健康・美容の心強い味方!ヨガのメリットと、意外なデメリット

健康維持のため、美容のため、リラックスのため…さまざまな理由でヨガを始める人が増えています。皆さんの近所にもヨガスタジオなどがあるのではないでしょうか。そんな人気のあるヨガにはメリットがたくさんあるのはもちろんですが、デメリットもあるんです。では、ヨガのメリット・デメリットとはどのようなものなのでしょうか?

公開日:    最終更新日:

そもそも「ヨガ」ってどんなもの?


https://instagram.com/p/BdASPMcFKYo/

「ヨガ」というのは、サンスクリット語でいうと「つながり」という意味を表しています。心と体と魂が、繋がっている状態のことを言います。

ヨガをすることで呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐしたり、心の安定とやすらぎを得ることができるでしょう。具体的には「調和」「統一」「バランス」を意味していて、体・心・呼吸・食べ物など、ヨガをすることであらゆるカテゴリーとバランス良くヘルシーなあなたになれるでしょう。

ヨガというのは、呼吸をすることが何よりも一番大切になってくるでしょう。ヨガでの呼吸の目的は、血液や脳に酸素をより多く送ることです。生命エネルギーのコントロールは、ヨガ=呼吸法と言われているほど、呼吸がキーポイントになってきます。

単に酸素と二酸化炭素の交換の意識だけにならず、気をコントロールするという意識で行うことで活力と集中力が増して、心と体を統合していきます。

正しいヨガを体験することで、呼吸が「心と体の架け橋」であることを体感し、ヨガを続けることで、健康増進、精神安定、回復能力が得られるでしょう。真の意味での健康な人間になることができるでしょう。これほどの効果が期待できるので、あなたもヨガの魅力の虜になってしまうのではないしょうか。

ヨガのルーツ


https://unsplash.com/photos/NTyBbu66_SI

ヨガの種類は意外と多く、ヨガのルーツを知るとその理由が見えてきます。

ヨガは4,000年から5,000年前の紀元前、宗教的技法のひとつとしてインドで生まれた心身鍛錬のひとつ。
「ヨガ」という言葉は、インドの公用語でもあるサンスクリット語で「ヨーガ」「ヨウガ」と発音する方が正しいですが現在「ヨガ」は世界共通語として知れ渡っている通り、今では健康法として実践されています。

元々はヒンドゥー教や仏教などの修行法でしたがその後、海外に渡り独自の変化を遂げたことにより、流派も増加。あのチベット密教や真言宗の阿字観も、ヨガがルーツと言われるくらいです。

ヨガの種類は増えたものの根本的な考えや目的は同じで、筋肉や内臓、骨格といった体のバランスと神経のバランスを整えて、健やかな心と身体に繋げていくということ。
そのため、ポーズや動作のスピードなど違いはあっても、共通して呼吸法とリズム、姿勢が重要なポイントとなってきます。

スピリチュアルな瞑想や呼吸法もあるヨガは、肉体的な筋肉への刺激を重視したピラティスと大きく違う部分と言えるでしょう。

ヨガの種類は、自分の体質や目的、悩みから種類を選んでいくのがおすすめです。

ヨガにはたくさんの種類がある


https://instagram.com/p/Bi_aUifAAH8/

ヨガには、伝統的な流派から、現代的なスタイルまでたくさんの種類が存在します。ここでは定番なヨガスタイルから、現代的なヨガまで5つご紹介していきましょう。

ハタヨガ


https://instagram.com/p/BdPJB2cFEyy/

ハタヨガの「HATHA( ハタ )」とは、サンスクリット語で直訳すると「ハ=太陽」、「タ=月」という意味を表しています。この 2 つの言葉の意味を組み合わせると、 「ハタ」は「太陽と月 / 陽と陰 / 精神性と生命力」と解釈することができるでしょう。そこから転じて1 つに結ばれた陰と陽が織り成す「身体のパワー」を意味する事から、ハタヨガというのは「力強いヨガ」という意味で知られているでしょう。

ハタヨガを行うことで、自分の体と心に向き合い、ストレスによる自律神経の乱れやバランスを整えることを重視し、精神的なストレスの緩和やうつ病にも効果が期待できるといわれています。

運動量は人それぞれではありますが、初心者や運動の苦手な方でもできるのがヨガのメリットポイントでもあるでしょう。呼吸とともに体を動かすことで、運動不足解消、ダイエット効果、デットクス効果も期待できるでしょう。

ハタヨガの代表的なポーズには、「ウッティタ・トリコナーサナ」があります。効果が期待できるのは、慢性疲労、冷え性、便秘に効果があるようです。ウエスト、腰、脇腹、お尻、脚の引き締めも期待できるので、これから体も一緒に引き締めることができるのは嬉しいポイントですね。

ハタガヨガのポイント、運動不足解消、ダイエット効果、デットクス効果、自律神経を整えるという4つの効果が期待できるでしょう。近所のヨガ教室やDVDを買ってチャレンジしてみましょう。

アシュタンガヨガ


https://instagram.com/p/Bi6nfNTg1xm/

次にアシュタンガヨガについてご紹介していきましょう。シュリ・K・パタビジョイス師によって南インドの街、マイソールシティで教えられていたのがアシュタンガヨガです。

アシュタンガヨガは、確かに運動量は多めなことから中級者から上級者のヨガとも言われています。そして、ヨガの経典(ヨーガ・スートラ)に書かれているアシュターンガ(八支則)に則ったスピリチュアルなプラクティスでしょう。

アシュタンガヨガは、他のヨガに比べると、動きも激しいためかなりの運動量があるでしょう。また、呼吸法などもあるためから、ダイエットに効果的な有酸素運動でもあり、筋力アップ、代謝アップ、自律神経の安定など体を健康にしてくれるだけでなくダイエット効果が高いというのがアシュタンガヨガの特徴です。

アシュタンガヨガのポーズには、シルシャーサナがあります。その効果は、集中力UPや姿勢改善、頭もスッキリさせ、瞑想にも適したポーズと言われています。

ただし、勢いでやろうとすると危険なポーズなので、土台がしっかりするまでは指導者に習って練習するようにしましょうね。

アシュタンガヨガのポイントをまとめると、リラックス効果、代謝アップ、筋力アップ、自律神経を整えるということが期待できます。

ホットヨガ


https://instagram.com/p/BdPJB2cFEyy/

ホットヨガとはハタヨガから派生したヨガのひとつです。ホットヨガの特徴は、室温40度、湿度60パーセント程度の高温多湿な環境でホットヨガは行われることです。

室温を高めにすることで、ゆったりしたハタヨガの動きでも体温を高め、有酸素運動の効果を引き出すことが可能になってきます。ホットヨガではストレッチと呼吸法を中心に行い、全身の筋肉を動かしながら大量の汗と老廃物の排出を目的としているため、ものすごいデットクス効果も期待できるでしょう。

ホットヨガを行うことでこのようなグッドポイントがあります。ストレス解消、ダイエット効果、美肌効果、むくみ改善、柔軟性アップと女性には嬉しい効果がいっぱいですね。

ハリウッドヨガ


https://instagram.com/p/BjDPAzoHP8u/

ハリウッドヨガとは、ゆったりしたヨガの動きとエアロビクスのようなテンポを兼ね備えたスタイルで行い、美と健康を意識した動きのある種類です。

ハリウッドヨガはパワーヨガの別名でもありますが、ハリウッド女優やセレブが実践したというハリウッドヨガの名称がついたようです。ダイエットとして認知度が高いでしょう。

現在では、アイアンガーヨガとアシュタンガヨガを組み合わせた動作や、よりダイエットを意識して音楽に合わせた動きがフィットネスクラブで流行しているようです。誰でも気軽に始められるので、体を動かす楽しみが得られるのがハリウッドヨガで、基礎代謝の促進や脂肪燃焼、循環機能の向上など、ダイエット効果も期待ができるのがグッドポイントです。

またヨガの基本である、呼吸と運動を連動させた流れもしっかり盛り込まれているので、消費カロリーを効率よく高めるダイエットにおすすめできるでしょう。

陰ヨガ


https://instagram.com/p/BdASPMcFKYo/

運動量が多く連続してポーズを取り続けるアシュタンガヨガやパワーヨガ、ハタヨガなどの「陽ヨガ」に対してゆったりした動きと呼吸に重点を置いたスタイルが陰ヨガです。

座位や寝位が中心でひとつのポーズ時間がとても長く、ポーズを通してヨガの根底に触れるのが陰ヨガの目的なのです。自分が気持ち良いと感じるところでポーズをとり、気の通り道である経路を刺激してリラックス効果を高めていきましょう。

穏やかな動きではあるものの、筋肉の緊張をほぐすため股関節をしっかり動かしていくので、リンパの巡りにアプローチし下半身を整えるのに有効といわれています。ストレスの緩和やリラックス効果、集中力を高めたいあなたにぴったりなのが陰ヨガです。

陰ヨガは、リラックス効果が高く、誰にでもできるためから、ヨガ初心者や高齢者の方にも人気です。そして、集中力アップやデットクス効果もあるので、ゆったりと無理せずにヨガを楽しむことができつつ、気持ち良くリラックスを得られるでしょう。

関連記事