アラフィフ女性の一人旅におすすめな旅行先特集

アラフィフといえば、子育てや仕事が一段落して自分の時間が楽しめるようになる頃。ふと、これまでの日常から離れて一人でのんびり過ごしてみたいと感じることもあるのではないでしょうか。そんな時には一人旅がおすすめです。一人旅にはさまざまなメリットがありますよ。今回はアラフィフでの一人旅におすすめな旅行先についてご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

アラフィフ女性には一人旅がおすすめ!

受け身でいれば、何も起きない。予定を決めなければ、日々は真っ白なまま。自分で歩き出さないかぎり、だれもどこにも連れていってくれず、自分で動かなければ、旅を実感することもない。(作家:角田光代)


https://www.photo-ac.com/main/detail/804886?title=旅に出ましょう20

誰にも邪魔されることなく、自分一人で行動が決められるのが一人旅の良さですね。大人になって、アラフィフになった今だからこそ、思い切って旅してみましょう。

引用文にもあるように、自分で動かなければ何も始まりません。計画して立ち上がって実行してこそ一人旅の面白さが味わえるのです。

アラフィフで一人旅をするべき理由とは?

人生の転換期とも言えるアラフィフ世代。子育てや仕事、自分の健康問題、介護も始まっているかもしれません。アラフィフと言う40代後半から50代にかけての年代は、それまでの生活スタイルに大きな変化が現れる年代でもあります。

ここで一旦リセットして前に進むことを始めないと、体力が落ち始める年代に気力もついてこなくなってしまいます。

まだ先は長い人生、冒頭の引用文のように一人旅に出て気持ちを新たに前を向いてみましょう。アラフィフが旅する理由を考えてみました。

子どもの手が離れて1人時間が増えた

これまで何をするのも子どもと一緒。「自分の予定=子どもの予定」という生活を送ってきた方も多いのではないでしょうか。

精一杯子育てしてきた時代も決して無駄ではありません。でも子どもの巣立ちが見えてきた今、寂しさに耐え切れず、家の中で悶々と考えてばかりはもったいない。これからは子どもにかけていた時間を自分のために使えるのです。

子どもが大きくなった今だからこそ、一人旅に出て生き生きとしたお母さんの姿を見せてみませんか。そんなお母さんに子どももきっと共感してくれるはずです。

忙しい夫と一緒より自由に行動ができる

アラフィフ世代の男性は、働き盛り。責任のある立場についていて、長期の休暇など取ることを考えられない人も多いですね。

海外では長いバケーションを取って夫婦で旅行をしている人も多いものです。残念ながら日本では数日の休みを取るので精一杯。夫の都合に合わせていると、大急ぎで行って帰ってこなければなりません。

それならば一人旅に出ましょう。一人は心細いかもしれませんが、夫の都合は関係なく自分の好きなように旅のプランを立てることができます。

アラフィフになったからこその自由。たっぷり味わいましょう。

仕事や介護などのリフレッシュとして時間を使える

何かと忙しい毎日が続くアラフィフ世代ですが、体力がある人ならば忙しい日々も難なくこなしていけるのかもしれません。

でも知らないうちにストレスは溜まっていくもの。加えて更年期の症状も始まる頃なのである日突然体調が大きく崩れるなんていうことも考えられます。

この辺りで一度溜まったストレス発散のために、一人旅に出てみませんか?一人と言うことで普段は使わない緊張感も味わうし、寂しい思いもするでしょう。でもそう言ったことを通してリフレッシュできることもあるのではないでしょうか。

結婚前、若い頃の自分、いろいろな肩書きの付いていない自分を取り戻し、これからの人生を前向きに生きるためにも、一人旅というリフレッシュタイムが必要なのです。

アラフィフ女性のの一人旅におすすめな旅行先6選

家族や友達と一緒に回った団体旅行とは違い、一人旅ならば好きなところに行けて好きな時に食事をすることができます。

できればジャンクフードなどは避けてその土地の美味しい味覚をいただきたい。そんなアラフィフの一人旅には、外国の市場巡りがおすすめです。

市場では新鮮な食材と活気のある雰囲気が、旅のテンションも上げてくれますね。ツアーではないので、時間を気にせず隅々までのんびり見て回れるのもポイントです。

市場巡りをテーマに旅したい

海外のおすすめ市場を6つ選んでみました。どの国も独特の雰囲気を持ち、その土地に根ざした食べ物が食べられるところばかりです。

お気に入りの場所が見つかったら、ぜひチェックしてみてください。

韓国


https://www.photo-ac.com/main/detail/1670653?title=韓国の釜山の釜田市場

色とりどりのキムチが並ぶ韓国の市場は、唐辛子を使った食材などが所狭しと並べられています。

韓国の女性の美肌の秘密は、野菜をたっぷり摂り、発酵食品を食べること。温かいスープを飲むことなど食生活に重きを置いているからと言われています。

アラフィフの一人旅でも綺麗を忘れたくありません。市場に行くとこれらを全て満たすことができ、さらに屋台で様々な種類の食事を楽しむこともできますよ。

台湾


https://www.photo-ac.com/main/detail/1772650?title=食堂

市場といえば台湾も有名ですね。屋台で点心が売られていたり、地元の新鮮な食材が所狭しと並んだ風景は、たとえ一人旅でも、誰かのために料理を作りたいという意欲に駆られます。

朝の市場は地元の人がその日の献立の材料を探しに来ているものが多いですが、夕方から開かれる夜市こそ、本場の台湾料理を安く美味しく味わうことのできる屋台がたくさん揃っています。

また台湾はフルーツ天国。季節に応じた南国の美味しいフルーツを買ってホテルに戻ってゆっくり食べるのも楽しみですね。

サンフランシスコ


https://www.photo-ac.com/main/detail/937697?title=シーフード

関連記事