愛するペットが幸せを運んでくれる!?ペットと一緒に送る風水生活

風水と言えば、「部屋に置く家具の場所や色によって運勢アップを目指す」というイメージがありますよね。しかし家具だけではなく、ペットも風水として効果のある存在なんですよ。そこで今回は、風水的に良いペットの飼い方や、道具の配置場所などについてご紹介します。愛するペットと一緒に風水を楽しみましょう♪

公開日:    最終更新日:

ペットにも風水としての効果がある!

ペットの持つ「気」は風水にも影響を与えます


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU170308-006_TP_V.jpg

風水は中国で生まれたもので、「気」と呼ばれるエネルギーによって運気を変えると言われています。

暮らしのなかに風水の考えを取り入れて、衣・食・住など自分の周りの環境を整えることで気の流れを良くして運気を呼び込むことができると考えられているのです。

風水は「陰陽五行思想」という考えに基づいて行われていて、それによって家具の配置を決めます。

風水で言う五行とは、「気」「火」「土」「金」「水」の五つで、あらゆる物がその五行のどれかに分類されているとされています。

五行はそれぞれ独自の力を持っていますが、大事なのがその五行の相性です。

物質を組み合わせることで運気を上げる「相生の関係」と、反対に運気を下げる「相剋(そうこく)の関係」とがあります。

相性が大事だから、運気を上げるために物の配置や方角、バランスなどが大切になるのです。

世の中のあらゆるものが五行に分類されれている風水では、ペットも五行に分けられそれぞれ風水的な意味を持っています。

ペットを飼っている人は、ペットが持っている「気」にも注目し、風水のパワーを取り込んでペットと一緒により良く暮らして運気を上げましょう。

風水的に良いペットの飼い方とは?

古来から中国では「青龍」「朱雀」「玄武」「白虎」という四つの動物である「四獣」が存在しています。

それらの動物は風水的にも意味を持っています。

また、十二支に描かれている動物たちは人を助ける動物だと言われています。

大事な意味と力を持つ動物は、それぞれ独自の「気」を持っていると考えられているため、運気の流れにも影響を及ぼすのです。

多くの人がペットとして飼っている動物には、それぞれに「気」を持っていていっしょにいることで飼い主に良いことをもたらしてくれます。

飼っている動物や飼おうと思っている動物がどのような「気」を持っているのか見てみましょう。

幸せと名誉をもたらすとされる犬、「凶」の猫


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU170308-074_TP_V.jpg

幸せと名誉をもたらすとされる犬

干支のなかにもいる犬は、昔から人間と共に暮らしてきて、今もペットとしてとても人気のある動物です。

風水において犬は、人から災厄を取り除いて幸せと癒しを呼び寄せてくれる動物だとされています。

犬を大切にお世話しないと、幸せは去り災難が降りかかると考えてください。

犬は風水では「火」の気を持っていますが、火の気は地位や名誉の象徴ですので、犬は地位や名誉のためのお守りという意味合いがあります。

きっと飼い主の出世を後押ししてくれることでしょう。

また、犬の鳴き声は空間の運気を活性化すると言われていて風水的にはプラスなのです。

犬の鳴き声はおさえすぎないように、ただご近所迷惑にはならないようにしましょう。

「凶」の猫

猫は家と外を行き来して外から良くない「気」を持って来ると考えられているため、残念ながら風水的には「凶」だと言われています。

ただ、猫はペットとしてとても人気のある動物です。

風水的に凶だと言われると不安になりますが、猫を飼う場合、室内で飼うのなら大丈夫です。

室内にキャットタワーなどを置いてストレスを解消し、時には家のベランダに出してあげましょう。

もし、外にお散歩に行って帰ってきた場合は猫の足についた汚れを取り、良くない気を家に持ち込まないようにしてくださいね。

猫を飼う場合、黒猫がいちばんいいと言われています。

風水では黒猫は縁起のいい猫だとされていて、物事の本質を見極められるようになると考えられているのです。

鳥や金魚も運気をもたらします


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/INK141223280I9A5872_TP_V.jpg

★金魚

誰もが一度は飼ったことがあると言っても過言ではない金魚。

お祭りの金魚すくいで迎えることも多い金魚は、金運の象徴です。

その金魚の家である水槽や金魚鉢には金運が溜まると言われ、金魚が動くことによって水槽に溜まった金運が活性化していくと考えられています。

金運をより活性化させるためには、より多く水が動くように複数匹飼うのが効果的です。

ただ、金魚のなかで自由に動けずにいると逆効果になりますので、あまり欲張らないでくださいね。

水槽の大きさにもよりますが5~6匹がちょうど良いでしょう。

★小鳥、ハムスター

世話をしやすくて、においが出ないため飼う人が多い小鳥やハムスターも風水上の意味を持つ動物です。

鳥の鳴き声やさえずりは、コミュニケーションの向上や社交性アップにつながるとも言われています。

小鳥を飼ったことで内向的だった子供に友達ができたという話もあります。

また、ハムスターは北の方位で飼うと貯蓄運がアップしますよ。

★ウサギ

ウサギもペットとして人気の高い動物です。

風水的にはウサギは「木」の気を持つ動物です。

ウサギは大きな耳を持っているため、一緒にいるとその耳で情報を集めて社交運が上がる動物とされています。

また、ウサギは淋しがり屋で一匹では生きられないことから転じて、ウサギは縁をつないでくれるとも言われています。

ウサギを大切にすることで人間関係が良くなったり良縁に恵まれたりしますよ。

★ヘビ

苦手な人が多いヘビですが、よく見ると模様や姿が美しく、クリッとした目が可愛いのでペットとして飼う人も増えてきています。

ヘビは風水で「木」の気を持ち、金運や財力の象徴です。

ヘビは脱皮を繰り返すごとに成長し、生命力が強いので命の象徴ともされています。

また、龍に姿が似ていることから幸運と富をつかさどる動物だと言われており、ヘビは風水的には万能の動物です。

★カエル

小さい子供がつかまえてきたりして、なりゆきで飼うことの多いカエル。

カエルは商売繁盛の象徴で、また、「かえる」という名前は「帰る」「還る」「返る」となり、幸運が戻ってくる、お金が返り人が帰る、など幸せな意味を持つ動物です。

ペットのハウスや道具、トイレを置く場所にも気をつけて


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/cat126IMGL5737_TP_V.jpg

ペットを飼うときは、ペットに関するものをいっしょに用意することがあります。

犬や猫のベッドやペットハウス、鳥かごや金魚鉢など、必要なものを家に置いて暮らすことになりますよね。

それらを置く場所によって運気が上がったり下がったりしますので、家の構造と風水を組み合わせましょう。

ペットハウスについて

まず、犬や猫のベッドやペットハウスに関してです。

・置かない方が良いところ

①リビングの中心

風水では、「運気は玄関から家の中心を通って家に入って広がってゆく」と考えています。

そのため、その良い運気をさえぎる場所に置くのは避けましょう。

②部屋の隅

ホコリが溜まりやすい部屋の隅も置かない方が良い場所です。

風水ではホコリが溜まりやすいところは悪い「気」も溜まりやすいと言われています。

衛生面でもペットにとって良くありませんので、部屋の隅には置かないことをおすすめします。

・置くのにベストなところ

ペットハウスを置くのに良いの場所は、家に入ってきた運気が通る道を遮らない場所、ホコリが溜まりにくく居心地よく過ごせる場所です。

また、風水的に良いと言われている方角は家の中心から見て東あるいは南東の場所です。

金魚鉢について

金運の象徴である金魚は、丸い金魚鉢で飼うとより良いと言われています。

金魚は「水」の気を持っている動物で、「金は良質の水を生む」「水は木を育てる」と考えられているため、「金」と「木」を組み合わせるとより効果的です。

金魚鉢を置くのは、「金」の気が強い西か北西、「木」の気が強い東か南東がおすすめです。

反対に「土は水を汚す」「水は火の勢いを消す」と言われるように、「水」と「土」、「水」と「火」は相性が良くありません。

「土」の気が強い南西や北西、「火」の気が強い南の方角に金魚鉢を置くのは避けましょう。

ペットハウスや金魚鉢はペットが過ごす大切な場所

清潔で居心地の良い場所に置くことは、風水上のことだけではなくペットの心身にとっても良いことです。

家のなかのベストな場所にペットハウスや金魚鉢を置くスペースを作って、ペットの居場所にしてあげましょう。

ペットのトイレを置く場所がもっとも大事!

関連記事