愛されるアラフィフ女性はここが違う!50代ならではの大人の魅力とは?

最近は年齢を重ねても輝きを失わない、素敵な女性が増えてきていますよね。芸能人でも「この人、本当にアラフィフ!?」と疑ってしまうほど綺麗な人ばかりです。では、そんな魅力的なアラフィフ女性の秘密は一体何なのでしょうか?また、輝くアラフィフ女性になるには何をすればいいのでしょうか。詳しく解説していきます!

公開日:    最終更新日:

アラフィフでも魅力的な女性の秘密は?

同じアラフィフなのに、若い人たちからお年寄りまで、年齢差を感じさせず誰からも好かれて、常に人に囲まれているような魅力的な女性っていますよね。逆に、若い子たちからは敬遠されて、同世代の男性からも煙たがられてしまうような残念なアラフィフ女性もいるのも事実。その差は一体何でしょうか?
特に美人でもないし、ずばぬけて仕事ができるわけでもないけど、なぜかみんなから愛されている魅力的なアラフィフ女性は、きっといつも笑顔を絶やさないはず。普段は穏やかでにこにこしていて、自己主張はそんなにせず、どちらかというと皆の聞き役。けれども、いざという時には鋭いツッコミをして見せたり、理不尽な上司には先陣をきって抗議してくれたりと、きっと頼れる一面も持ち合わせているのでは。
もう若くないから… なんてネガティブなことばかり言って、年齢を理由に、ファッションもヘアメイクも気合いの入らないアラフィフさんもいることでしょう。でも、きっとこの記事を読み終わる頃には、前向きな気持ちになって、若い子には負けていられない!明日から頑張るぞ!と、力が湧いてくるに違いありません!
そんな素敵なアラフィフの魅力について、詳しく探っていきましょう!


https://www.pexels.com/photo/flower-pink-peony-blouse-112324/

魅力的なアラフィフ女性の外見の特徴

顔立ちがものを言うのは若い頃だけ!

誰からも愛されるアラフィフ女性の魅力の一つは、ズバリ、その笑顔です。いつも穏やかで、キリキリすることなく、ゆったりと微笑んでいる女性は、アラフィフに限らずやはりとても魅力的。どんなに仕事や家事が立て込んでいたとしても、眉間にしわを寄せて怒ってばかりの女性には、やはり話しかけたいとは思えませんよね。


https://www.pexels.com/photo/shallow-focus-photography-of-woman-holding-white-flower-937606/

また、美人であれば異性が寄ってくるのは当然かもしれませんが、年齢を重ねてくるにつれ、もともとの顔立ちよりもその人柄が表情に出てくるもの。どんなに整った美人さんでも、しかめっつらで文句ばかり言っている人は、とても魅力的とは言えません。ザ・美人ではなくても、毎日きれいに髪を整えて、年齢相応のファッションを身にまとっている人は、生活や心の中がすっきりと落ち着いている証拠。アラフォーともなるとどうしても、若い頃と比べて、見た目にこだわらなくなってしまいがちですが、年齢を重ねた分、より外見には気を使うべきでしょう。
かといって過度は若作りは絶対にNG。適度に流行を取り入れつつも、シンプルでナチュラルな、気取らないスタイルが、アラフィフ女性の魅力を醸し出してくれるはずです。

外見を綺麗に保つのもアラフィフのたしなみ


https://www.pexels.com/photo/flower-pink-peony-blouse-112324/

例えばメイクに関して言うなら、下地からコンシーラーから、隙のないバッチリメイクは、今時ちょっと流行らないかも。額や小鼻、頬の毛穴など、気になる箇所だけサッとCCクリームを塗って、軽くパウダーをはたくくらいが今の気分。
ヘアスタイルも、気合の入った巻き髪や、重たいセミロングよりも、大人の魅力を印象づける前下がりのボブや、くせっ毛風のートカットが新鮮です。
その代わり、アクセサリーにはちょっと気合を入れて。今頃の時期だったらゴールドやターコイズのアイテムが素敵です。若い頃には似合わなかったボリュームアクセサリーが、今ならきっとしっくりなじんでくれるはず。

特に大切なのは髪のお手入れ


https://shop.r10s.jp/angelique/cabinet/orienstella/4589514430153.jpg

アラフィフになると、髪のお手入れが重要になってきます。
それは人の第一印象を決めるポイントのうち、髪、目の周囲、そして服装全体、の3つが大きなウェイトを占めるからです。
特に、服装全体と髪は、遠くからでもわかるので、ここはしっかりとお手入れをしておく必要があります。

人の第一印象はほぼ15秒で決まる、とも言われています。
確かに服装は同じように素敵な二人がいて、1人目は遠くから見て、髪がボサボサで白髪の手入れが中途半端。2人目はきちんと手入れをされている。この場合は、どうしても2人目の人が好印象になることは、納得いただけると思います。

アラフィフになると、アラフォー、アラサーとは違った髪の悩みが一気に出てきます。
・白髪が増える
・髪がうねる
・髪にハリが無くなる
・髪が細くなる
・髪の量が減ったように見える/実際に減ってしまう
などです。

これらは女性ホルモン、エストロゲンの減少によるもので、程度の差はあれ、誰もが避けては通れません。
けれどもこれを「だって、もう年齢だから…」と放置するのはNG。
そういう年代だからこそ、髪を綺麗に手入れをしていることが、アラフィフをより一層美しく見せるのです。

そのためには日ごろから、自宅でもできる、こまめな手入れが必要です。
・髪を痛めない白髪ケアをする
・刺激が少なく、できればボリュームアップ用のシャンプーを使う
・頭皮マッサージをする

こうして手入れをしていくと、美しい髪が保たれて、より魅力的で、愛されるアラフィフに近づくことができます。

魅力的なアラフィフは、メイクも美しく上品な仕上げを目指そう


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41gyFI9CmML._SX425_.jpg

魅力的なアラフィフになるためには、その年齢に合わせた上手なメイクをしましょう。アラフォー時代からじわじわと迫っていた年齢サイン。それがアラフィフでははっきりと見えてきます。
・シミ
・シワ
・たるみ
これにらに全く悩まないアラフィフは、ほとんどいないですね。

これらのアラを隠そうとして、厚塗りをすると、一気に「おばさん度」が上がってしまいます。一生懸命に綺麗に仕上げようと努力をして、逆に周囲から「ああ、『おばさん』って感じだなあ」と思われるのは悔しいと思いませんか?
だからといってノーメークでは、それこそ本当の「おばさん」になってしまいます。

この打開策として、アラフィフならではの長年メイクをしてきた知恵とちょっとリッチなお財布を活用しましょう。
まずはこれまでに培ったメイク方法と、トレンド情報を組み合わせましょう。
今のトレンドは「適度なヌケ感」。
まさに「しっかりカバーで『おばさん』見え」の反対です。

そこでアラフィフにお勧めなのは、自然な仕上がりで、適度なツヤ感のある上品メイク。
・適度なカバー力の下地・ファンデーションを使って「何も塗っていないみたいなのに綺麗にみえる」肌作り
・頑張りすぎないけれど、印象に残るアイメイク
・自分の肌の色に合った口紅やチーク

これらを叶えられるアイテムを、プチプラから高級ブランドまで、値段にとらわれずに縦横無尽に使える、それがアラフィフの良いところですね。

メイクの土台、肌作りがモノをいう


https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_gold/bellcosme/Item/11212727_1.jpg

髪ほど目立たなくとも、美肌作りはアラフィフのマスト項目。
魅力的なアラフィフになるためには、メイクが生きる美肌が土台になります。

アラフィフで多いお肌のお悩みは
・肌の乾燥
・ハリのなさ
・シワ
・シミ
といったところがあげられますね。

これも「もう仕方ないか…」と思ってぞんざいなお手入れをしていたら、肌の状態は右肩下がりになるだけです。

美肌は、高いエステに月1回通うよりも、毎日のお手入れで作ることが可能です。

まず、アラフィフに必要なものは保湿です。
じゃあ、保湿パックとかすればいいの?と思った方。それはNOです。
保湿をするためには、水分をしっかり取り込める肌状態であることが前提だからです。

・クレンジングはやさしく、肌に負担の少ないリキッドかジェルを使う
・その後洗顔フォーム(炭酸泡入りが血行を促進してくれるのでおすすめ)で優しく洗う
・そっとタオルで拭く。

ここまでが保湿が可能な土台作り。週に1回は古い角質を優しく落とすゴマージュを使うのも良いでしょう。
もちろん、メイクをしたまま寝る、などということは、せっかく作った美肌を台無しにするので、決してしないのが魅力的なアラフィフへの道です。

洗顔後には
・保湿力の高い化粧水、美容液、乳液、クリームの順になじませる

ここまでが基本です。

いずれも「やさしく」がポイント。肌をゴシゴシこすってOKなのは10代までであることを、忘れないようにしましょう。
また、使うアイテムは値段に関わらず、保湿力の高い物を、たっぷりと使うのが原則です。

もちろん保湿バックも有効です。ただし「長く乗せれば乗せるほどいい」のではありません。逆に乾燥することもあります。かならず使用目安の時間を守って使いましょう。

効果が変わる!スキンケア用品の使い方


https://girlydrop.com/beauty/8691

同じスキンケア用品でも、使い方によって効果が変わることをご存知でしょうか。
例えば同じクリームでも、使い方次第で、その力の発揮具合が全く変わるのです。

それでは、とっておきのスキンケア用品の使い方をお伝えしますね。
何も特別な器具などは必要ありません。使うのは貴女の手だけです。

化粧水でもクリームでも、まず手のひらに適量をとります。
そして手のひらで温めます。それから顔をそっと抑えるようになじませます。この時、肌の上で手を動かさない=肌を引っ張らないことが大切です。

特に乳液やクリームは、手の平をこすり合わせるようにして温め、緩めます。そして、手のひら全体に広がった乳液やクリームを肌にスタンプを押すように垂直に手を当てて肌になじませます。

なじませる際には、どのアイテムでも、まず乾燥が気になるところからはじめて、それから全体にいきわたらせましょう。スキンケア用品の最後をつかったら、仕上げに手で顔全体を覆い、顔をうつむかせるようにして、スキンケア用品の力を、肌の中に押し込むようにして、数秒間、じっと待ちます。
これだけで、同じスキンケア用品でも効力が変わります。

化粧水のパッティングや、クリーム類を肌の上で塗り広げるのはやめましょう。どちらも肌への刺激が強すぎます。

ダイエットではなく、健康のためにスポーツを始めよう

関連記事