?hl=ja

日本からの直行便で約7時間から7時間半のハワイは、ビーチリゾートとして日本人にとって人気の高い旅行先です。年中通して温かい気候や美しいビーチや海が人気の理由でもありますが、いざハワイへ旅行へ行くとなると、持ち物に注意が必要です。というのも、ハワイでは持ち込みが禁止されてるものや制限されているものがたくさんあるからです。

また、ハワイは物価が日本より高いことでも知られています。そのため、必要なのはできるだけ日本から持参したいものですが、荷物の量を考えるとそうもいきません。

そこで今回は、ハワイ旅行の際に、日本から持参した方が良いもの、逆に現地で購入した方が良いもの、そして日本からの持ち込みが禁止・制限されているものについて、ご紹介します。
これからハワイ旅行を計画されている方は、荷物を準備する際に、ぜひ参考にして下さい。


ハワイ旅行に持っていくべき持ち物

必需品


https://www.pexels.com/photo/person-pointing-at-black-and-gray-film-camera-near-macbook-pro-1051075/

■パスポート■
ハワイに限らず、海外へ行く際には、「パスポート」の持参が必須です。パスポートがなければ、出国できまませんし、入国もできません。また、ハワイへの渡航の場合、パスポートの有効期限は帰国日まであれば大丈夫です。
しかし、急な予定変更やフライトのキャンセルなどに備えて、有効期限が迫っている場合は、事前に更新しておくことをおすすめします。残存期限が十分に残っていることを確認しましょう。

■ESTA■
ハワイの入国には、EATA(エスタ)の事前申請が必須事項です。EATAとは、アメリカで義務付けられている、ビザ免除プログラムのことです。ハワイの入国には、滞在日数が90日以下の場合には、このEATAの申請が義務付けられています。旅行代理店が代行してくれる場合もありますが、オンラインでも個人で申請できます。

■海外旅行保険■
ハワイへ旅行へ行くのであれば、海外旅行保険への加入もおすすめします。長期・短期の滞在に関わらず、現地で病気や事故に遭ってしまうという可能性は否定できません。
海外での医療費は日本と違いとても高額なものです。そのため、短期だからといって油断せず、万が一に備えて、海外旅行保険に加入しましょう。

日焼け対策グッズ


https://www.pexels.com/photo/sea-beach-holiday-vacation-65900/

陽射しの強く、海でのアクティビティが豊富なハワイでは、日焼け対策グッズは欠かせません。下記の日焼け対策アイテムを必ず持参して、心地よく旅行を楽しみましょう。

■日焼け止め■
日焼け対策に、日焼け止めは欠かせません。現地でも調達できますが、お気に入りのものや使い慣れたものを好む場合は、日本からの持参をおすすめします。荷物の重さを気にされる場合は、必要最低限の分(到着当日分)の日焼け止めを持っいき、足りない分は現地で調達してもいいかと思います。ABCマートなどで気軽に購入できますよ。

■サングラス■
ハワイでのサングラス着用は必須です。陽射しの強い中、サングラス無しで出歩くと、目が痛くなったり、疲労感も増します。ちょっとでも快適に旅行を満喫するためにもサングラスを持参しましょう。現地でも調達できますが、気に入ったものが見つからない場合もあるので、使い慣れたものを日本から持っていきましょう。

■帽子■
熱射病や頭皮の日焼けを避けるためにも、帽子は大切です。出来ればツバの大きいものをチョイスすると、より効果的です。日焼けはシミやそばかすの原因にもなるので、あとあと顔シミなどで後悔しないためにも、帽子は必ず持っていきましょう。

■UVカットの洋服やアームカバー■
もし準備できるのであれば、UVカットの洋服を持参するのも良いでしょう。最近ではUNIQLOなどで手軽に購入できます。また、アームカバーなども、付け外しが簡単にできるので、旅行中便利ですね。

■ストール■
ストールも首元の日焼け対策に有効です。また、ストールは日焼け対策だけではなく、おしゃれ度をアップしてくれるので、一石二鳥ですね。

その他


https://www.pexels.com/photo/beach-bikini-caribbean-enjoyment-584303/

■水着■
ハワイへ旅行へ行くのであれば、水着を忘れてはいけません。現地のデパートやショッピングモールなどで水着を購入できますが、気に入ったデザインが見つからない場合やサイズが合わないなどの問題を避けるためにも、日本から持参することをおすすめします。現地で水着を購入したい場合は、次回の旅行用に購入すると良いでしょう。

■エコバッグ■
2015年より、ハワイではビニール袋の配布が禁止されています。そのため、エコバッグの持参は必須です。スーパーやコンビニで色々買ったけど、袋がないから運べないなんてことがないように、エコバッグを常備しておくと便利ですよ。

■折り畳み傘■
ハワイでは、スコールのように一時的に雨がザァーっと降ることがあります。1日中雨ということは、年間を通してほとんどないのですが、現地ではローカルの人たちは傘を持ち歩きません。傘を使わないのです。そのため、現地で傘を購入したり、宿泊施設で傘を借りるというのが難しい場合があります。急な雨に備えて、日本からの折りたたみ傘の持参をおすすめします。

ハワイには持ち込み禁止なもの


https://www.pexels.com/photo/people-sign-traveling-blur-2069/

日本人にとってはお馴染みのリゾート地ハワイですが、持ち込みが禁止されているものが多いことでも有名です。身近なものでも、ハワイヘの入国の際は持ち込みが禁止されていたり、申告漏れなどがあると罰金を請求されることもあるので注意が必要です。ハワイへの旅行前は、下記の事項を確認されることをおすすめします。

生鮮食品

果物、野菜、肉類などの生鮮食品の持ち込みは、禁止されています。果物と野菜は、検疫証明書があれば持ち込みOKとなりますが、これらの生鮮食品は現地のスーパーマーケットなどでも調達できますので、そこまでして持ち込む必要はないでしょう。

乳製品や卵

基本的に、乳製品や卵類も持ち込みが禁止されています。「乳製品や卵なんて持ち込まないよ」と思われがちですが、これらの食品は加工食品に使われている場合も多くあり、「自分は持ち込んでいない」と思っていても、気づかずうちに「持ち込んでしまった」というケースもあります。食品を持ち込む場合は、注意深く成分表記を確認しましょう。

肉エキスの入った食品


https://www.instagram.com/p/Bi0U3_ZBqBc/?hl=ja

上記の生鮮食品で述べたように、肉類も禁止されていますが、最も注意してほしいのは肉エキスの入った加工食品です。例えば、日本ではおなじみおカップラーメンやレトルトカレー、インスタントスープもNGです。その他、ポテトチップスなどのスナック菓子にも肉エキスが使われているものがあるため、注意が必要です。

また、現地の検疫官は、「肉」、「肉エキス」「卵」などの食品に書かれている日本語の成分表記が分からないだろうと思われがちですが、きちんと認知しているのです。また、成分表記がないものは、疑わしいとみなされその場で没収されることもあります。

そのため、疑わしい食品類を持ち込むのは、最初から辞め、現地で調達することを強くおすすめします。

その他

関連記事