スポンサーリンク

健康・美容の心強い味方!ヨガのメリットと、意外なデメリット
スポンサーリンク

そもそも「ヨガ」ってどんなもの?

「ヨガ」というのは、サンスクリット語でいうと「つながり」という意味を表しています。心と体と魂が、繋がっている状態のことを言います。

ヨガをすることで呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐしたり、心の安定とやすらぎを得ることができるでしょう。具体的には「調和」「統一」「バランス」を意味していて、体・心・呼吸・食べ物など、ヨガをすることであらゆるカテゴリーとバランス良くヘルシーなあなたになれるでしょう。

ヨガというのは、呼吸をすることが何よりも一番大切になってくるでしょう。ヨガでの呼吸の目的は、血液や脳に酸素をより多く送ることです。生命エネルギーのコントロールは、ヨガ=呼吸法と言われているほど、呼吸がキーポイントになってきます。

単に酸素と二酸化炭素の交換の意識だけにならず、気をコントロールするという意識で行うことで活力と集中力が増して、心と体を統合していきます。

正しいヨガを体験することで、呼吸が「心と体の架け橋」であることを体感し、ヨガを続けることで、健康増進、精神安定、回復能力が得られるでしょう。真の意味での健康な人間になることができるでしょう。これほどの効果が期待できるので、あなたもヨガの魅力の虜になってしまうのではないしょうか。

スポンサーリンク

ヨガのルーツ

ヨガの種類は意外と多く、ヨガのルーツを知るとその理由が見えてきます。

ヨガは4,000年から5,000年前の紀元前、宗教的技法のひとつとしてインドで生まれた心身鍛錬のひとつ。「ヨガ」という言葉は、インドの公用語でもあるサンスクリット語で「ヨーガ」「ヨウガ」と発音する方が正しいですが現在「ヨガ」は世界共通語として知れ渡っている通り、今では健康法として実践されています。

元々はヒンドゥー教や仏教などの修行法でしたがその後、海外に渡り独自の変化を遂げたことにより、流派も増加。あのチベット密教や真言宗の阿字観も、ヨガがルーツと言われるくらいです。

ヨガの種類は増えたものの根本的な考えや目的は同じで、筋肉や内臓、骨格といった体のバランスと神経のバランスを整えて、健やかな心と身体に繋げていくということ。そのため、ポーズや動作のスピードなど違いはあっても、共通して呼吸法とリズム、姿勢が重要なポイントとなってきます。

スピリチュアルな瞑想や呼吸法もあるヨガは、肉体的な筋肉への刺激を重視したピラティスと大きく違う部分と言えるでしょう。ヨガの種類は、自分の体質や目的、悩みから種類を選んでいくのがおすすめです。

スポンサーリンク

ヨガにはたくさんの種類がある

ヨガには、伝統的な流派から、現代的なスタイルまでたくさんの種類が存在します。ここでは定番なヨガスタイルから、現代的なヨガまで5つご紹介していきましょう。

ハタヨガ

 

ハタヨガの「HATHA( ハタ )」とは、サンスクリット語で直訳すると「ハ=太陽」、「タ=月」という意味を表しています。この 2 つの言葉の意味を組み合わせると、 「ハタ」は「太陽と月 / 陽と陰 / 精神性と生命力」と解釈することができるでしょう。そこから転じて1 つに結ばれた陰と陽が織り成す「身体のパワー」を意味する事から、ハタヨガというのは「力強いヨガ」という意味で知られているでしょう。

ハタヨガを行うことで、自分の体と心に向き合い、ストレスによる自律神経の乱れやバランスを整えることを重視し、精神的なストレスの緩和やうつ病にも効果が期待できるといわれています。

運動量は人それぞれではありますが、初心者や運動の苦手な方でもできるのがヨガのメリットポイントでもあるでしょう。呼吸とともに体を動かすことで、運動不足解消、ダイエット効果、デットクス効果も期待できるでしょう。

ハタヨガの代表的なポーズには、「ウッティタ・トリコナーサナ」があります。効果が期待できるのは、慢性疲労、冷え性、便秘に効果があるようです。ウエスト、腰、脇腹、お尻、脚の引き締めも期待できるので、これから体も一緒に引き締めることができるのは嬉しいポイントですね。

ハタガヨガのポイント、運動不足解消、ダイエット効果、デットクス効果、自律神経を整えるという4つの効果が期待できるでしょう。近所のヨガ教室やDVDを買ってチャレンジしてみましょう。

アシュタンガヨガ

次にアシュタンガヨガについてご紹介していきましょう。シュリ・K・パタビジョイス師によって南インドの街、マイソールシティで教えられていたのがアシュタンガヨガです。

アシュタンガヨガは、確かに運動量は多めなことから中級者から上級者のヨガとも言われています。そして、ヨガの経典(ヨーガ・スートラ)に書かれているアシュターンガ(八支則)に則ったスピリチュアルなプラクティスでしょう。

アシュタンガヨガは、他のヨガに比べると、動きも激しいためかなりの運動量があるでしょう。また、呼吸法などもあるためから、ダイエットに効果的な有酸素運動でもあり、筋力アップ、代謝アップ、自律神経の安定など体を健康にしてくれるだけでなくダイエット効果が高いというのがアシュタンガヨガの特徴です。

アシュタンガヨガのポーズには、シルシャーサナがあります。その効果は、集中力UPや姿勢改善、頭もスッキリさせ、瞑想にも適したポーズと言われています。

ただし、勢いでやろうとすると危険なポーズなので、土台がしっかりするまでは指導者に習って練習するようにしましょうね。

アシュタンガヨガのポイントをまとめると、リラックス効果、代謝アップ、筋力アップ、自律神経を整えるということが期待できます。

ホットヨガ

ホットヨガとはハタヨガから派生したヨガのひとつです。ホットヨガの特徴は、室温40度、湿度60パーセント程度の高温多湿な環境でホットヨガは行われることです。

室温を高めにすることで、ゆったりしたハタヨガの動きでも体温を高め、有酸素運動の効果を引き出すことが可能になってきます。ホットヨガではストレッチと呼吸法を中心に行い、全身の筋肉を動かしながら大量の汗と老廃物の排出を目的としているため、ものすごいデットクス効果も期待できるでしょう。

ホットヨガを行うことでこのようなグッドポイントがあります。ストレス解消、ダイエット効果、美肌効果、むくみ改善、柔軟性アップと女性には嬉しい効果がいっぱいですね。

ハリウッドヨガ

ハリウッドヨガとは、ゆったりしたヨガの動きとエアロビクスのようなテンポを兼ね備えたスタイルで行い、美と健康を意識した動きのある種類です。

ハリウッドヨガはパワーヨガの別名でもありますが、ハリウッド女優やセレブが実践したというハリウッドヨガの名称がついたようです。ダイエットとして認知度が高いでしょう。

現在では、アイアンガーヨガとアシュタンガヨガを組み合わせた動作や、よりダイエットを意識して音楽に合わせた動きがフィットネスクラブで流行しているようです。誰でも気軽に始められるので、体を動かす楽しみが得られるのがハリウッドヨガで、基礎代謝の促進や脂肪燃焼、循環機能の向上など、ダイエット効果も期待ができるのがグッドポイントです。

またヨガの基本である、呼吸と運動を連動させた流れもしっかり盛り込まれているので、消費カロリーを効率よく高めるダイエットにおすすめできるでしょう。

陰ヨガ

運動量が多く連続してポーズを取り続けるアシュタンガヨガやパワーヨガ、ハタヨガなどの「陽ヨガ」に対してゆったりした動きと呼吸に重点を置いたスタイルが陰ヨガです。

座位や寝位が中心でひとつのポーズ時間がとても長く、ポーズを通してヨガの根底に触れるのが陰ヨガの目的なのです。自分が気持ち良いと感じるところでポーズをとり、気の通り道である経路を刺激してリラックス効果を高めていきましょう。

穏やかな動きではあるものの、筋肉の緊張をほぐすため股関節をしっかり動かしていくので、リンパの巡りにアプローチし下半身を整えるのに有効といわれています。ストレスの緩和やリラックス効果、集中力を高めたいあなたにぴったりなのが陰ヨガです。

陰ヨガは、リラックス効果が高く、誰にでもできるためから、ヨガ初心者や高齢者の方にも人気です。そして、集中力アップやデットクス効果もあるので、ゆったりと無理せずにヨガを楽しむことができつつ、気持ち良くリラックスを得られるでしょう。

ヴィンヤサヨガ

アメリカで生まれたヴィンヤサヨガは、アシュタンガヨガをベースに自由と創造性を加えたもので、伝統的なヨガのアサナを呼吸に合わせて途切れなくポーズをとるヨガです。別名、ヴィンヤサフローヨガとも呼ばれています。

アーサナによるシークエンスは、太陽礼拝のポーズが組み込まれていますが、これがヴィンサヤヨガの代表的なポーズ。肉体だけでなく交感神経にも作用しエネルギーを満たしていく動きは、練習を重ねていくことで筋肉がつき、よりスムーズになっていきます。

力強く、瞑想的で、連続的にアサナを行うので集中力が高まるとともに、深いリラックス効果も得られ、血流やリンパの流れを促して、インナーマッスルを鍛える効果があります。さらに、肩や背中や首のこりの解消やお尻のぜい肉を取り除く効果があります。運動量がとても高いので、たくさん体を動かしたい人にはぴったりです。

アサナのアライメントをしっかりと意識しながら呼吸がスムーズに流れていることがポイントになります。アサナからアサナまでの移行に自然な流れと一貫性があるため、一つ一つのアサナが次のアサナへの準備になっており、その過程で呼吸をすることで、瞑想的な心の状態へと自然に導かれていくのです。

シヴァナンダヨガ

シヴァナンダヨガとは、西洋医学の医師により、スピリチュアルだけでなく科学的な考えも盛り込んだスタイルのヨガで、インドの伝統的な要素が豊富に含まれているのが特徴的です。

プラーナヤーマの呼吸法はもちろん、12の基本となるアーサナ、自然への感謝と体内の生命エネルギーを感じる太陽礼拝、潜在意識を払拭し心身のリセットをはかる瞑想、そしてマントラを詠唱するチャンティングがあります。

心と身体の健康だけでなく、精神状態も整えるスピリチュアルな動きとなるので、ハードな動作はありません。そして、筋肉の緊張を開放するためのシャバアーサナを動きの間に都度入れていくように、瞑想を通じて心身のバランスを整えていくのが目的です。

伝統的なヨガを体験してみたい人や、古代インドの動きやその教えに触れてみたい人、また運動でなくリラクゼーション目的でヨガを始めたい人におすすめのヨガといえますよ。

パワーヨガ

エネルギッシュなイメージの強いパワーヨガとは、アシュタンガヨガを基に、より現代人向けにアレンジされたアメリカ生まれのヨガです。

1980年代に考案され、欧米を中心にハリウッドセレブのボディメイクとしてトレンドとなりました。筋肉のトレーニングと瞑想を軸に、動と静のポーズで連続して行っていきますが、アシュタンガヨガとの大きな違いは、さらに新陳代謝や脂肪燃焼を意識したパワフルな動きが特徴です。よりダイナミックな動作でメリハリのあるポーズとなっています。

運動効果が高くアレンジも効くため、世界中で行われているヨガの種類のほとんどが、このパワーヨガが基本になっているともいえます。ヨガをダイエットやトレーニング目的で始めてみたい人や、思いっきり汗をかいてスッキリしたい人におすすめのヨガですよ。

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガとは、正しいアーサナのアライメント(ポーズの姿勢)習得に重きを置いたスタイルで、あの大きなアシュタンガヨガの基盤を作った師に従事していたアイアンガー師が、ハタヨガの派生として作ったヨガなのです。

伝統的な考えでありながらも、解剖学的な正しいアーサナと心理学も考慮した心身の科学的な分析を盛り込んだ種類のヨガとなっています。そのため動きやポーズはハタヨガに近く、ゆっくりとした動作で静止も多いのが特徴的で、瞑想の時間も長いです。

また、鋭気を養い集中力を高めるアイアンガーヨガは、激しい動きもないため幅広い年齢の人が取り組めますが、プロップスと呼ばれる補助道具を使うのもアイアンガーヨガならではの魅力です。

クッションやベルト、椅子などを使い正しいアライメントを意識していくので、年齢の高い人や体が弱い人、体調がすぐれない人でも安心して取り組めるおすすめのヨガと言えるでしょう。

クリパルヨガ

クリパルヨガとは、スワミ・クリパルによって創設された、伝統的なヨガの神髄を大切にしながら、現代社会に合うように開発されたアメリカ発のヨガです。完成されたポーズを目指すことよりも、内面で実際に起きていることを受け入れることを大切にしています。そのため、自分への理解を深め、人との関係を改善するなど、セラピー的な要素があります。体だけでなく、心を大切にした暮らしを模索する人におすすめのヨガですよ。

マタニティヨガ

妊娠中の女性が行うマタニティヨガ。実は、妊娠中の女性向けのヨガを総称しているため、マタニティヨガという種類は存在しなく、プログラムによって流派も異なります。

このようなマタニティヨガですが、共通点として、妊娠中でも負担のない運動量で、なおかつ出産に向けて体力や柔軟性を養うことを目的としています。妊娠中のため、難易度の高い動きのあるポーズをとるのではなく、心と身体をリラックスさせることを目指します。呼吸法や瞑想で妊娠中の不安やイライラをヨガで軽減させ、精神的な安定が得られるのもマタニティヨガのメリットです。

妊娠13~14週目以降の安定期を目安に、体調をみながら始めるのが一般的です。心身共に健康な状態で、出産に向けてより良い環境を作り上げることを目標に続けていくヨガと言えますよ。

ラージャヨガ

ラージャヨガは、ヨガ教典「ヨーガ・スートラ」を基にしたインドの古典的なヨガです。同じヨガ教典を基にしたアシュタンガヨガは、このラージャヨガの修行体系をベースとしています。

ポーズや動作よりも集中力や精神統一が必要とされるように、深い瞑想で無我の境地を体験し、宇宙の広がりを意識していくのがラージャヨガの目的です。そのため、ラージャヨガは、動作なく坐法で組んでひたすら瞑想するのが特徴です。動きのあるハタヨガと対になるように、ヨガの基本概念である瞑想の訓練を取り組んでいくのです。

ラージャヨガを続ければ心と身体のバランスが整い、精神をコントロールできるくらいの力を身に付けることができますよ。ハタヨガと合わせて、ラージャヨガを始めてみてはいかがでしょうか?

ヨガをすることによるメリット

ヨガのメリットはヨガを行うことで肉体を鍛え、関節や骨、内臓を正しい位置に戻して、体の調子を整えることができるポイントもヨガのメリットのひとつでしょう。ヨガのポーズは、ひとつひとつがスピリチュアルな意味とともに、体の部分への影響を与える力を持っています。

関節をほぐして、骨の位置を矯正したり、下がった内臓を元の位置に戻したりして働きを促進させてくれます。一つ一つのポーズは、緩やかでゆったりと行いますが、普段使わない筋肉を使い、インナーマッスルを動かすので体がポカポカとしてくるでしょう。

ゆったりとした動きのため、関節や筋肉を急激に刺激することなく、鍛えることができるのは嬉しいポイントですよね。ゆったりしているにも関わらず、ヨガをやっていると汗をかいているのもこのためです。静かなのに、運動量は想像以上に多くて、びっくりしてしまうでしょう。筋肉を動かすことで、血流も促進されますし、体の中から温まるため、冷え症が改善され、代謝がアップしてむくみにくい体づくりにもなりますね。

そして、ヨガの心のメリットというと、体の調子を整える傍ら、ヨガのこれらのポーズは私たちを自分の体へと集中させてくれます。また、スタジオには一体感が増し、集中力を高めていくでしょう。ヨガでは、ポーズの一つ一つを行うことによって、そのやり方から人生の教えを学ぶことができるでしょう。

体に負荷をかけてしまった場合には、呼吸によって無駄な緊張をほぐしてリラックスすることでより自然で楽な姿勢を心がけ、続けることでより美しいポーズをすることができるようになるでしょう。

自分の肉体をコントロールできるようになることで、自分を知っていき、大切に思うことができるようにもなっていくでしょう。スタジオ内の一体感から周囲の人や自然との調和を見出して、すべてのものに感謝と敬意を持てるようになれるのです。

自分をシンプルにして、周囲への感謝の念が深くなることで生き方にも変化をもたらし、前向きで毎日を楽しむ姿勢が身につくのがヨガの素晴らしさでしょう。

スポンサーリンク