インテリアを断捨離してスッキリとした部屋に!捨てるインテリアの決め方は?

部屋の中でも多くの面積を占めるインテリア。中にはもう使っていないインテリアや、なんとなく置いているだけのインテリアもあるのではないでしょうか。そのようなインテリアは思い切って断捨離して、部屋をスッキリさせましょう!そこで今回は断捨離するべきインテリアの決め方や、断捨離によるメリットをご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

不必要なインテリアは思い切って断捨離しましょう!


https://www.pexels.com/photo/brown-wooden-center-table-584399/

インテリアの断捨離というと、何となく面倒や難しく感じてしまう方が多いです。しかし、断捨離の手順やインテリアの処分方法を事前に知っておくと、スムーズにすすめていくことができます。思い切って断捨離をすると、部屋がすっきりするだけではなく、様々なメリットを得ることができますよ。あなたもこれからご紹介する内容を参考に、インテリアの断捨離に挑戦してみてはいかがでしょうか?

インテリアを断捨離することによるメリット

メリット①:部屋がシンプルになる


https://www.pexels.com/photo/green-wooden-chair-on-white-surface-963486/

インテリアを断捨離することで得られるメリットは、「部屋がシンプルになる」ことです。不要な家具や家電が部屋からなくなると、すっきりした印象に代わり、心も晴れやかになります。
特に家具や家電などのインテリアは、大きいものが多く部屋に占める割合も高いです。そのため、必要最低下の家具家電しか持たないことをおすすめします。また、家具が減ると収納場所が減るため、洋服や雑貨、本などの不要なものを簡単に断捨離することができるので、一石二鳥ですよ。さらに、家電を減らすことは、電気代の節約にも繋がり、今まで以上にお金を貯めることも可能になります◎

メリット②:部屋がおしゃれになる

続いてのインテリアを断捨離することで得られるメリットは、「部屋がおしゃれになる」です。家具や家電などのインテリアをゲラすことで、部屋が無機質でスタイリッシュな印象に変わります。
また、物が少ないと、大きめの家具でも好きに配置することができます。おしゃれなリビングにするコツは、壁や床の色と家具の色に統一感を出すことです。質感を合わせたり、差し色を入れると上級者っぽくなりますよ。お気に入りの家具のみを並べて、おしゃれなリビングを目指しましょう。

メリット③:片付けが楽になる


https://www.pexels.com/photo/brown-wooden-floor-48889/

インテリアを断捨離することで、「片付けが楽になる」というメリットを得られます。部屋のおしゃれさは大切ですが、片づけが簡単な部屋というのも重要なポイントですよね。部屋の中の家具や物がすくなければ、その分部屋がごちゃごちゃしていないので、掃除がしやすくなります。また、掃除がしやすくなることで、掃除の頻度も上がり、部屋が衛生的になります。ハウスダストなどのアレルギーがある方は、改善できるかもしれませんよ。
しかし、注意したいのが、せっかく断捨離しても、収納が少なかったり片づけにくかったりすると元の散らかった部屋に戻る可能性が非常に高くなります。逆に収納がたくさんある部屋を選べれば、片づけも掃除もしやすくなり断捨離リバウンドを防げるはずですよ。ただ単に不要なインテリアを断捨離するのではなく、収納にも目を向けることが大切です。

メリット④:部屋が広くなる

インテリアを断捨離することで得られる最大のメリットは、「部屋が広くなること」です。家具や家電は大きいものが多いので、部屋のスペースを占める割合が高いでよね。しかし、そのような中、不要な家具や家電を置いていると、せっかくのスペースが無駄になってしまいます。無駄なインテリアを置かないことで、部屋がスッキリ広々として、気持が晴れやかになります。部屋が広くなれば、室内で伸び伸びとストレッチやヨガをしたり、友人を招いたり、いつもの暮らしがより楽しくなりますよ♪

断捨離すべきインテリアの決め方は?

上記にて、インテリアを断捨離することで得られる4つのポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?インテリアの断捨離というと、面倒に感じたり、難しく考えてしまう方が多いですが、インテリアの断捨離に挑戦してみようと考え始めた方は多いはず。そこで、こちらでは、そんな方々に向けて、断捨離すべきインテリアの決め方をご紹介します。今後断捨離する際の参考にしてくださいね。

決め方①:不要なものを一か所に集める


https://unsplash.com/photos/NBJ0BBqvdNM

断捨離するインテリアを決める際に、まず断捨離する気持ちがあるインテリアを全て一か所に集めましょう。大型の家具などで、移動が難しい場合は、付箋などをインテリアにつけて、断捨離候補のインテリアであることを明確にしてください。
こうすることで、断捨離候補のインテリアが一目で分かるため、断捨離するかしないかの判断をつけやすくなります。また、断捨離候補のインテリアをできるだけ一か所に集めることで、「自分の家にはこんなにモノがあったのか」ということを実感でき、「減らさなきゃ」という危機感を持てるようになるのです。実際にやってみるとわかりますが、これは断捨離の決意をより強くするために非常に効果的なやり方でもあります。

決め方②:インテリアに触れたときにときめくか

上述したように、断捨離候補のインテリアを一か所にまとめましたが、いざ断捨離するかしないかと決断を迫られると、迷ってしまう方が多いのが現状です。そこで、悩んだインテリアに手で触れてみましょう。その時、あなたの心がときめくのであれば断捨離はやめましょう。逆に、ときめかないのであれば、断捨離して下さい。このように、判断基準を作っておけば、悩む時間を省けるので、スムーズに断捨離を進めていくことができます。
また「触ったときに」という点も非常に重要です。ときめくかどうかは目で見ただけではわかりません。一つずつ手にとって自分の心や体の反応に意識を集中させて初めて「これはときめく」、「これはときめかない」ということがわかります。

決め方③:どうしても決められないときは1週間保留にしてみる


https://unsplash.com/photos/4kTbAMRAHtQ

上述した決め方②で、断捨離の判断基準を設けたにも関わらず、どうしても判断できないものが出てきてしまう可能性があります。そこで、断捨離するか、しないかをずっと悩んでいても前に進みませんし、時間の無駄なので、一度頭と心をリフレッシュさせるために、1週間決断を保留にしてください。一週間語後、再度フレッシュな気持ちで、保留にした家具に触れてみて下さい。その時に、あなたの心がときめくのであれば、断捨離をやめキープし、ときめかないのであれば断捨離を実行してください。また、この時にまた悩んでしまって決められないのであれば、そのインテリアは断捨離して下さい。また保留にしても、結局決断ができず断捨離できないままです。再度考える時間が無駄ですし、保留のインテリの保管する場所も無駄になってしまいます。
さらに、決断ができないということは、100%あなたの心の中でときめいていないからです。100%ときめかないのであれば、思い切って断捨離してしまいましょう。

関連記事