シミやシワを上手にカバー!50代が選ぶべきコスメ8選

50代といえば、40代の頃よりもさらにシミやシワやたるみが増えてきたりと、さまざまな肌トラブルに悩まされる頃。使用するコスメも今までとは違うものに変える必要が出てきます。では、50代からはどのようなコスメを使えばいいのでしょうか?選び方のポイントや、おすすめのコスメについてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

50代からは肌トラブルが増加!コスメも変えていきましょう


http://girlydrop.com/

「50代になったら今まで使っていたコスメやスキンケアアイテムが、お肌に合わなくなってきた気がする」「しわやシミなどがより気になるようになった」という方は少なくないのではないでしょうか。コスメやスキンケアアイテムは、年齢やお肌の状況に合わせて変えていくことが必要です。今回は50代の方におすすめのコスメやスキンケアアイテムをご紹介していくので、選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

50代女性がコスメを選ぶ際のポイントとは


https://www.instagram.com/p/Bom96dvFR07/media/?size=l

ではまず、50代女性がコスメを選ぶ時に気をつけたいポイントをご紹介しましょう。どんなに評判のコスメやCMでよく見かけるコスメでも、50代女性の肌には合わないものもたくさんあります。今までなんとなくのイメージや評判でコスメを買っていたという人も、これからは自分の肌にぴったり合ったコスメを購入できるよう、以下のポイントを参考にしてみてくださいね。

ポイントは「カバー力」と「アンチエイジング」


https://www.instagram.com/p/BonJjB8gz7p/media/?size=l

50代のコスメアイテム選びのポイントは「厚塗り感が出ないのにしっかりカバーして、若々しく見せてくれるもの」をチョイスすることです。特にコンシーラーやファンデーションなどのベースメイク用コスメはかなり重要になるので、自分のお肌に合ったものを選ぶようにしてください。

ベースコスメはカラーがお肌に合っていることはもちろんですが、厚塗り感が出てしまうものだとかえって老けた印象に見えてしまうことがあるので自然にシミやしわなどをカバーしてくれるタイプのものを選ぶことも重要になります。

またスキンケアアイテムは、アンチエイジング効果が期待できる成分が配合されているものを選ぶようにすると良いでしょう。特にエイジングサインが出やすい目元や口元には、品質の良いアイクリームなどをしっかり塗って、お手入れするようにすることをおすすめします。

50代ならコスメの成分も厳しくチェック


https://www.instagram.com/p/BonESPgn4_s/media/?size=l

カバー力があるコスメを選んでも、肌に刺激になるような成分が配合されていたり、肌荒れを起こすほどのカバー力があるものは50代女性にはおすすめできません。なぜなら乾燥しやすい50代の肌には、強い成分が乾燥を引き起こすことでかえって肌を老けて見せてしまうからです。50代がコスメを選ぶ時は、カバー力などの機能性に加えて安心して使える成分がどうかチェックしましょう。

コスメ初心者なら、エタノールやパラベン、シリコンなどの刺激になりやすい成分が配合されているかどうかチェックするとよいでしょう。これらの成分が入っていない製品なら、比較的安心して使用できます。コスメ上級者なら刺激になる成分だけでなく、メイクをしていても肌をケアできる成分が入っているかも確認すると良いですね。おすすめはヒアルロン酸やビタミンCなどの美容成分です。メイク中もスキンケアが出来るので、肌のダメージが気になる50代女性にはぴったりです。

50代からは選ばないほうがいいコスメとは?


https://www.instagram.com/p/BonGsgHFQgp/media/?size=l

では、逆に50代の女性なら選ばないほうがいいコスメとはどのようなものか見ていきましょう。若い女性なら可愛く仕上がる人気のコスメでも、肌にハリや明るさがない50代女性が使うと、かえって肌のくすみやアラを目立たせてしまうことがあります。50代の女性らしい大人の綺麗さを実現するために、出来るだけ使用しない方がいいコスメのポイントも押さえておきましょう。

50代はプチプラコスメとカラーコスメに注意


https://www.instagram.com/p/BomQJqlgs7V/media/?size=l

50代であまり選ばない方が良いアイテムは、プチプラすぎるコスメアイテムや、若作り感が出てしまうカラーのコスメです。プチプラアイテムの中にも品質の良いものはあるのですが、ある程度年齢を重ねたらそれなりのコスメを使った方が上品に見えるので、できればデパコスなどを使いたいところです。特にベースコスメは良いものを選ぶようにしてください。

またリップコスメやチーク、アイシャドウなどのカラーコスメは、若作り感が出てしまうカラーは避けたいところ。自分に合ったカラーコスメを選ぶコツは「お肌の色味にマッチする色を選択する」ことです。パーソナルカラーを知っておくと、コスメ選びはもちろん洋服選びにも役立ちます。お肌に馴染むカラーのものを選ぶことで、色味が浮いてしまうのを避けることもできますよ。

マットすぎるベースコスメは50代には不向き

「肌のアラをとにかく隠したい!」「昔から好きだから…」という理由でマットなファンデーションやお粉を選ぶ方もいますが、50代の女性にはおすすめしません。マットなコスメは年齢を重ねた肌には「マット」よりも「ぱさつき・乾燥」のイメージになってしまい、より老けた印象を与えてしまう危険があるからです。またマットメイクというのはしみやくすみといった肌のアラが目立ちやすいもの。50代女性が取り入れるのはかなり難易度が高いのです。

50代女性がファンデーションなどのベースコスメを選ぶ時は、適度な潤いと艶感が感じられるものを選びましょう。少しだけパールが含まれているようなベースを選ぶのもおすすめですよ。例えシミヤクマなど完璧にカバーできなくても、つやっとした肌ならその輝きで肌の欠点を見えにくくすることができます。

カラーコスメで艶感・血色感をプラスして50代でも若々しく


https://www.instagram.com/p/BomRVPehMbD/media/?size=l

50代女性におすすめできないカラーコスメは、コスメ単体でインパクトのある商品です。例えばラメのたっぷり入ったアイシャドー、真っ赤なチークや派手なピンクのリップ、ブルーやパープルのマスカラなどです。これらは若い肌には元気さや華やかさをプラスしてくれますが、50代女性が使うとケバケバしく見えてしまったり、若作りをしているような印象を与えてしまいがちです。

50代女性なら適度に華やかな色で、自然な艶感と血色感をプラスできるようなカラーコスメを選びましょう。例えば、ラメでは控えめに輝くパールのアイシャドーを選ぶ、派手な色ではなく内側からにじむようなコーラルやベージュピンクのチークやリップを使う、パープルなどのアクセントカラーではなく自然な目元を演出できるブラウンのマスカラを選ぶといった具合です。50代にぴったり合ったカラーコスメを使えば、決して派手ではないのに上品さと華やかさが感じられる素敵な女性に変身できますよ。

関連記事