Kitchen stove sink kitchen counter 349749

【断捨離】良いことばかりじゃない?断捨離の「メリット」「デメリット」とは

断捨離というと「部屋が片付く」「お金が貯まりやすくなる」「運気が上がる」など、メリットが思い浮かびますよね。しかし、実は断捨離にもデメリットが存在するんです。今回はそんな断捨離のメリット、デメリットについてご紹介していきます。メリットとデメリット、どちらも知った上で、断捨離をするかどうかを決めましょう!

公開日: メリット デメリット

断捨離というと「部屋が片付く」「お金が貯まりやすくなる」「運気が上がる」など、メリットが思い浮かびますよね。しかし、実は断捨離にもデメリットが存在するんです。今回はそんな断捨離のメリット、デメリットについてご紹介していきます。メリットとデメリット、どちらも知った上で、断捨離をするかどうかを決めましょう!

目次

  • 断捨離はメリットとデメリットがある
  • 断捨離をすることによるメリット3選
  • 断捨離をすることによるデメリット3選
  • 断捨離をしたほうがいいか判断する方法
  • 後悔しないための断捨離のやり方とは?
  • よく考えて断捨離しましょう!

断捨離はメリットとデメリットがある

最近話題の断捨離。断捨離と聞くとメリットばかりがどうしても先行してしまいがちですが、実はデメリットもたくさんあります。本来、物の執着心を取り払い、必要なものは捨てて、部屋を綺麗に整理する断捨離ですが、デメリットに気を付けながら行わないと、後悔してしまうこともあります。そこで、今回は、断捨離のメリットとデメリット、そして後悔しないための断捨離のすすめ方についてご紹介します。断捨離を計画されている方は、今回ご紹介する内容を参考にし、後悔のない断捨離を行いましょう。

断捨離をすることによるメリット3選

メリット①:部屋が片付く

最初にご紹介する断捨離のメリットは、「部屋が片付くこと」です。そもそも断捨離とは、片付けとは違い、「片付けられない原因や散らかさないための考え方を身につけられること」です。断捨離により、無駄なものをきっぱりと捨て、部屋が整理され、綺麗になります。

そして、「新しく入ってくる物を断つ」、「物へ執着することから離れる」という断捨離の考え方によって、一度片付いたお部屋を二度と散らかすことはありません。断捨離は、一時的に部屋を整理整頓する片付けとは、大きく異なるのです。

メリット②:お金が貯まる

断捨離をすることで、物への執着心がなくなるため、無駄な買い物をすることがなくなります。断捨離を一度すると、必要最低限のものだけを買おうとする意識も働くため、お金が貯まります。

また、買い物だけに限らず、無駄なものをなくすという意識が働くので、電気代や水道使用の節約も心がける習慣が身に付きます。

人の物欲というものは限りないため、それを引き金に買い物を繰り返すと、部屋が散らかりお金も使ってしまうという悪循環に陥りやすいです。断捨離を行えば、物欲もなくなり、お金も貯まるという嬉しい効果を得られるのです。

メリット③:気持がスッキリする&前向きになる

断捨離をすると、気持ちがスッキリし、前向きになれます。断捨離後のお部屋では、必要なものしか置かない部屋の心地よさを体感することができます。そして、無駄なものを集めることや部屋が乱雑な状態にあることが悪いことのようにも感じます。つまり、断捨離後は「良いことをした!」と感じるのです。

気持が前向きになると、新しいことにチャレンジしたり、積極性が高まったりと、とにかくプラス思考になるので、いいことが起こりやすいです。断捨離をすることで、あなた自身が良い運を呼び起こしているともいえるのです。

断捨離をすることによるデメリット3選

デメリット①:家族に必要なものを捨ててしまった

断捨離でよく聞くデメリットは、自分には必要ないが夫や子供など他の家族にとっては必要なものまで捨ててしまう可能性があることです。

このようなトラブルを避けるためにも、まずは自分のもののみ断捨離をしましょう。自分のものか他の家族のものかよくわからない場合は、家族に確認し、必要でない場合は捨てましょう。

自分のものだけではなく、他の家族のものも断捨離する場合は、一緒に行うことを強くおすすめします。時間がかかりますが、必要なのか、そうでないのか、1点1点確認しながら、断捨離をすすめていきましょう。

デメリット②:まだ使用できるものまで捨ててしまった

続いての断捨離のデメリットは、実はまだ使える、もしくはまだ必要なものまで捨ててしまうことです。

整理法や片付け術のように、「あるものをキレイに収納する方法」ではなく、断捨離は「不要なものを捨ててキレイにする」というコンセプトの元にあります。そのあため、今持っているものの中から本当に必要なものだけを選び出し、不必要なものはどんどん捨てなければならないのです。しかし、断捨離後に「捨ててしまった○○は、実は必要だった!」や「○○はまだ使えたな」などと後悔する方も多いのです。

そのため、断捨離をする場合は、今後必要なものか、そうでないのかを注意深く見極める必要があります。悩んだ場合は、一緒に住んでいる家族に相談してみましょう。同居人がいない場合は、友人に相談してもよいでしょう。断捨離に集中してしまうと、周りがよく見えなくなってしまうことが多いため、他の人からアドバイスをもらうのは、断捨離を効率よくすすめていくための、ポイントにもなりますよ。

デメリット③:物欲がら食欲への移行

物欲から買い物をすることで、ストレスを発散させていた方も多いはず。断捨離後は、物欲がなくなる、もしくは不要なものは買わないという思考が働くため、買い物をしなくなります。すると、今まで買い物でストレスを発散させていた方は、そのストレスをどうするのでしょうか?

実は、断捨離後、物欲が制御されたが、ストレス発散に食へ走ってしまう方が多いです。買い物ができない分、食べることで、心を満たそうとします。正直、あまり良いこととは言えませんね。せっかく断捨離をして気分がスッキリし、良き運を呼び起こそうとしているのに、無駄に食べてばっかりいたら、気分もすっきりしませんし、逆に悪い運気を呼び起こしてしまいそうですね。

そこで、食欲に走りそうな方は、別のストレス発散法を見つけましょう。外に散歩しに行くや、読書をする時間をつくる、または動物好きの方はペットを飼ってみるのもおすすめです。

断捨離後は、買い物で発散していたストレスをどのように処理していくのかす、考えてみることが大切です。

断捨離をしたほうがいいか判断する方法

関連記事