今超話題のBAKEってどんなお店?商品解説と有名チーズタルトを実際に食べてみた!

店舗のお店の前はいつも行列ができている、今話題のBAKE。読者の中には一度足を運んでみたいと思っている人も多いと思います!
そこで今回は今若者を中心に超話題になっているこのBAKEの商品の解説と、話題のチーズタルトのレポートをお届けします♪

公開日:    最終更新日:

じつは今回が初めて食べたチーズタルト。
BAKEには平日休日関係なく、さらには時間さえおかまいなしに行列ができていました。「チーズタルトのためにそこまで並ぶのか?」と、ちょっぴり馬鹿にしつつも気になっていた私……。そこで今回、謎のチーズタルトに迫ってみました。

購入したのは通常商品「焼きたてチーズタルト」と限定「焼きたてストロベリーチーズタルト」の2種類。見た目はやっぱり普通ですが、ストロベリーチーズタルトにはフリーズドライのいちごがちりばめられていて、見た目もイイ感じ!乙女心をくすぐるルックスは、インスタ映えもばっちりですね。

BAKEのチーズタルト!気になる味は…?

まずは王道の「焼きたてチーズタルト」からひと口いただきます。「あれっ…」。想像以上の美味しさに驚きです。

タルトといえば、時間がたつとどうしてもタルト生地が湿気に負けてサクサクではなくなりますよね。
しかし、BAKEのタルト生地は持ち帰った後でもサクサクを維持していました。焼きあがった瞬間の香ばしさが口に広がり、バターの甘みとコクが味わい深くて最高です。

ムース状に仕上げられたクリームチーズは、外側はしっかりと焼きあがり、中はトロトロ。流れ出そうになるほど柔らかく、ぎゅっと詰めこまれたムースは甘すぎず爽やかな味わいでした。


次に「焼きたてストロベリーチーズタルト」をいただきます。

タルト生地は「焼きたてチーズタルト」と同じで、変わらない美味しさ。
肝心のムースはというと、チーズの酸味といちごの甘酸っぱさが絶妙にマッチしています。いちごの味でチーズが消されるかと思いきや、まったくそんなことはなく、チーズを上手く引き立たせていました。
女子ウケしそうなルックスと風味に、まだまだ春は続くんじゃないかと錯覚させられます。

他の食べ方に挑戦!冷凍して食べてみた

BAKEがおすすめしていた食べ方のひとつである、「凍らせる食べ方」も実践してみました。

半日ほど凍らせておきましたが、ひと口目はかなり硬かったです。口の中に入れてしまえば徐々に溶けていくので、「硬すぎて噛めない!」なんてことはありません。

もともと密度の高いムースだったので、凍るとさらにぎゅっと凝縮されていました。ムースは新感覚アイスのような食感で、夏に何個でも食べれちゃいそう。3つ買って帰ったら、1つは買った直後に、2つ目は夕食後に。最後の3つ目は凍らせておいて、お風呂上りに。なんてのも幸せですよね。

BAKE CHEESE TART店舗情報

毎日大行列のBAKE CHEESE TARTですが、じつは日本だけでなく海外にも進出するなど、活躍を見せています。

日本では関東に12店、東北1店、中部3店、北陸1店、関西5店、中国・四国2店、九州1店の、全25店舗出店。

海外では韓国や香港、シンガポール、台湾、タイ、上海、インドネシア、ベトナム、フィリピン、アメリカの全8ヶ国に27店舗出店し、日本のチーズタルトが世界中に広まり認められています。

BAKEのチーズタルトは圧巻のクオリティ


https://www.instagram.com/bakecheesetart/

「チーズタルトなんてどれも同じ!」なんて思っていましたが、実際に食べてみるとびっくりするほどの美味しさ。「次は期間限定の抹茶チーズタルトが食べたいな」なんて予定を立ててしまうほどのクオリティでした。

まだBAKEのチーズタルトを食べたことがない方は、ぜひ1度あの行列に並んでみてください!みんながなぜあれほど並ぶのか、理解できるはずです。

関連記事