いくつになっても「美肌」と言われたい!アラフォーが今すぐ始めるべきスキンケア方法

アラフォーと言えば、これまでのお化粧や浴び続けた紫外線によるダメージが肌に現れ始める頃。肌荒れだけではなく、シミやシワなど新たな悩みも出てきます。若い頃と同じスキンケアをしているのに、全く効果が出ない…と困っている方も多いのではないでしょうか。アラフォーからのスキンケアは年齢に合った方法を取り入れることが大切です。美肌のために、年齢に合った正しいスキンケアを行いましょう。

公開日:    最終更新日:

アラフォーからは肌トラブルが続出する!

シワ・シミなどの肌変化に襲われる!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ASE_014_TP_V.jpg

アラフォーになってシワやシミが気になり始め、肌もどんよりくすんでいるような…そんな憂鬱を抱えている女性は多いですよね。一般的には30代から肌は衰え始めると言いますが、シワ、シミ、乾燥の三大老化サインが目立ってくるのはやっぱりアラフォー。30代半ばまでは何とか踏みとどまれたエイジングサインも、アラフォーとなった途端、気が緩んだのかはたまたあきらめなのか、一気に出てきた気がする。気になり始めたら日に日にひどくなっているように思えてしまい、気持ちまでどんよりしてしまいます。美肌だった若い時が嘘のようです。

肌の新陳代謝が肝!

シミやくすみが気になるのは、新陳代謝が大きく影響しています。肌の新陳代謝、すなわちターンオーバーとは、肌の古い細胞が新しい細胞に押し出されて入れ替わる現象のこと。新しい肌は、肌の奥の基底層というところで生まれ、時間をかけて少しずつ表に出てきます。その新しい細胞に押し上げられた古い細胞は角質となって剥がれ落ちていきます。これがターンオーバーです。
新しい細胞が基底層から表面に出てくる周期は、およそ28日。老化現象として35歳前後から肌の新陳代謝が衰え、40歳の頃にはその周期が40日にまで延長してしまいます。
新陳代謝が遅れると、どのような悪影響があるのでしょうか。

ターンオーバーが遅くなる恐怖!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp816IMGL0998_TP_V.jpg

ターンオーバーが遅いということは、古い角質がいつまでも顔の表面についているということになります。角質はすでに死んでいる細胞。これが肌表面にいつまでも残っていることでごわつきやくすみ・乾燥になって感じられるのです。
古い角質が肌表面に居座り続けることで肌の角質層が厚くなり、化粧水や美容液などが浸透しにくくなり、それらの効果を感じることができなくなることもあります。こうして肌の奥までうるおいが届かないため肌のキメが整わず、毛穴が開いたり弾力がなくなったりします。これがたるみの原因になるんですよ!
また傷がなかなか治らなくなるのもこのターンオーバーの乱れのせい。またターンオーバーによって排出されるべきメラニン色素がいつまでも排出されずにいると、シミが濃くなったりすることも。
このようにターンオーバーの乱れは、あらゆる爪痕を私たちに残していくのです。

アラフォーになると、若い頃と同じスキンケアでは効果が出にくい?

30代と40代でも大きく違う!


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kesyouIMGL9356_TP_V.jpg

アラフォーになった途端、肌の力がガクンと落ちるのを実感します。具体的にどんな風にというよりも、これまでのお手入れだとダメなんだなと実感するような感じでしょうか。美肌をほめられていたはずの肌が、どんなプチプラコスメでもある程度のコンディションを保てていた肌が、だんだん言うことを聞いてくれなくなります。使うものを吟味していかなくてはいけない時期に差し掛かるのです。
一連のスキンケアがザザッとしたルーティンで終えられなくなる、化粧水ひとつにしてもしっかりと肌に入れ込んでいく作業が必要になります。でもその分、使った化粧品の良さやメーカーがアピールしている効果も実感しやすくなるのです。頑張ったらその分肌が応えてくれる。もしかしたら適当に済ませていた若い頃より美肌になれるかもしれない!そう思うとスキンケアが楽しくなる年代ともいえます。

肌が出すサインに敏感になって!

美肌を維持するためには、アラフォーになったら「肌との対話」をしながらスキンケアすることが大切です。肌はある日突然老化するのではなく、日々何かしらのサインを送ってくれています。それに気づかないまま通り過ぎ、私たちがある日突然気づくだけのこと。スキンケアに時間や手間をかけていれば、日々の小さなサインには気づきやすくなります。
アラフォーが美肌を目指すとき、肌本来の力を底上げしてあげる必要があります。若いときは何もしなくても整っていた肌の機能は年齢とともに衰えていきます。これまでと同じように美肌を保つには、何かしらのサポートが必要になってくる、といったところでしょうか。それが時間をかけた手入れだったり、自分に合ったスキンケアだったりするのです。美肌でいるためには、肌が出してくれているサインを見逃さないようにしましょう。

アラフォーが始めるべきスキンケアとは

落とす・うるおす・とどめるの3ステップ


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/nikibiIMGL7982_TP_V.jpg

基礎化粧の基本はどれも省かないことが大切です。家事に育児に仕事にと、アラフォー女性は忙しい。忙しいと自分のことが後回しになりがちですが、今、お手入れに手を抜いた分はあとになって必ずツケを払うことになります。
落とす・うるおう・とどめるの基本の3ステップを省くことなく、頑張った自分の肌をいたわって1日を終えましょう。

丁寧に優しく、肌と対話する時間を


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSU85_nomikomareru_TP_V.jpg

まず肌に乗ったメイクや汚れをきれいに落としてあげましょう。肌に負担なく落とせるクレンジングを使います。ごわつきやツッパリを感じないリッチな洗いあがりのものを選ぶといいでしょう。乾燥しがちなアラフォーの肌には、オイルクレンジングよりもクリームタイプのものやクレンジングミルクが合いやすいです。
クレンジング後の肌にうるおいをしっかり届ける化粧水。栄養補給の時間です。アラフォーの美肌のためには水分を与えるだけではなく、そろそろエイジングに合った化粧水をチョイスする必要があります。リフトアップ、ハリツヤ、美白機能がついているものなどエイジング対策をアピールしているアラフォーにぴったりの化粧水がたくさん出ていますので、吟味して自分に合うものや今一番欲しい美肌効果のある化粧水を選びましょう。
そしてプラスアルファとして美容液を使いたいところです。美容液は肌に不足している栄養を与える役割があり、シワやシミ、ほうれい線やハリがなくなったという場合にはエイジング対策として投入すべきアイテム。もともとの肌の持つ力が発揮できるようなサポートとして活用し、美肌に近づけます。
最後にうるおいに蓋をする役割として乳液やクリームを使います。美容成分が豊富に入っているリッチなクリームはアラフォーに不足しがちな油分を補給する役割もあります。べとべとするのがイヤという方もいますが、化粧水や美容液の与えてくれた栄養やうるおいを肌に閉じ込めてくれますので、自分に合うものを探して使ってみてください。
ひとつひとつの過程をゆったりと、肌と対話するような気持ちで行えば、美肌も遠くありません。アラフォーにはそんな時間と心の余裕が必要なのです。

目元は年齢が出やすい

アラフォーがエイジングサインを感じやすい場所として、目元があります。目の下のクマや目じりのしわ、たるみなどを実感しやすく、しみじみと年齢を感じさせてしまいます。特に涙袋が大きくなってそれが影となり一気に老けた印象になる場合。年齢とともに目元の筋肉が緩み、さらに皮膚のハリもなくなってくるため涙袋がプクッとあらわれ、影を作るのです。
目元は年齢が出やすい部分のひとつ。美肌を目指すアラフォーとしては、アイケアは欠かせないですね。寝る前とメイク前にはアイクリームを塗りましょう。乾燥を防いだり、くすみをとったり、血行を良くしたりとさまざまな効果を持つアイクリームが出ています。目元は大変デリケートなので、毎日優しくこまめにケアしてあげましょう。

関連記事